« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

感覚。

 ミクシィのコミュで、

「総理婦人が各国のトップレディと鎌倉に出かけたときのドレスコードは?」

…ってな話題がありました。

 「大島紬のように見えたが、立場を考えたら せめて江戸小紋とかそのあたりではどうだったか?」という切り口。

 質問者は、別に 『何とかで!かんとかで!』っていうタイプではなく、ご自身も普段は自由に・という考えでしたし、そのコミュ自体も「きものは もっと自由に楽しみたい!」系なので、意見交換といった雰囲気です。

 驚いたのは、コメントの全てが「紬で問題なし!」という、揃い方だったこと。

 不思議なくらい、揃ってました。

 『動くのだから、紬がいいと思う。』とか、『他の方もラフだし、違和感ない。』とか。

 確かに写真を着たら、みなさん同じくらいのラフさだったように思います。

 個人的には お招きする側だし、行き先もいい雰囲気だし、柔らかいものを着るかな?と思いますが、やっぱり、紬は楽ちん。急にお天気が変わっても、大島なら心強いかな。

 

 どうなんだろう。やっぱり小紋って、あんまり着られなくなったのかな。今回の「大島お勧め度」の高さは、それも原因の一つかな。

 こういうのって、きっとその人の習慣とか、目にする度合いとか、そんなもので選ばれていくのじゃないかと思ったりする…。

 私、少しずつ年をとってきて、時々、紬がしんどいと思うようになった。

 本当なら 軽くてしゃっきり!でいいんだろうけど、自分の肌や髪がくたびれて来たら、てれんとした柔らかいものが 自分に優しいな・と感じることが増えてきたみたい(幾つやねん)。

 結城なら優しいけど、大島には「しっかりせえ!」って背中を押されるような、そんな気持ちになる。

 だから、全くの主観だけど、総理婦人は力強い方なんだろうなぁ・って思った。

 何度も水を通したものだとしても、今の私は大島に着られてしまう。

 パワーダウンは 素直に認める!paper

 

 でも、そういう時って あるがいね。

 てれん・と重たい小紋が心地よい時・って あるがいね。

 …でも、毎日ウールaries着てるんだけどね・・・down

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

生活。

005

数日前、山を下りて 買出ししてきたとです。

その帰り道の空。

003

 まこもだけは この辺で作るとしたら、とても旬が短い様子。

 なので、保存して 壱年を通して 提供できる方法を模索中。

 組合長が韓国料理店の方に指導を依頼して、私どもが「チャンアチ(保存食の意だそう)」の作り方を教わっております。

 この方法なら、あらゆる食材が歯触りなどを損なうことなく がっちり保存出来、その都度調理して食べられるとのこと。

002

 せうゆ10に対して お酢7・・・を煮立てて、熱いまま、野菜に掛けます!!(大根は別。荒熱を取ってから)

 鷹の爪とショウガとニンニクを少々足して、しっかり重石。

006

 これを初回を合わせて 4回繰り返します。(弐度目からは 野菜から出る水の分を煮つめます。)

 005_2

 なんだかメンマのようでもあり。

 大変 美味~( ̄▽ ̄)

 このまま刻んで ごま油かけて 煎りごま散らすと立派な一品shine

 混ぜご飯や炒め物にも使えますshine

 これを さらに他の漬物にも発展させることができますので、かなり幅が広がりそうflair

 集落を救えるかsign02(笑

020

 出会いと別れが交差する、そんな今日この頃。

 でも、深い出会いの方が 多い気がする。

 ぼちぼち頑張ろうrock

| | コメント (4) | トラックバック (0)

元気でおりますよ~^^;

016 …って、もしも私が熊にやられてるんじゃ…と心配してくださってる方がいらしたら・と思い、斯様に書いてみたりしております_(_^_)_

 本当に、宮崎学さんの本じゃないけど、

「となりのツキノワグマ』 状態です。

 もうなんだか感覚がマヒしてきました。

 そこにクマがいるんだよね。

 ただ、家族が、そして村中の子供たちが、村の人たちが無事であること。

 それだけが望みです。

 そんでもって、あらゆる人々が恐ろしい目に遭わないこと。

 事故も病気も、その他もろもろの恐ろしいことが娑婆にはあって、もちろん生死というのは誰にも避けることはできなくて、でも。

 でも、『なんでこんなことに・・。』という思いにかきむしられるような、そんなことがないように・ト、切に願う。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

学習発表会

「…午前中で 学習発表会は終了しますが、午後、5時間目は授業を致しますので、お弁当を持たせてください。」

 …去年から、こないな間抜けなことになっております、うちの小学校。

 興奮して、集中力なんて明後日の方向に飛んでっちゃってるのに、なんだって授業?(笑

 授業数が足りひんのなら、さっさと土曜日半ドンに戻せばいいのに。

子どもには、大事な行事はそれだけに集中させてやりたいし、夏休みは8月いっぱい!って、切りのいい習慣を付けてやりたいと心から思う。(ここ数年、二学期の始業は8月29日・とか30日・とかその都度違って お尻がこそばい。)

 …という愚痴はさておきsweat01

 一年生の末っ子と、四年生の次女の晴れ姿を拝みに、ヒネた中一の長女ともに、小学校の学習発表会に出かけました~~~shine

 末っ子あんさまは「おむすびころりん」のおむすび役~~

shine

012

聞いたときには大爆笑しましたが、当日の雄姿にも よそのお母さん方とともに爆笑happy02

『ころころころころ』っていいながら、前転で舞台の端から端まで進むわが子`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

 ネズミさんたちのような可愛い衣装もお面もなく、『ご飯に見立てた白いウエア』と『海苔のつもりの黒いズボン』…という、要は普段通りの姿で頑張る末っ子heart02

 ああ、可愛かった~c(>ω<)ゞ

一年生は、頑張れば頑張るほど笑かす…sweat01

 

 お爺さん役の子(よくうちに来るRちゃん(7))は、風呂敷の結び目が固くてほどけず、知恵を絞って隙間からとりだし拍手を受け(笑)、『あ、おむすびが!』って、転がす…はずが力いっぱい遠投するし。

因みに悪いお爺さんは出てきません。なんだかね。そうだよね。今の昔話って…。

 四年生は『総合的な学習』から、ごみなどについての発表なんだけど、担任の先生はお芝居大好きで(昨年は長女の担任でした。走れメロスはおお泣きしてしまう力作でした…。)、つまんない・と定評のある『総合』を とっても楽しく演出してくださってて・感激flair

025

 もうすぐ転校してしまう子がいるのですが、みんな揃っての最後の大舞台を、とてもあたたかい演出で盛り上げてくださいました。

保護者もみんな うすうす知っているので、一緒に手拍子で包んでくれましたよ^^

 たった9人のクラスだけど、一生懸命やりました~shine

(四年生の保護者、一同に目頭を押さえる)

 春からは7人なので、複式に成るかも…です。

 全ての出し物が終わって、校長先生のあいさつがありました。

 いつも、子供たちが熊に遭わないか心配して 車で村中を回って下さり、子供たちの授業中には、学校の周辺のごみを拾い、休み時間にはバスケットボールの楽しさを教えてくださるそんな校長先生は、子供たちのがんばる姿に胸がいっぱいになって、言葉が出ませんでした。

 涙をこらえて言葉にできない。

みんな、校長先生に感謝の拍手を贈りました。

 この村の学校に通うことができて、子供たちは幸せだなぁ。

ずっと、こんな学校であってほしいなぁ。

 私も、できることは何でも協力していこうrock

 ってなわけで、昨日は愉しい秋mapleの取り合わせ~。

041

 シカ柄の羽織ナリspa

洋服のお母さんたちは 皆 顔面蒼白状態の冷えっぷりpenguin

『ゆんさんはあったかそうやね~~spa』って。ほほほ( ̄▽ ̄)そう見えて?

もちろん、冷えしら~~ずspa長羽織だしね~。

 後ろ姿は あんまりシカが見えない仕立て方ですねぇ。

039

 この羽織と馬柄の帯を合わせると…バカ?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »