« 抜穂祭から | トップページ | やぎの登下校。 »

「私たちの

国土」・っていう小冊子が小学生のころ配られてましたが、

今は ないようですねぇ。

 あの頃は さして気にも留めず、「日本地図」って思ってましたが、

003

 こんな風景を眺めながら 稲刈りをしていたら、『国土』という実感がものすごく湧きました。

 私はここが大好きで、この土地を、お米を作ることで守っていきたいです。

014

米作りのことなど何もわかっちゃいないけど、せめてお手伝いはできるようになりたい。

ずっとここに住まいして、子どもたちにお米を食べさせて、そうして ここで骨になりたい。

 013

 主人が年を取ったら、そして、あっち裏に逝ってしまったら、一人でお米を作るなんてこたぁ まず無理で・・・。

でも、その時までは何とかして続けていこう。

006

 青空と 谷一つ向こうの刈入れ後の棚田と 蕎麦の花と。

 こんな風景の中に自分がいることが 今でも信じられないのです。

毎年毎年、驚いてしまうんです。

 ふふふ。

 押しかけ女房して 正解だったぜsmile

|

« 抜穂祭から | トップページ | やぎの登下校。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

重ね重ねのコメントです^^

携帯電話のアンテナや高圧電線が写っていない風景なのですね!
素敵~!の一言では表せない風景です。
見事な田んぼや、里山は、人の手がたっくさん入って作られ保たれているのだよな~と、感慨深く思います。

私、学生時代は「農家の嫁になりたい!!」と本気で思っていました。
機会はなくもなかったけど、嫁になるのも相手があってのことですからね・・・む無念

なぜか農業高校出の旦那サマが、いつか農業を始めないかな~なんてひそかに期待しています。
本人は「やるなら、農業の会社経営だ!」なんて言っていましたが・・・。


投稿: あひる | 2010年9月29日 (水) 16時47分

たしかに、電線が写ってない……

国土。
沖縄はほんとうに「日本の」国土なのか。
と、つい考えてしまいますが。

ああそれにしてもいい景色が。
都会にゐると、目の為になるべく遠くを見るように”努力を”しないといけないほど遠くがみえません、建物で塞がってて(ToT)

投稿: LYUTA | 2010年9月29日 (水) 19時22分

南の方では中国が、北の方ではロシアが、領土問題を
起こしてくれていますね。
北海道の森林がいつの間にか、外国の所有物になっていたと言う
ニュースも、つい最近話題になっていました。
私たちの知らない手の届かない場所で、何が起きているのでしょうか?
私たちが次代の子供達に何を残せるのか・・・と考えても、
話が大きすぎて(私が小さすぎて)何も出来ないような気がしてきます。
せめて、今私の目に映る緑の風景を守って行けたらと思うのです。
トウキビ畑でかくれんぼをして、田んぼでオタマジャクシを取り、
ビートの葉でままごと遊びをしながら、育った私です。
当時の風景は、子供にも優しくておおらかに
包み込んでくれるようでした。
今でも私は、都会よりも田舎の方が落ち着きます。
都会は疲れる。根っからの田舎者ですね。
でも、この緑ですよ。そこに居るだけで元気になれそうな緑ですよ。
それだけで「贅沢だなあ」と思えるじゃないですか。
守りたいです。守らなきゃいけません。
何が本当のエコなのか、考えたいものです。

投稿: 夢 | 2010年9月30日 (木) 09時05分

この素晴らしい風景を、一番大事にしていないヒト達が、
テッペンのほうに何人もいるわけで…。
「里山」というのは、全ての命の源のような気がします。
人間を寄せ付けないような厳しい山々を
少しずつ降りてきて、あぁここから人が暮らせる…
その境界線が、命のあふれ始めるところ。

子供のころ、住宅地の真ん中にたんぼが並んでました。
用水路のザリガニをとろうと下に下りると、
そこはもう別世界でした。
その用水路は、今はコンクリで固められ、
人の目にふれないフタの下。
命が細っていくようで…。
こんな風景を見ると、あっまだまだ生きられる、
そんな気がします。ありがと。

それにしても「押しかけ?」…
「略奪」かと思ってたー??

投稿: とんぼ | 2010年9月30日 (木) 11時10分

あひるさまriceball

 こんにちは^^

 ワタシ、工芸科の学生だったんですけど、『いずれは山の農家の長男の嫁になる!!という野望を抱いてる・・・!』という冗談を よく友人にしてました。全くの冗談ではなかったけど、ほんとになったから笑った( ̄▽ ̄)


 早々!お嫁さんが欲しい人は数多おられますが、現実は厳しい・・・。国際結婚を選んでのトラブルも少なくないです…(ρ_;)
 
 農業の会社の経営!大切です。農家は地道一辺倒で、自分たちがいかに深い仕事をしているか・を知らない場合が多いので…。

 どんな形でもいい、自分たちが生きるために必要な農・を意識してほしいですよねぇsign03

投稿: ゆん | 2010年9月30日 (木) 13時18分

LYUTA。さまmaple

 ここが、LYUTA。さんが住む町と同じ国だとは思えない風景でしょう? 住んでる私でさえ、生まれたところと比較して毎日うっとりしてるんですもん(笑

 沖縄…って行ったことないんですが、大学の先輩が石垣の人で、『本州は魚の色が陰気だ。なんでこんな変な魚が食えるんだ?』って言ってた(゚ー゚;

 あ、これは国土、じゃなくて民族の話か!すみません!!


 何処まで掘り進んでも、きっと根っこが違うんだろうな・と思う…。

 

 

投稿: ゆん | 2010年9月30日 (木) 13時27分

夢さまapple

 私ね、子供のころ、「浜辺に行くと 人さらいが出る!!」ってよく聞かされたんです。
 その頃はまだ「北」だってみんな知らなかったけど、カップルがズダ袋に詰められた話だった。

 でもって、ロシア人の船乗りが沢山いるところだったから「きっと、あの白いでっかい人が怖いんだ!!」って思いこんでましたcoldsweats01

 富山の人、抑留者も多いし、北方領土に住む人も多かったそうで 色々と年寄り同士の会話を聞いてて…。

 又、そんな時代になったんでしょうか。国内での強姦事件の増加も関係ないとは思えない。弱い人を探して回る輩が増えていると思いませんか?

投稿: ゆん | 2010年9月30日 (木) 13時35分

とんぼさまjapanesetea

 この田んぼの一つ上の段、猪にやられたので、刈り倒してコンバインで踏みました。去年は被害のなかった地域です。

 昨日の朝、100キロ級のクマが隣の集落に出て、通学路沿いに そのまま学校のある集落まで移動しています。

 まだまだ草深いので 足跡をたどることができなかった・と義父(鉄砲撃ち)がいいました。

 私たちがこの田んぼを放棄したら、獣たちは まっすぐ町まで下りていきます。あっという間でしょう。


 でも、富山市長は人口を中心市街地に集める計画を着々と進めていて、山では暮らしにくくなる一方です。
 
 政府は 中山間地の農業を助ける気は さらさらありませんし。


 私がこの地で死にたいと思っても、それは許してもらえないかもしれませんね。野垂れ死ににも はんこが必要な世の中でしょうか;;

 綺麗というか、ありがたい風景でしょう?夢のようです。


 そう。押しかけなんです( ´艸`)プププ
 山に暮らしたかったので(笑

 

投稿: ゆん | 2010年9月30日 (木) 13時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/36989837

この記事へのトラックバック一覧です: 「私たちの:

« 抜穂祭から | トップページ | やぎの登下校。 »