« 生活。 | トップページ | 明日何着よう。 »

感覚。

 ミクシィのコミュで、

「総理婦人が各国のトップレディと鎌倉に出かけたときのドレスコードは?」

…ってな話題がありました。

 「大島紬のように見えたが、立場を考えたら せめて江戸小紋とかそのあたりではどうだったか?」という切り口。

 質問者は、別に 『何とかで!かんとかで!』っていうタイプではなく、ご自身も普段は自由に・という考えでしたし、そのコミュ自体も「きものは もっと自由に楽しみたい!」系なので、意見交換といった雰囲気です。

 驚いたのは、コメントの全てが「紬で問題なし!」という、揃い方だったこと。

 不思議なくらい、揃ってました。

 『動くのだから、紬がいいと思う。』とか、『他の方もラフだし、違和感ない。』とか。

 確かに写真を着たら、みなさん同じくらいのラフさだったように思います。

 個人的には お招きする側だし、行き先もいい雰囲気だし、柔らかいものを着るかな?と思いますが、やっぱり、紬は楽ちん。急にお天気が変わっても、大島なら心強いかな。

 

 どうなんだろう。やっぱり小紋って、あんまり着られなくなったのかな。今回の「大島お勧め度」の高さは、それも原因の一つかな。

 こういうのって、きっとその人の習慣とか、目にする度合いとか、そんなもので選ばれていくのじゃないかと思ったりする…。

 私、少しずつ年をとってきて、時々、紬がしんどいと思うようになった。

 本当なら 軽くてしゃっきり!でいいんだろうけど、自分の肌や髪がくたびれて来たら、てれんとした柔らかいものが 自分に優しいな・と感じることが増えてきたみたい(幾つやねん)。

 結城なら優しいけど、大島には「しっかりせえ!」って背中を押されるような、そんな気持ちになる。

 だから、全くの主観だけど、総理婦人は力強い方なんだろうなぁ・って思った。

 何度も水を通したものだとしても、今の私は大島に着られてしまう。

 パワーダウンは 素直に認める!paper

 

 でも、そういう時って あるがいね。

 てれん・と重たい小紋が心地よい時・って あるがいね。

 …でも、毎日ウールaries着てるんだけどね・・・down

 

 

|

« 生活。 | トップページ | 明日何着よう。 »

きもののこと」カテゴリの記事

コメント

なんと!
大島紬がしんどいという感覚があり得るのですか。
ふーん、いろいろなんですねぇ。
僕は縫う側なので、縮緬縫うたびに、なんでこんな重いもん好んで着るねん?と思いながら縫ってましたwww
そう言いながら重いデニム着物をふだん着ているのですが(^^;

今回の件の場合は、僕は小紋(色無地)でも紬でも、んなもん「どっちでもええやんけー」と思います。みんな余計なところに神経質だなぁ、というのが正直な感想です……。

投稿: LYUTA | 2010年11月14日 (日) 16時49分

LYUTA。さまmaple

 こんばんは~!

 そうですね。今回は「そんなことって気になるんだ。」程度の話題だと思いました。
 ただ、やっぱり柔らかいものって不人気なのかなぁ・ってちょっと残念な気持ちになりました。


 大島は!なんだか今ひとつ気が合わないというところがあるんです(:_;)ほんとは 泥のしっぶいのを着てみたいんですが、なんだか しっくりこないまま、結城でほっとしているという。
いつか、なじむ日が来るのかもしれません!

 

 面白いですね。
 
 着物着てたら『ドレスコードがフンダラら!』だし、これが洋服だったら 『外国のお客様をもてなすのにトンデモも!』だし(笑)


 やっぱりデニムは重いんですね。オンスを考えて着ないと肩こりそうですね~coldsweats01


 


 

投稿: ゆん | 2010年11月14日 (日) 17時32分

私もあれを見たときは、素直にスルーはできませんでした。
結果的に「諸事情かんがみて、まいっか」…で落ち着きましたが、
そこへ行くまでにいろいろと考える、つまり「こうなんだから」
「でもこんな感じだし」…。
でもね、思うんですよ「おもてなし」なんでしょ。
着物のドレスコードというのは「礼装」がうるさいですよね。
でも、じゃ正式でなきゃなんでもいいかといったら、
そうじゃありません。
たとえば職場の先輩に「そのへんでの軽い食事」に誘われて、
相手も着物、こっちも着物、となったら、先輩が仮に紬を
着てきても失礼じゃないように、小紋を選ぶ、
というのは、ドレスコード以前の問題です。
先輩がスーツできたのに、こっちがカジュアルだったら失礼…
そういう心遣いの問題です。

紬はどこまでいっても街着ですからね、
たとえ気取らないナンタラのお誘い、相手もラフといったって
Gパンはいてくるわけじゃないでしょ。
相手は外国の来賓クラスです。
紋はついてなくても小紋くらいは着るべきだと、私は思いますよ。
どうしても紬なら…実は紬の訪問着というのは、
こういうときのためにあるのですよ。
「あいまい路線」で着るんです。
私はカンさんはたいしたことないとおもってるけど、
奥さんは何かと着物だから、けっこう買ってたんですけどね、
日本中に配信される立場なら、着物を着る人として、
もう少しアタマ使ってほしかったと思います。

投稿: とんぼ | 2010年11月14日 (日) 17時42分

恥ずかしながら、そういうニュースがあったのは知りませんでしたwobbly

お茶をやっているせいか、カジュアル、セミフォーマル、フォーマルの装いに反応してしまいますhappy01

プライベートの集まりだったら、紬でも何の問題もないし、話題にもならないのでしょうね。

公にお客様をお迎えする立場っていうのが、ちょっと微妙。
個人的には、小紋(できたらちょっとお出かけっぽいの)をチョイスかな~。

ま、何をお召しになろうと最終的には個人の自由ですし、お好きにどうぞ~☆というスタンスですけどね。

投稿: やっしー | 2010年11月14日 (日) 21時59分

大島紬って好きではないのです。
つやつやしすぎているのと、「和服版シャネル」って言われてるから。
ブランド物に飛びついているようで・・・そのものがどんなに良いものでも・・・天邪鬼なのです、損な性格ですね^^;

でも最近、いただきものの弱りかけた男物のありきたりな紺の大島を、普段着に着るのも良いなあ~と思うようになりました。
洗い張りまで済ませたので、時間のあるときに胴抜きに仕立てたいです~~

その時その時、その年齢で、着たいと思うものは変わりますね!


ネット上の意見は、ごく少数の人だけのものです。
柔らか物、大丈夫、人気ありますよ!^^
私も好きですheart01

投稿: あひる | 2010年11月15日 (月) 06時41分

とんぼさまmaple

 おはようございます。

 クマ疲れのロクに回らん頭で、まとまりのないままアップして仕舞い、まことにお目汚しでした!すみません…。

 
 私自身が育ってきた環境・感覚では「紬はちょっと驚き!」です。
 
 でも、トップレディで 着物に詳しいと聞く方ですから、
『大島からの贈り物か、もしくは災害での復興を願って、来賓の方々にそんな話をする算段なのかな?』…と思ったりしました。

 『わかっている人が和えて外すのは、見たらわかる!』…って、よく目耳にする決め台詞ですけど、私にはやっぱりわかりませんでした。

 ただ、奄美への心遣いであったら素敵だな・と思っています。

投稿: ゆん | 2010年11月15日 (月) 08時22分

やっしーさまcafe

 おはようございます!

 お茶にお花にお習字に、母は関西人で・・・という家庭で育って私にとって、『それなりの人様に前に出るときは』柔らかいものをチョイス!というのが標準感覚として根っ子にあります。


 でも、今回はとんぼさんへの返信の通り、奄美への心遣いかな~?で落ち着いてます^^

 着物って、好きで着てるんだからいいでしょ!!って、開き直っても切ないし、かといってガチガチに固めるのも遣る瀬無い。
 洋服との違いは、着る時の心情などまで反映するところでしょうか?

 そういうところもひッくるめて大好きなんだから、業やなぁ・って、一人ごちて見たりして(笑

ただ、『着物が好きだから』という着物の装いの人と、『人生そのものを表す信仰にのっとった』装いの人とが同じところに立った時の美しさの違いは大きいな・と集合写真を見て感じてしまったりして。言い過ぎでしょうかsweat01 

投稿: ゆん | 2010年11月15日 (月) 08時33分

あひるさまapple

 おはようございます^^

 私のあまのじゃくで、『着物を着てる人』じゃなくって『大島着てる人』になっちゃうのが どうもお尻のあたりがこそばゆくって落ち着きません。

 ハリとつやがどうも激しく感じられて、今の私にはそぐわない気がしてしまいます。何ぼ着てみてそういうとんじゃい!って、自分で突っ込んでますけど(笑


 古い古い何度も水をくぐった大島は、そんなに違和感なく着ているんです。お対丈で、紅絹裏のものです。


 でも、ほんとに、肌がよれてからは 柔らかいものの方が馴染むように思います…。普段着ってわけにはいかないですが。野良仕事が飛び込むことが多いので(笑


 その人、その時の具合で臨機応変に・・っていうのが実はとっても難しいさじ加減なんでしょうねsweat01

 とりあえず 『無理しないで、手持ちのもので心をこめて!』なんて。

 ありがとうございます^^

投稿: ゆん | 2010年11月15日 (月) 08時47分

じっさい、被災された奄美の織り元の人たちは今回のことで喜んでいるでしょうね。たぶん。
おととい織り元の家の人(今はすでに廃業)と話したのですが、大島紬を正装にも着れるように変えていけないかと、ずいぶん苦心されたのだそうです。結局、その努力は身を結ばぬまま、じゅうぶんな収入を得られず廃業ということになったそうですが、その家は。

批判するひとには、そういうことも知ってほしいと思います。

それに、政治の世界ですから、ただ単に総理夫人の判断だけで服装が決められうということはないと思います。必ず「何らかの事情」が裏にあります。
おそらく、奄美の災害のことが大きく関係しているでしょう。推測ですが。

投稿: LYUTA | 2010年11月15日 (月) 20時55分

LYUTA。さまcafe

 おはようございます^^

 そうですか…。畳んでしまわれたのですか、織元さん。

 『大島で振袖』とか『『大島の訪問着』とか、数年前にも大きく持ち上げられていましたよね。
 『大島では学校の式などに、正装として大島を着る』という話が報道された時、私の着物の師匠が(着つけとかそういう先生じゃないんです。昔の寺子屋の先生のような感じ?幇間さんです)、
 『あれは、本当は宣伝用の話なのよ。あの張り、あの雰囲気で正装に持っていくのは難しいと思う。でも、あの仕事に対して、おカネ以外の評価が低いのはどうにかすべきよね。』って。それが心に残っています。

 つまり、本当の問題は、『着物は冠婚葬祭にしか着られないもの』になってしまったことなんですよね…。うう。

 
 着るもの一つが政治に影響する・というと、故ダイアナ元妃を思い起こします(なんて小市民的)。
 私は 気楽な市井の人でよかった!と思う反面、苦しいながらも手を動かし続ける方のお役に立てないことを 恥ずかしく思ったりもします…。

  私の野望!!
 地道に貯金して、本物の鳶八を手にすること!!なんです!(゜-゜)
 今は古い八丹でガマンしてるけど、少しまとまったおカネができたら、お師匠様に市で探していただくんだ~~shine
仕立て直しのお金も用意しないといけないだろうなぁ。 

 

投稿: ゆん | 2010年11月16日 (火) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/37661957

この記事へのトラックバック一覧です: 感覚。:

« 生活。 | トップページ | 明日何着よう。 »