« 夏仕様。 | トップページ | 着てないきもの。 »

歌う子供たち。

 日曜は、『富山子どもの文化を育てる会』のイベント、

『こどもランド おとなランド』に参加しました~~note

  ちょこちょこ声をかけてもらっては いるんですが、なかなか外には出られない日々で、残念に思っていたんです。

 でも、今回は、創立25周年記念の盛大な催し・ということなので、主人に義母をお願いして、楽しく過ごして参りましたヽ(´▽`)/

 

 この会を立ち上げたのは、父方の伯母なのですが、今は主力は その娘や孫たち。

そこへ、私もちょろちょろとお邪魔させてもらい始めています(会報に作文寄せる程度だけど)。

007

(次女の一番仲良しのお友達も参加note

 盛りだくさんの内容で、子供たちにはちょっとしんどいほど・ではありましたが、見ごたえがあって、最後の合唱では、わが娘たちも走って舞台に上がっていきました(笑

ヨチヨチさんから、ちょいとよぼよぼさん(失礼!)まで、幅広~~い層の参加者で、和やか かつ 元気な空気が溢れていましたよshine

…シャイな末っ子は、「びりーぶって うた、もっちゃんしらんから!ステージにはあがらんし!」…と、席に居りましたが、

012

次回のチャンスに向けて、しっかり歌詞カードを見ながら歌っておりました(笑

 

 富山県は かつて「音楽不毛の地」と呼ばれ、さまざまな歌手の皆さんも 恐れて近づかない…というところでした。(…何故か、ロカビリーとアルフィーファンだけは 沢山いたらしいwobbly

 

 云わんや、子供向けのお芝居をや。

 

 共働きで家建てて、車を買って、子供には 国公立の学校に進ませて…。それが富山県の「最も大切な暮らし」の物差し…でした。

 それに対して、情操面を育む活動を・と 手探りで始めたのが、この会だったと思います。

 

 私は当時、「楽しませてもらう」だけの立場だったけど、劇団風の子の人たちが遠くの町からやってきて、楽しいお芝居や ぱんぱんに張った元気な声で歌うのを聞くたびに、少しずつ、誰かの存在のおかげだと感じていったものでした。

 

 誰も、何も言わないけれど、一生懸命に、誰かのために頑張っていてくれる。

 子供は、肌で感じ取るのだと思います。

 

 いろんな音が ちりばめられた舞台。

 

 和太鼓を柱に活動する、『くるみ座』は、いつもとても温かく 舞台と客席の距離を威勢のいい太鼓の音で吹き飛ばしてしまいます^^

 

 撥を高く掲げるたびに、左右の撥の間に 見えない糸で ぴしっと結界が張られてるみたいでした。。

 

 何も言わないけれど、忙しい毎日の中で、みんな、誰かのために。

045

 会長である、橋本先生から頂いたのが こちらの冊子shine

 易しく、時にマニアックに、小さな子供が「読めるところをつまんで読んで」も、きっと心のどこかにひっかかって、大きくなったときに それがストン・と落ちるだろうな・という、本当に素晴らしい本だと思います。もっと読み返します~~heart01

048

お蚕の宮さんのお話もあって、嬉しかった~~~notes

 ご縁だなぁ…。

 

 そうそう!ご縁といえば、蚤の市でお会いした、ご自身のブログでの着姿も麗しい(いや~、ホンマにおしゃれですよ!上品で遊び心があって~!!)『鞠花』さんにも再会しましたshine

(…ブログのアドレスくらい 貼れんのか…crying

 

 予感はあったんです。読み聞かせなどをしていると、ブログに書いてらしたから。

 でも、まさか従姉と知り合いだとは思わなんだ。娑婆狭いです。

 

 お嬢さん、可愛かったっすよ~cute

  私信:鞠花さん~!またお会いしましょ~!私も以前、読み聞かせ講座 受けたんです~。一番難しかったのは、本を倒さずして、さりげなく頁をめくることでした~~~sweat01だって、指先には!脂が足りないんですもんね~~~~sweat01

036

 帰宅後は、もちろん、ヤギまみれに…coldsweats01

 梅雨空でイライラが溜まっておるので、少しでも雨があがったら、即 放し飼い!!(逃げない程度にsweat01

 

 舞台の後、子供たちと駅前を少し歩いて、ソフトクリームなんぞ食べさせておりました。

 こんな山の中で暮らしているから、駅のビルや、タクシー、流れる人、あふれる品物…そういうものがとっても刺激的なようです。

035

金沢の美大を目指す長女。

街中の高校に進みたいと話す次女。

学校の隣に「トイざ○ス」があったらいいな・という末っ子(バカちん)。

 

 この山を離れても、今日の合唱の時みたいに、大きな口をあけて、胸を張って日々を過ごすのだぞ。

 

 私は、ずっとここで、誰かと自分のために、何かを作り続けるからね。

 

 この娑婆は、「だいすき」という気持ちで 溢れていると思う。

 

 

|

« 夏仕様。 | トップページ | 着てないきもの。 »

こどものこと」カテゴリの記事

コメント

娑婆は狭かったですね(笑)。ビックリしました。
従姉さんに会報いただいて、小鞠のお友達も出演するようなので行ってみました。楽しい催しでしたね。
一度しかお目にかかっていないのにすぐにわかっていただけて感激です。
お菓子のお土産までありがとうございました!

もっちゃん、本当にシャイですね~♪
おしゃまな女の子と違って、男の子は初対面だとあんまりしゃべってくれないですが、そこがまた可愛いです。
長女のTちゃんのべっぴんさんぶりがまぶしかったです。背も高くてスラッとして。お顔、ゆんさんによく似てますね♪

読み聞かせ。たまにページをとばしたりします。
満面の笑顔でごまかしてます。
またお会いしましょうね~~~☆


投稿: 鞠花 | 2010年7月 6日 (火) 10時56分

鞠花さまcapricornus

 こんばんは~!コメントありがとうございますtulip

 お会いできて ほんとに嬉しかったですnote ほのぼのとした催しでしたね^^

 

 >満面の笑顔でごまかしてます。
 …ナイスです(笑
 私は、あとで挽回をはかるタイプ(大人げなし)!本を読んだ後に、『ミミズの体操』を超高速でご披露して、子供たちの羨望の的になるという…(笑

 受けが良かった本なども教えてくださいまし!
 私は「がいこつさん」と「ぜったいたべないからね」をツカミにしておりますcoldsweats01

 これからも どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: ゆん | 2010年7月 6日 (火) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/35654426

この記事へのトラックバック一覧です: 歌う子供たち。:

« 夏仕様。 | トップページ | 着てないきもの。 »