« しつこいようですが | トップページ | なんとなく日記。 »

だから~!

…着物のお悩みで、

『親族の結婚式に出るとき』

袋帯っぽい名古屋帯ではだめなのか?…というのがありませんか?

 あれ、必ず 答が二つimpactに分かれてます。

『二重の喜びをあらわすのだから 袋でないと 軽くていけないpaper

・・・と、

『織りで 柄行きが 吉祥なら気にしなくてよいscissors』…と。

 「誰も、帯が二重かどうかなんて数えてないって!」…という趣旨の説明をしている着物研究家(それって何?)も いたようですが~~~。

 で、その答えより先に私の頭に浮かぶのが、先代のおばあちゃんの形見の『名古屋』。

 丸帯 壊して 仕立て直したのが 丸わかりの豪華絢爛で 重すぎる名古屋帯~shine

 画像がなくって申し訳ないのですが、私の大好きな 宝尽くしに 飛鶴heart02

 老松も格調高く、光過ぎない金銀の帯~~!めでたさ最上級…。

 …これを 『…だって、名古屋でしょ?!』…と切り捨てられたら、何処へも締めては行けないな・です。

 因みに 落とした分で仕立てた半幅もあります。

 でも、ちょっとおしゃれなパーティーbarに訪問着にこれを締めて…なんて 生活はしていないので、そのままに…。

 どうするかな、この『名古屋』。

仕立て方の違いだけで、格調高い帯であることに変わりはない?

それとも 仕立て方そのものが格?

 想像します。

 昔、年を召したちいさなおばあさんが、孫の結婚式の座敷で 黒紋付に この『名古屋』を締めて座る姿。

 

 丸ぐけで、鶴亀の刺繍が施された帯締めと一緒に、鶴亀の半襟。

 すっかりヨーカン色になった江戸褄と一緒に、この帯や小物は でてきました。

 物置の箪笥から これらを見つけた時の私は、やっと普段着を着られるようになったばっかりで、胸がドキドキしました。

 …歳をとって、袋帯なんてしんどくて よう締めん…になったとき、この「名古屋」が活躍するのかsign02

 

 難しいよねぇ。

ウールのちょっといいので学習参観に行ったら、デニムのミニスカートのお母さんに

「やだ・あんた、入学式?」 …って真顔で言われる娑婆で、この帯は…。

 

 これはやはり、年に一度、

「みんなで こてこてアンティークの日shine

…でも開催するか…?(…誰と?)

 あるとですよ!着たいけど、勇気のない「だら長い袂の大正ロマンな」着ものとか!!

半襟の付け根に紅絹が覗く襟足…な長じゅばん!!とか!!

 

 …コスプレは…イタイわ…。

 

 とにかく!「いざ!!」って時に帯がspaムサってた~~!!

…なんてことの無いよう、年に一度は 風に当てて・大切に保管しておきます…。

 『こうして使ってます!』というご意見などありましたら、お待ちしております( ̄▽ ̄)

 ありますよね、「だから~!これこれの時はこうこうなのよ!」…って、仕分けのできない物事って…。

|

« しつこいようですが | トップページ | なんとなく日記。 »

きもののこと」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよねえ・・・。
なんでもかんでも「これが無難!これが決まり!!」
・・・モノも見ずに??

どんだけ偉いんだ、この元呉服屋とか、着物のプロたちは・・・。

コテコテアンティークの日、参加希望(笑
全身アンティークは恥ずかしくてやった事無いけど、たまには着たいよね、って日もありますよね^^

一生に一度でいいから、アンティークの紋付訪問着(絽)に絽の丸帯・・・・着てみたいです。
ヨーカン色でいいです^^v
持ってないけど!!

投稿: おつう | 2010年4月13日 (火) 15時40分

間違えました、
紋付訪問着じゃないです
五つ紋の絽の留袖!!
うっとり・・・。

投稿: おつう | 2010年4月13日 (火) 15時45分

「見た目」ってのがだいじなこともあるんです。
名古屋かどうかではなく、ミゴトな祝い柄かどうか。
決まりごとは「ある一定のライン」であって、
「でなければならない」のではない。
だから「ラインのハズし具合」を
うまく処理できるかどうかが、毎日着ていたかどうかの
暮らしの違いなんですよ。
表りっぱな絹でも、裏がもめんだったり、
みえるとこだけ紅絹使ったり、それでもいいんです。
ゴタゴタ言うなら、衿にひらひらつけるの
なんとかしてよ、だし、ポリの振袖もなんとかしたら
になるんですよ。
ああいう質問を見ると「まず現物」をみないことには
何もいえない…と思うことが多々あります。
りっぱな丸帯の崩しでも、金襴のいいものなら、
一枚でも重厚ですもの。
それを見て色柄や素材や「元」はみないで、
「名古屋はダメ」というのは、乱暴です。
通用するものは通用する。それを通していくのは、
キャリアある人の知識と言葉です。
今はもうないんですよね、それが。

投稿: とんぼ | 2010年4月13日 (火) 16時18分

前記事のことでごめんなさい。
こちら

http://www.komiyama.org/index.asp?Ca00=2&Ca01=5&Ca02=79

これも

http://cart1.fc2.com/cart/masa39/?ca=10

ただねぇ「コーヒー」なんですよ。
コーヒー牛乳かどうかは…です。

投稿: とんぼ | 2010年4月13日 (火) 16時26分

おつうさまjapanesetea
 
 はい、じゃあ、第一エントリーですね(笑
 今じゃもう、アンティークのいいものは出尽くした・っていいますけど、その、方々に散って行った着物たちがずっと大切にされていることを願いますねぇ。

 …どうして、せっかく着物を着ようと思っている人に、あんなにひどいことが言えるのかな・ってよく思うんです。
 もう、みんなが無知といえる状態なんだから、知恵を持ち寄って仲良くできんのか!って、血圧が上がってしまった…さっき…。だって妹の結納に、20代後半の姉が振りそでを着るな・みたいに言うんですもん!

 元呉服屋さんとか着つけ師さんとか、そういう肩書を なぜ あの場に書いて出さないといけないのでしょう?そういう肩書を叩きつけられたら、「ああ・そうですか。」って信じるしかなくって、着物の楽しみ方を狭めてしまいそうで。

 もうひとつ、着物をダメにしたものに、蛍光灯があると私は思っています。明るくし過ぎて、夜でさえ 少しの汚れや くたびれを隠してくれなくなった!
 
 そうなると、お下がりやら何やらは着づらいわ・とか、この肌の衰えが目について、もう、この色は夜でさえ着られないわ・みたいな展開があったのでは!

 …馬鹿?

投稿: ゆん | 2010年4月13日 (火) 20時57分

とんぼさまcherryblossom
 先日、呉服屋で 羅の帯を作った方の話を聞きました(人づてに・ですが)。
 ポリだそうです。ゴワゴワで。もちろん当人は知りません。
 …80万だったって。

 
 私は、この、名古屋仕立ての祝い帯を いつか必ずふさわしい席で締めたいと思っています。重くて、柔らかで。先代のそのまた前の方のものだと思います。
 ウールがたくさん出てきた中で、たった一つの「晴れ着ひと揃」でした。
 晴れ着って、そういうものですよね。
 なんでもありすぎて、それでも何かしらを売りたい人が次々といろんなものを出してきて、ますます混乱させていく中で、それでも、着物を大切にしていくためには、古いものをできるだけ 見て触れて、その中に縫いこまれている知恵を借りること・でしょうか。

 着れば着るほど好きになります。でも、着た分・どんどん知らないことに気づかされていきます。

 これからも、どうぞお知恵を貸してくださいませ!

投稿: ゆん | 2010年4月13日 (火) 21時07分

「こてこてアンティークの日」、いつでも参加できます☆

「晴れ着オフ会」とか「振袖オフ」とかありますよね。北陸でもあればいいのに(雨が怖い)。
「お正月・盛装オフ」なら、問題の帯はバッチリではないでしょうか。
というのはともかく。
見る人が見れば「丸帯を仕立て直したのね。さすが昔のものは良いわね。映えるワ」ってわかりそうです。
いつか締める機会があるといいですね♪

投稿: 鞠花 | 2010年4月14日 (水) 03時37分

鞠花さまcherryblossom
 改めまして、ようこそいらっしゃいました~!
 着物好きとケモノ好きが ふらりと立ち寄る地味なブログでございます…。

 第二 エントリーですね!

 ファボーレ(笑)の呉服屋さんがお客さんを集めて着物の集い・なんてのを開いてるのを 新聞で見たことがあります。それって、『オフ会』とは違う、何か怖い空気を感じませんか?妍を競う・ような…coldsweats01
 怖いもの見たさで覗いてみたい!

 蚤の市でも 若人のコスプレ集団などがいらしてもよさそうですよねぇ。確かに普段着の人に会った記憶は 皆無。
 一度 10月の市に、40代の女性二人が浴衣で境内を歩いているのを見かけて凍りついた程度です。


 そ・そうか!お正月という手があったか!(馬鹿)

 毎年 元日fujiに柔らかいものを着ることが少なくって、思いいたりませなんだ!

 よっし!来年のお正月は盛装するぞ!
 そうだ!あの帯・とっても重いから、しっかりとした帯揚げ用意しなくっちゃ~smileふふふ…smile

投稿: ゆん | 2010年4月14日 (水) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/34204093

この記事へのトラックバック一覧です: だから~!:

« しつこいようですが | トップページ | なんとなく日記。 »