« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

寒。

 大寒から節分までの間がすごく好きなんです。

 もう少しで冬が終わってしまうのが切ない。

 そういう気持ちで過ごすのが、この厳しい寒さの中、十日に一度あるかないかのおてんとさんを見上げる晴れ渡る雪景色の朝なんです。

2012012409310000_1

 旧村の時と違って、富山市に入ってからは除雪も問題山積・という感じで大変不便になりました。

 それでも、高々4センチ積もったら命にかかわりかねない都会のニュースを見ると、『備えがあるだけいいのよね。』なんて思います。

私は雪が好き…というか、雪が降らない所では暮らせないと思います。

こんなに愛おしい。

雪が積もっている、それだけで涙が堪え切れなくなるほどに恋しい。

幼いころのように暇さえあれば雪に寝転んで遊ぶ…なんてことは無いけれど、娘時分も、おしゃれしてゲレンデに向かう友人を 『なんでわざわざ危険な雪道登って行くんだろう??』なんてキョとんとして見送るインドアっぷりだったけど、いつもいつも変わることなく雪を愛していました。

東京の雪はなんたらに汚染されてる…という話も目にしましたが、処女の残酷さにも似た高潔さで、雪にはケガレなんぞこれっぽッちも無いもんだと思いこんでいるくらい。

安全厨だと言われてもいい。

子供たちに絶望の中で育ってほしくない。

温かい食事と温かいお蒲団。

ぐっすり眠ることのできる豊かな夜を、しんしんと耳の奥を詰めてくる雪の夜を、私は子供たちに感じて置いて欲しい。

お葬式はしなくていいから、私は雪の日に死んでいきたいなぁ。

寒い日のお弔いは、参る人が大変だから、お葬式はいらない。

富山の湿った雪はゴム長でないと身動きとれなくって、狭い玄関いっぱいに同じような長靴がひしめいて、倒れて片方どこだかわからない、片方倒れて濡れてしまった…そんなのはとても気が滅入るから。

おてんとさんの光が雪を反射してまっしろしろの中、薄茶色の柔らかい髪に枝から落ちてきた雪が乗って、白い顔に真っ赤なほっぺが一層赤く染まって。

雪用の手袋の手を ぽんぽん叩いたりかさかさすり合わせたり。

どんなに整えてやっても 雪が長靴の中に入り込んで濡れてしまう。

子供の歓声に、雪の枝に隠れていた雀があわててとび上がる。

自分の幼いころの様子と全く同じことを子供たちがする。

雪は不思議だなと思う。

私、雪国に生まれて本当に果報だと思う。

 やっぱり雪の日にしもて行きたいな。でもまだもう少し先であってほしいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おめでとうさん。

今朝、お赤飯炊きました。

次女のお祝いです。

これから鬱陶しくも、女性として、心も体も変わって行く自分と向き合っていくんやねぇ。

大きくなった。

いつもチャンバラ状態でやってきた次女と私だけど、最近は意外と仲良くなれそうな空気を感じているのよ~。

どんな時でも気を長~~く保って行きたい。

短気やから 結構苦行なんだけど(笑)

かわいい可愛い・とにかく健康で…って、それだけだった幼い時。

気がついたら、手を離れて『楽になったな~。』。

そして、その『楽』は、実はまやかしであったと思い知る思春期。

次女の場合は思春期以前から戦いの日々だったんだけど;;

今、5年生。

もうすぐ6年生。

あっという間に中学生。

どうか元気で、私に何をぶつけてきてもいいから、ずっと元気で歩いたり立ち止まったりしながら人生を何かしらの形で楽しんでください。

かわいいのぅ。

子供を持たせてもらえて果報だのぅ。

しんどいことも多いけど、子供に食べさせて、あったかいお蒲団で寝かすことが出来て、果報だのぅ。

丁度 今日がお正月。

去年と一緒に、子供だった自分を置いてきたのかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »