« 毎日毎日 | トップページ | おわら。など。 »

うをッ!!

011

 バストアップの写真を撮ろうとした瞬間、

 ンドんがラがっしゃ~~~んんthunder

  …驚いて外を見た間抜けなワタシ…。

 この後も 二発thunder明らかに落ちました。

 毎日 午後からは雷雨・落雷thunderに見舞われております。ひどいもんだ…down

 八月最後の着物…は、薄物にしたいところでしたが これといってお出かけもなし(いや、酒屋には行きましたが)麻がよかろうと思いつつ、もう白地の菊立て湧は気後れするので

003

なぁんの変哲もない、でも着心地のいい紺の縮みでした…。

 本当に 毎日 気温も湿度も高くて呆れます…。

 お米の色づきが早いこと早いこと!!

 そのうち 二期作ができるようになるんじゃないのsign02

 …って、そうなったら おいしいコシヒカリriceballは作れないでしょうが…。

 

 

 雷にも驚くけれど、この夏、しんから驚いたことがあったんです。

 それというのが、「お米は食べない」生活をしている人々の話…。

 娘たちが 色々な宿泊学習や何やで 出会った子供たちから聞いたというお話なんですが…、

「…朝から、ご飯なんて食べられないよね…。」

「ご飯って普段食べないけど、富山のお米っておいしいね!食べられた!」

「ご飯って、すぐお腹いっぱいになっちゃうから、ほかのおかずが食べられなくなっちゃうでしょ?だからいやなの。」

「パンだと、トーストして ジャム塗って、野菜ジュースで済むけど、ご飯だと、炊いて、おみそ汁やおかずを作らないといけないから大変ってママが言ってた。」

「朝、忙しいから、あんまり食べない。」

「給食で出た時しか ご飯って食べない。」

「あ、でも、コンビニおにぎりは好き!」

 

 そして、お箸をちゃんと持ってる子は ごく少数だったということでした。

 お箸を満足に持てず、肘をついて食事をする子供たち…。

 032

「おままごと」をするとき、今時のお子さんたちは、「ねこ」や「犬」の役をしたがるんだそうな。

 私たちの時はそんな役はなかったと思うんですが、今では座敷犬などがメジャーな『家族』なので必要不可欠、しかも何の仕事もなく大切にされる・という理由で人気があるんだそうです…。

 因みに「お母さん」役は『忙しいから』不人気だって。

 私たちの頃は、お母さんになって大事なおもちゃの包丁を持ちたかった!!んですが。

 そして「おままごと」とはいわず、「おうちごっこ」というんです。

 

 如何に食べるってことが軽んじられてるかが垣間見えるようで怖い…Σ( ̄ロ ̄lll)

009

 今日の雨は市の中心部でひどかったそうで、(個人的にうんざりな市税の使い道だと思ってる)ライトレールtrainが止まっちゃったとニュースになってました。

 

 なのに必ず 夜にはお月さんがポカッmoon1と浮かんでいい具合になるんですよね。

 

 明日からは おわらの本番です。

 行くことになってるんだけど、お天気どうかな。

 ひとごみ苦手だなぁ…。

 このところ人気低迷して、ずいぶんひとが減ってると聞くんだけど、ほんとにそうならいいなぁ。ほんとに好きな人だけ来りゃあいい。もともとは観光のためのお祭りじゃないんだし(…何処のお祭りもそうか)。

 二百十日の風封じ。ほんとにお天気穏やかになってほしいです。

 せっかく丹精したお米が倒れちゃったら 元も子もないもんね。

031

 どうかいいお米が採れます様に。

 《画像は前夜祭の八尾町の夕暮れ》

 

 

 

|

« 毎日毎日 | トップページ | おわら。など。 »

くらしのこと」カテゴリの記事

コメント

お米を食べなくても生きていける日本人が増えているのですか!?
と、言うか・・・そういう母親が増えていると言うことですね。
食育が話題になっている昨今、本当に教育しなければならないのは現代の母親達なのかもしれません。

おうちごっこ・・・って、初めて聞きました。
そういえば最近「ままごと遊び」をする子供を見なくなりました。
アチコチに群がって、なのに各自バラバラにゲームをしている子供を良く見かけます。
集まる意味があるのか?と大いに疑問ですが、ソレが今時の子供の遊びなのだそうです。
我が娘は庭先に置いた小さな砂場で、お友達と「ケーキ作り!」と称したドロ遊びhappy01
どこの田舎の子じゃ?と思うほど日焼けして、しかもドロと砂にまみれた悲惨な姿でニカッと笑うのです。
怒る気も失せる・・・coldsweats01お前は昭和の子供か!?と・・・(笑)

世の中はどんどん変わって行きます。その変化について行けない私は、取り残された化石のようです。
でも、どんなに笑われても「昭和」は良い時代だったと
思えてなりません。
ちなみに私は、お米で子育てをして居りますsmilescissors

投稿: 夢 | 2010年9月 1日 (水) 08時54分

まぁ毎日落雷…こわいです、ほんと。
我が家と、息子の通っていた学校は、
直線距離で1.5キロくらいなんですが、
校庭の木に落ちたことがあります。
そのとき「ゼッタイ300メートル以内…」の感覚でした。
遠くで見ている分には「きれい」ですが、雷はほんとに怖いです。いつどこに落ちるかわからないんですもん。
それにしても「雨」はちょっとわけていただきたいですわ。

このところ、いろんなことで「日本人が日本人じゃなくなる」
そんなことを感じます。
並んでまでおいしい物・・・っていうくせに、
それはだいたいラーメンだったり、ナントカケーキだったり。
和食で並ぶといったら「駅弁」…。
着物のことでも書きましたが「手間ひまかける」ことを
一度やめてしまうと、元に戻すのはたいへんなんですよ。
「炊き立ての飯(メシ)は、塩だけでたべられる」は、
父の口癖ですが、あんなにおいしいものを…。
教えておかなきゃ、あー、50年後の日本はどんなだろ。

投稿: とんぼ | 2010年9月 1日 (水) 09時06分

紺の縮み、涼しそうで素敵ですhappy01
まだまだ涼しげな着姿を見ていたい気候ですね。

コンビニおにぎりの味は飽きるので、もう何年も食べていません。
朝食は、味噌汁のほかは納豆と漬物くらいなので、調理の手間はそれほどない我が家です。油ものがないので、洗い物も楽。
バターやマーガリンで皿をべたべたにされるほうが、よっぽどイライラします(^^;
パンや麺類も美味しいし好きですけどね!
でもやっぱり米が一番かな!

こちらはちっとも雷がきません。雨も!
気温の落ち着く暇がありません~~。

雷様も極端ですね。お気をつけください~!

投稿: あひる | 2010年9月 1日 (水) 10時49分

夢さまsun

 こんにちは~^^

 いやぁ、お米を食べない以前に、『まな板と包丁』がない!!という『家庭』が増えてるそうですから…。
 お台所には冷蔵庫と電子レンジがあれば事足りるそうですよヾ(.;.;゚Д゚)ノほんとに!!

 以前、家を建てるために倹約してるっていう主婦に密着した番組を見ました。
6歳の息子と夫婦の家庭の食事は 全て冷凍食品なんです。半額になるスーパーをはしごして買いまわって、それを温めて食べるの。
 で、ご主人が『子供も飽きてるよ。』ってこぼしても、『頭金が貯まるまでは ガスや水道だって節約よ!』って。
 それで、モデルハウスに行くと、「こんな対面キッチンが欲しい~~heart01こんなお台所があればやるんだよ、私は!!」って。
 やらせだと信じてテレビを消しましたが…。

 もし、あの家庭が本物なら、あのご主人は頭金より先に生活習慣病に倒れることでしょう…。幼い息子とともに…(;д;)
 

 
…子どもは きったないimpactのが一番ですね!!(笑

 靴下の下洗いのひと手間に、「ああ、こんなに足が大きくなったんだ!」って実感しつつ、息は止めるという(爆

 お米で育てる・・・いい響きですね。
 子どもには ゲームじゃなくておにぎり持たせとけ!!です。

投稿: ゆん | 2010年9月 1日 (水) 10時56分

とんぼさまsun

 お暑うございます…。暦一枚めくったはずなのに…(;ω;)

 
 そちらは全く雨が落ちてこないんですねぇ!やっぱり日本って広いんだ…。


  数日前には 隣町のお寺さんが焼けましたthunder檀家が少ないし、再建できるのかどうか…think

そうなんですよ!なんで並んでまで食べないといけないの???そんな暇があったら、おうちでゆっくりご飯作って食べたらいいのに!みっともない!


 我が家では、子どもが食欲をなくす前に「炊き立てで塩結び」です。あれは不思議なもので、どんなにおなか空いてないっていう人でも、手が出てしまいますよね。
 やっぱり、一粒に神さん7柱…ですから、ご利益がちがいますshine

 土鍋で『冷蔵庫のおかたづけおじや』も定番です^^

 嗚呼、早くそんな食卓を囲める気温になってほしいです・・・。
 

 50年後…。私はこの娑婆にいない予定だから、良くも悪くも水にすむんでしょうけど…今、窓から見える この秋色がかった棚田が生きてそこにあることを願ってやみません。

 子どもたちに無理強いできるかどうかは別として…。


 「ニホンノ オコメハセカイイチヨ・オネエサン!」…と、フィリピナの義妹も申しております。そうですとも!!

投稿: ゆん | 2010年9月 1日 (水) 11時12分

あひるさまriceball

 こんにちは^^

 ほんとに、当分 麻は仕舞えない感じです…spa
 
 日本人はイタリア人の次に麺を茹でるのが上手!とジローラモさんが誉めていました(笑
 麺の文化も大切ですよね~delicious私はあたたかいおそばが苦手ですが。ざるが好きheart04…というより、うどん派です。
 もっと好きなのはフォーですが^^(パクチー大好きdelicious)。

 コンビニのおにぎりって、お米に風味が全くないので不思議な食べ物という感じがします。だから ああして やたら濃い味付けの芯で握ってあるのかな。

 どこかの外国の有名人とかそういう方が 「私は 毎日三食日本のお米を食べています。そして、お米が好きな日本女性と結婚したいと思ってますheart04』とでも言ってくれたら 少しはお米に目を向けてくれるんじゃないかな。
 
 ご一新からこっち、欧米人に認められたものなら誇る傾向がある様だから~~sweat01

 でも、セレブな人たちのお米の食べ方って、これまた特殊でついていけません…。


 『ご飯に納豆程度だから、朝は楽!』…じゃないんですよ。「めいめいのお茶碗があるから、洗い物が多くてイヤ」なんですって。どうしましょう sweat01

投稿: ゆん | 2010年9月 1日 (水) 11時31分

「頭金たまるまで…」のお話で思い出しましたが、
息子が就学前にかよっていた施設であったおかあさん、
小さい子3人で大変だとは思ったけれど、
「今夜はカレー」っていうと、その日はナントカストアーの特売日
「ク○レカレー」が100円で、下の子はまだちいさいので
二人でひとつ、5人家族で400円ですむのよーと。
それだけ?ってきいたら、せっかく400円ですむのだから
サラダとか福神づけなんてもったいない、って。
それでいて「どこそこのケーキがおいしい」とかいうんです。
健康節約してどうするの?ですよ。
今の時代だったら、ついでに「今日はパックのご飯が
3個で○○円だから」って、やるんだろうなぁ。

投稿: とんぼ | 2010年9月 1日 (水) 19時06分

とんぼさまsun

 「作るより買ったほうが安い!」「直す位なら買ったほうが早い!」…となったのは、一体いつごろからでしょう?

 おカネだけを基準にすると確かにそうなんでしょうけど、作ってみたり・直してみたりすると、ほんとはとっても面白かったりするんですよね。

 心が幼く柔らかく、何でも興味を持つころに、何でもやらせておくのは、本当にその人のためになりますね~。
 子どもの「やりたい!」に面倒がらずにど~んと付き合う・そんなお母ちゃんにならにゃ!・・・と、いまさら思ってる!遅いかも!(笑

投稿: ゆん | 2010年9月 2日 (木) 13時29分

夜中にお邪魔します~~
なかなかゆっくりPC開く暇がなくて;;コメントお返しするのも遅くてすみません!!

携帯から読み逃げしつつも、「こ、米無しでは一週間ももたないよ?!」と焦っておりました;;
パンなんか、美味しいけど、不経済なのよ~~!!
米びつ空になったら食い詰めです;;

世の中にはね、食の細いお子さんもいらっしゃるとは聞くのですが・・・うちには当たったことがありません(涙)

うちにいるのは、常に前のめりで両手わしづかみで食事に挑む幼児・・・
外食へ連れていけば、(お子様ランチではない)ハンバーグセットのプレートを、ものすごい勢いで完食し、
「あの子・・・あたしより食べてるよね・・・?」とお隣の小学生のお嬢さんが恐ろしい物を見た顔で見つめていたり。

そのご両親は、虎の汚らしい食い散らかし様にご面相がひきつっておられたり。
お恥ずかしい・・・。

そんなのが大中小いたら、小麦粉じゃダメなのよう。
家には売るほど小麦粉製品があるんですけど^^;
(大人は主に、液体で米を・・・;;)

そうか、将来的にはご飯が炊けないお嬢さんと結婚する可能性も・・・。
きちんと息子らがおさんどん出来るように仕込んでから社会にださなきゃ!ですね。

投稿: おつう | 2010年9月 3日 (金) 01時55分

おつうさまriceball

 おはようございま・・・そ・そうかッ!!

 そうですねぇ!食事の支度をする・という感覚さえ持っていない嫁やら婿やらに出会う可能性もあるんですねぇ!!これはしたり!!

 更にいうと、火を使ったことのない嫁はんやら婿はんやらも ありですよ!うちはガスやら炭やら野焼きやら…の暮らしですけど、お相手は 『IH育ち』かもしれん!

 
 コメはワシらのソウルフードshine

 三度三度パン食では おカネもノドの通りも難しくなりますし、毎回自分で焼く・というのはしんどいわ~。

 
 明日は、保小中合同運動会なんです…。暑い中、おにぎりか海苔巻きか・いまだ結論が出ない私。

 たまに近くに座ったお友達から サンドイッチを勧められると、我が家の子供たちは助けを求めるようなまなざしで私を見ます…。
 そういう時は『ありがとうheart01』ってさらりといただいて、梨のふたきれも返すのよ!
 そういう世渡り術さえ身につかんほどに、彼らは「食事はご飯モノです。」…と思い込んでいるんです・・・。


 もうすぐ早稲の刈りいれですよ~^^

投稿: ゆん | 2010年9月 3日 (金) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/36470501

この記事へのトラックバック一覧です: うをッ!!:

« 毎日毎日 | トップページ | おわら。など。 »