« アレコレさん、 | トップページ | いろいろ。 »

国家資格?

 名前を登録させてもらってるミクシィのコミュで、

「着付け師が 国家資格になった」…という話題を目にしました。

ボー然。

ついに ここまで来たかいな・という想いです。

 なんで 服を着ることに国家資格がいるのかね?

 「着付け」のために 大金巻き上げられるって聞くだけで ぐったりしてるのに。

 特殊な装束とか、そういう着物じゃなくって、着物を着せること全般にその『資格』とやらを振り回して、『資格なしに 有料で着つけたら罰則!』なんてことになったらどうなるんだろう?

 『当○×着付け学院では、生徒さんの8割が 国家検定に合格しています!』…なんてやるんだろうか。

 現に、娘のお師匠様に、「着付けを教えてください。」と言ってこられた方の半数以上が、

「どんな免状をくれます?」…と、いの一番に聞いてくるそうで、

「なんで 着物着るのに 免状なんて要るのよ。」…とお答えすると、

「…おカネ払って習い事するがに、免状くれなんだら、なんの意味があるがイネ!」…と怒ってしまうとかsweat02

…領収書じゃないんだから…crying

 

 私の知人の「師範」は総額で 二百万円かかったと言ってましたが、そうしないと着つけが許されないものになったら…間違いなく 着物の未来は真っ暗です。

 国家資格…のおかげで 着つけ代が もっと値上がりしたら、おカネを払ってまで着なくても、になるでしょうし。

化石・だ。

 まず、夏の着物は全滅し、浴衣のようなドレスのようなものだけになって、そのほかの季節の着物は 冠婚葬祭にも あまりお目にかかれなくなるの。

 で、時々普段着として楽しむ人がいても、よく見ると ワキにファスナーがついてて、便利なワンピースなの。

 …そんなこと、ないよね。

|

« アレコレさん、 | トップページ | いろいろ。 »

きもののこと」カテゴリの記事

コメント

けっこう前に新聞で見たような気がします。
ほほう・・・と思いました。世も末じゃ・・・と。
着付けを国家資格にしてまで何をしようとしているのか。
着物文化を守るための手段だと思っているのか。
それよりも小・中・高校で週一回でも着付けを取り入れた方が、
着物人口が増えるのではないのか・・・と。
着物は衣類の一つです。
カジュアルからフォーマルまで・・・は洋服と同じです。
何故着物ばかりが「国家資格」なのか、
馬鹿じゃないの!!と思いました。
でも私のようなちっちゃな人間が一人で吠えたところで、
何も変えられないのでしょうね。
資格がないと身につけてはいけない衣類など、
あってはならないと思います。
祖母や母の着物姿をみて、ごく当たり前に着物を着られるように
なった私です。
我が子にも、そうあってほしいと思っています。
文化の継承って、本来はそういう物だと思うのです。
「日本の文化」ってどうなって行くのでしょうね。
なんか・・・馬鹿っぽい!です。

投稿: 夢 | 2010年5月26日 (水) 21時10分

着るだけだったら、一時間もありゃできる。
あとは習うより慣れろです。
友人は「暇なので」と着付け教室に三ヶ月通い、
それっきり着なくて「もう着られないのよー」。

なんでも「紙」にしたがる。
私の「調理師免許」なんて、ホコリかぶって
なんっっっの役にも立ちません。
うなぎは一度裂いただけで、もうとてもできないけど
主婦30年もやってりゃ、おかずくらい
ちょちょいのちょいよ。
着付けの師範になって、十二単でも衣冠束帯でも、
芸者の出の衣装でも、武家の長袴でも、
なんでも着付けられるようになる…なら
まだいいけどね。それだって別に免許なんていらんでしょ。
和裁士も国家試験あるけど、免許ナシのベテラン
山ほどいますわね。
それがなきゃ就職できないって世の中じゃないんだから。
民族衣装を特別視する国なんて、先がみえますわ。

投稿: とんぼ | 2010年5月27日 (木) 00時55分

夢さまaries
 こんにちは!

 夢さん、間違ってますよ!「馬鹿っぽい!」ンじゃなくって、「馬鹿」なんです。いや、ほんと。

 どうしてこうも 何でもおカネと名前と…になり下がるんでしょうね。根性がいやしいと感じて仕方がないんです。

 本当に、やっと、ごくごく一部の高校で着物を自分できる授業…が定着したと聞きますが、こんなの、小学校の時から、たった一日でもいい、「浴衣で登校の夏休み」行事を全国で設けてほしい!北海道なら厚手の綿着物推奨…なんて。

 きもののことが益々わからなくなった時、紋どころの様に『国家資格者の着付けルール』が台頭して、すべてを台無しにする…そんなことのないように、せめて子供たちには「幅広い着物の空気」を残していきたいと思います。

 そのためには、一日のうちの数十分でも、着物を着ることかなぁ…?(いや、もう・ほんと もんぺばっかりなんですよ!このところcrying

投稿: ゆん | 2010年5月27日 (木) 13時27分

とんぼさまrain

 こんにちは~rain明日は お天気回復という予報なので、また田んぼに出ます~~bud

 …その辺のよれよれスーツのおじさんが、うちに帰ると実は綿薩摩ご愛用の着物好き…なんて、そんな風景が当たり前なら こんなすさんだ国じゃないような気がします。

 織物が文化遺産に指定されて、もろもろいいこともあるのでしょうが、それは すなわち博物館に入るような、古くて遠い存在だと証明されたも同然ということなんでしょう?

『ちょっといい浴衣に半襟かけて、お出かけ着にしてみてもいいですよ』から始まったのが、「半襟をかけるとお出かけ着になります」に変わって、『代わり織りなどの浴衣は 着物として着られるものです』になって、「浴衣・はやめて、夏木綿と呼びましょう。」。

 何でもかんでもひとくくりにして『元を取ろう』っていう発想がいやなんです。貧しい。

 浴衣を美容院で着つけてもらう・と聞いたときは本当に驚きました。もう、おばあちゃんでさえ浴衣一つ着せることができない。

 国家資格者に 高いおカネを払って 浴衣を着せてもらうんでしょうか。浴衣なのに、襟にはプラ芯入れて、おはしょりにもプラ芯入れて?

 資格者が「背中を涼しく着るために」といえば、前帯だって一般化するかもしれませんね。
 ものすごく 一部の方の利権がちらつく話だと思います。
 

 着物を着る人そのものが 「小石丸」みたいに、特例区で保護されるセレブレティになるのかな、いつか。ほへ~~_ノフ○ グッタリ


 ちょっと荒れてて済みません!!

投稿: ゆん | 2010年5月27日 (木) 13時43分

国も暇ですねhappy01

もっと他にやる事あると思うんですけどねbleah

事業仕分けもしてるのに
今年に入ってまたいろんな法人作ってるし
なにやってんだかshock

小学生に任せた方が
良い国作りそうな気がしますcoldsweats01

投稿: もと | 2010年5月27日 (木) 20時20分

もとさまcapricornus

 ほんとだよ!馬鹿ばかしい~~annoy

 農畜産業も大切にしない国だけのことはありますね!うちの末っ子のほうが よっぽど娑婆がわかってるんじゃないかしら(爆

 山中に植え捨てられた桑の木の多いこと!国があっさり養蚕を捨て去った証ですよね。
 国を支えてきたものなのにね。目先ばっかり見てるから。

 衣食住を大切にしないでどうやって生きていくつもりなんでしょうねぇ( ゚д゚)ポカーン

投稿: ゆん | 2010年5月27日 (木) 21時17分

はじめまして

いまっぺーじではお騒がせして申し訳ありません。

5年くらい前に、ある日突然着物が着たくなり着付け教室に通いました。
最初は自分で着られればいいやと思って、半年をメドにしていたのですが、先生のお伊達にホイホイと乗ってしまい、最後のカリキュラムまでやってしまいました。
いろいろ勉強になりましたし、楽しいので後悔はしていません。
今では、月に1度のペースで研修会に出ています。

みなさんのブログや市販の本も読みながら、普段着物を楽しんでいます。

学院の説明で???と思うことが多々あるので、今回いまさんの掲示板をお借りしたのですが、思うことを活字で伝えるのは難しいですね。

投稿: うさミミの母 | 2010年5月31日 (月) 10時51分

うさミミの母さまcherry

 こんにちは。よくぞお越しくださいました。

 こちらこそ、申しわけありませんでした。

 私、口が悪くてご迷惑をおかけすることが多くて…;;
 着つけ教室に通って、着物を着られるようになることは本当に素晴らしいと思うんです。ただ、教える側にあまりにも損得勘定が大きいと・ついつい…down

 不快な思いをさせてしまって 本当にすみませんでした。大反省しております;;

 

投稿: ゆん | 2010年5月31日 (月) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/34893863

この記事へのトラックバック一覧です: 国家資格?:

« アレコレさん、 | トップページ | いろいろ。 »