住まい・インテリア

睡蓮と格闘・・・

うちの裏には池と言うよりは沼のようなものがあります。

 通称「鯉ドブ」。その名の通り、鯉をメインに放しておりました。

モリアオガエルやらイトトンボやらが棲んでいて、いい感じなのです。

以前はそのドブの真横の減反の水田に加賀蓮根を育てていて、花の盛りの美しさと言ったら、少し怖いくらいでした。(公共工事の関係であえなく絶えてしまいましたが・・・)

義父(恐ろしいほどの働き者兼道楽のひと)は、山仕事のバイトで得たお金で大量の錦鯉を連れてきました!で、鯉たちが安心できる蔭を作ろうと、睡蓮を浮かべました。

 私はうきうき^^蓮が絶えて寂しかったので、この睡蓮と鯉が可愛くて・・・・。

なのに!突然カラスやサギが、通い始めて、あっという間に鯉は喰われてしまったのです~!!

気がつくと、2匹の鯉と、やたら拡がった睡蓮だけの溝になっておりました・・・・。

で、昨日の朝、義父は、「今日は、鯉ドブの大掃除をするよ。」。そういえば、ここ何年もできずにいたもんねぇ・・・。「ヘドロを全部出して、清水の池にするから、ちょっとたいへんじゃ。ユンボもってくるかな。」。へ?なにするの?

    実は、岩魚の子を100匹買って、預けてあるで、ここをキレイにしたら放す。網も用意してあるで、カラスの心配もなかろう。

嗚呼・・・。お義父さんありがとう・・・。ぐうたらな私を鍛える為に、いのししや犬や、仕舞いに岩魚100匹の世話まで用意してくださって・・・・・・。

で、掃除開始。コレが半端じゃないしんどさっ!長~いこと浚ってなかったヘドロの深さに驚いたら、今度はそのヘドロにびっしり根を張った睡蓮に絶句!!!ぬ・抜けん!!

義父がボキボキ折り取って、水から揚げた睡連たちを洗い続ける私。嗚呼、蓮根農家の方たちって一体どんな苦労をなさってるんだろう・・・・・・・なんて思いながら、終わりのない格闘を・・・。絣のモンペは泥だらけ~^^;

 でも、おもしろかった。根っこを折ると、ポン!って空気のはじける音がする。・・つぼみって、こんな根元から出来上がってて、ソレがず~っと伸び上がって水面から顔出して咲いてるんだ~。頭で分かってても改めて見るとなんか不思議。溺れないのね・・。

かえるの卵。赤ハラ(ヤモリ)。でっかいタニシ(似て食べよう)。丸々太ったヤゴ。ず~っと前に放して、行方が分からなくなってしまった岩魚が一匹でてきたり・・・。沢蟹もいっぱい。

 ・・ん?待てよ。鳥避けネットを張るってことは、睡蓮が見えにくくなるってことか?やだな。

そこで、このところ閑だった、「化学実験用、ガラスの密封容器」(蓋が割れちゃってがっかり・・。すりガラス同士が擦れるあの音がもう聞けないの・・。因みにコレは、昔勤めてた鋳物屋の、着色実験室から頂戴した、かなりの年季モノ。アルコールランプたちと共に、当時独身だったわたしの元へ・・・)に、一株移して、お勝手の縁におきました。

 ふわぁ・・・きれい・・・。

水仕事しながらいつでも眺められるんだ・・。すてき・・・。小学校の古い棚の蔭から、白い首がすうっと伸びて見えて、なんともいい感じ・・。どうしてもっと早くこうしなかったんだろう!

あ、ボーフラ湧くから、金魚かメダカ入れとかないと・・・。

 ・・に、しても、あまりに多いこの睡蓮。とりあえずお友達に一株ずつ引き取ってもらうことにしたけれど。週末の「あおぞら市」にでも持っていこうかなあ・・・。

コーヒー(私はヒルズ・モカ愛飲)を飲みながら、白い花を飽かず眺めておりました。誠に優雅な光景ざましょ?ところがね、指がすべて真っ黒け!蓮の灰汁で染まってしまったの!ほんとの黒・です。泥染めの喪服の黒!よ~く見ると藍絣のきものにも乾いた色の水玉模様が・・・。

鏡を覗くと、顔中水玉模様でした。なんでうちの家族は一言も教えてくれないんだ?・・・きっと、「姐ちゃんのこっちゃから、しっとってもそのまま居るんじゃろう。」って思ってるんだろうな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、欲しいもの

ズバリ、茶箱です。

 昔、どこの家にもあった、杉材で、中にブリキ貼ってある、あの箱。実家にも以前はあったんだけど、今は不明。

 何軒か古道具屋さんを回ったけれど『あいにく、今品切れだ~。すまんのぉ。』。

 とあるおばさんが『お店たたんだお菓子屋さんにあるから聞いて見られませ。』と教えて頂いたものの、残念ながらお留守(・・見知らぬ方に、一体なんと切り出すつもりだったんだ、私!?)。

ネットオク覗いたら、結構有るけど、『・・送り賃入れたら・・・?』。

 幸い、一軒の古美術商(そう!店内に足を踏み入れて固まった!美しい焼きものが、これまた美しいガラスの棚に陳列してあって、野良着一歩手前のウール、しかも<**商店>の帆前掛けをつけたままだったわが身に、えもいわれぬ悲しさを・・)のオーナー夫妻が、親切にも料亭等から寄せてくださることに・・^^ほんとのリッチな人々は下々の者にやさしいのね・・・。

 で、何で、茶箱がほしいのか?

もうすぐ梅雨がやってくるから・です。

 あぁ、きものの整頓ね?

・・残念でした。山菜の始末です。せっかく乾燥させた大事なゼンマイたちを、にっくきカビから守るのです!!とっても大切なことなのです!!

今年はいいゼンマイがいっぱい取れたので、一斗缶には入りきらない。そこで、最低でも40キロ茶箱が1~2箱欲しくなったのでした。嗚呼、コレで一安心 ^^~3

・・・梅雨かぁ・・・。嫌いじゃないんだけど、何かと心配な季節ですよね・・・。

でも!大好きな「梅仕事』の季節でもある^^

今年もおいしい梅がなりますように。そして、いい梅仕事ができますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古道具が好き^^

このところ、古道具に縁があって、

 お台所や寝室に、『いい感じ』が漂ってます^^

娘二人が通う小学校が立て替えられまして、旧校舎に残された色々なものが不要となってしまいました。

開放日というのがあったそうなんですが、残念ながら私は知らなかったのです!で、その数日後、校舎前を通りかかったら、用務員のおじさんがなにやら片づけをしてらしたので、入れてもらいました^^ラッキー!

 嵐の後のような校舎内・・。他の学校の関係者がかなり喜んで色々運び出されたとか。この村の子供は公共物を大切にしていて、壁にも落書きひとつありませんでした・・。

さて!古い物が大好きな私。『もう、ろくなもん残っとらんだろうけど、見ていかれ(行きなさい・の意)。』といわれ、遠慮なく見て回りました。

 ・・・宝の山・・・。

明らかに大正・昭和な赤茶けた戸棚。レコード入れだったと思しき、狭い間隔で物容れになってる立派な棚(一段ごとに黒マジックで・ムードとかフォークダンスとか民謡とか書き込んであるのがまた・・・ツボ)。昔の木工品は材も造りもちがいますね~!丈夫!素敵!

 理科準備室に狂喜!実験用具、大好き!ハート型の取っ手が着いた蓋付きの小瓶たち。500のビーカー。標本箱(しかも未使用!コルクもバッチリ!)。乳鉢。丸椅子。

 図工室に合掌。粘土へらセット・石膏へらセット。イーゼル。画板。さらの棕櫚縄。壺。

 ある部屋を覗いて、釘付けになりました。散らかった棚の隅に、不思議な枡があるのです。

 枡・・なんだけど、変。そう。箱みたい。真四角だ。使い込まれたいい色合い。そばによってみたら、『一立』と筆書きされている。1リットルの枡!

1L・とも欠いてある。そして『六学級』。さらに『昭和三年 四月 十九日』。

 ・・・いま、うちのお台所には赤茶色の棚に黒地の絣のはぎれを掛けて、小瓶が沢山と一立枡が並べてあります。

レコード棚は和箪笥の上。普段着や普段帯、そして、帯留を入れた標本箱が納まっています。

戦争も、その後の大変な時期も越えて、なぜか私のところに来てくれた沢山の道具達。お天気のいい日は子供達が、乳鉢で庭のバラのはなびらを擂り潰して、小瓶に入れて『香水できました~^^』と楽しんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)