« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

困ったよ!

004

お蚕さんが萌えとるがな~~~!!

 ひょいと見たら、蟻蚕が動いとるがよ~~!!

 今年は気温が低くて、桑がまだまだ伸びてない!!どうしよう~~~!!

 明日の朝、しもの集落の桑を漁ってみよう ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

 残りも時間の問題だよ~~~ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

008

…ほんとに蟻みたい…。

 でも、刻んだ桑の葉に気づいて食べてる…様な…でも…細かすぎて良くわからん…。

 

 とにかく!

連休に入ってしまったから、ペレットを取り寄せることは ほぼ不可能impact

 何とかしないと!せっかく萌えたんだもの!

 

 ほんとに・ほんとにお蚕さんが。

 

 …やっと嬉しくなってきたかも…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

急に思いだしたんだけど…

 小学生のころ、ハンカチを水で洗って、ガラス窓に張り付けて乾かす遊びが流行ったことがありました。

 「こうやって乾かすと・しわにならんよねぇ。」…なんていいながら。

その遊びが流行ってる間は、みんな 結構可愛いハンカチを持って来てたりして(笑

 

 今思えば…あれは 洗い張りのマネっこみたいなものだったのかも。

 田舎だから、みんな おばあちゃんとか ひィばあちゃんとかと暮らしてたから、そんなところから出た 知恵遊びだったのかな。

 

 『昭和の暮らし博物館』から、販売されるという『昭和の家事DVD』!!

 嬉しくってheart02

 おつうさん ありがとう!!

 

 そのうち 県の映像何とか館で 無料貸し出しなんかになるのかもしれないけれど、私はお手本として手元にほしいから、即・予約run

 dollar高い!!という声を あちらこちらで目にするけれど、必要だと思う人には納得のお値段だと思いますよ~。

 

 『記録』なんですから!

 もう、生で見ることのできない、暮らしのお手本。

 日本のおっかさんたちの暮らしの姿。

 お年を召したお母さんが、あえて見せてくださったそのお手本は、お金に換えることのできないものだと思うんです。

 

 生きたおカネの使い方って、その人によって全く違うんですよねぇ。

 私にとっては ケータイに月々3、000円強払ってるのが高くって、この映画の萬単位は投資!って感じです(ええ。内職代、突っ込みます(^-^;))。

 

 うっかり洗濯しちゃったお札を そおっと伸ばして ガラス窓に張り付けて乾かす…。

 子供たちが畳にこぼしたお菓子の粉を お母ちゃんがちょっとなめた指で おしつけてとる…。

 そんなちょっとしたことが、暮らしの風景から消えていく。

 

 子供の頃の雨のお祭りの日、私を肩につかまらせて 草履の鼻緒を直してくれた若い男の人。

 なんであの人は そんなことが たやすくできたんだろう。

 その頃、もう日常で着物姿の人なんて少なかったはずなのに。

 細かい記憶を拾い集めて、着物と一緒に ちょっとだけ丁寧に生きていきたいなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

も いっちょ!

 つい先ほど、おっかけるように ヒナが誕生chick

011

くっついて 枡のつぶらに納まってますheart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

かわゆか~~ッ!!

なかなか孵化せず、結局「…おやすみ~nightそのまま永眠するなよ~~!」

…と、鳴き声が弱弱しくなった卵ちゃんから離れて就寝sleepy(薄情?)

 朝、いの一番に孵卵器に駆け寄ったら…

オ・居らん!?ど・どこどこ!!!!

003

upwardright卵の殻は ここ。

…なんで、二列向こうに居るんでしょうなannoy

可愛いぜ・畜生ッ!!

 育雛器は まだ少し低温だったので孵卵器で孵したのですが、ほんとは転卵機能が働いていて床がスライドするので危ない…\(;゚∇゚)/

 転卵は、孵化が近付いたら止めないといけないのですが…うちは毎日生んだ卵を追加しているので、そんなわけにはいかんのです…。

 ですが、さすがに強いrock

 床が動いたら、ほかの卵に飛び乗って 難を逃れておりますsweat01(このブログに・養鶏のプロが訪れないことを祈る…。怒られそうです…coldsweats02

002

連れがいないので 心細くて 寒いchick

育雛箱に移したら 悲鳴の連発!!(゚ロ゚屮)屮

慌てて懐に入れたら…眠るsleepy

出すと、叫ぶ。

 仕方がないので 一合枡にミニタオルを入れて、その中にヒナを収めて、ひよこ電球の下に置きましたら…タオルに顔を突っ込んで寝ました…。

可愛くて、こっちが悲鳴をあげてます~~!!

 ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー!

 これから 何羽孵るかわかりませんが(ウコって。孵化率3~4割ってホンマ?もっと孵ると思うんやけど…)、当分手を取られる日々でしょう…。

 で、ヒナが落ち着いたころ、お蚕さんが孵るsign02

 田んぼも まじめにやらんとな!!

 浴衣はいつ縫うんかな?

 面白くなってきましたsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

孵化!

やっと、ひよこchickに会えそうです!!

001

 4時過ぎに、次女が

「お母ちゃん・大変!!たまごに ひび入っとる!!」

…と、ランドセルを床に放り出して(…annoy)叫びました~~。

 わあ!ほんとだ!!始まった!!!

 早速 たまごを そおっと育雛箱(…ただの段ボールsweat02)に移そうとすると、

             『ぴ…ぴよぴよぴよchick

            モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

 必死で 割って出ようとしながら…啼いてるよ~~~~~~( ´;ω;`)ブワッ

 がんばれ~rock

何の手助けもできんけど、お前が出てくるのを待ってるよ~~~~~!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ようやく…。

春らしくなってきました…゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

 先日から、ぜんまいラッシュなのですが、

006

一日に何度も こんな山を作っては

010

…部屋中に広げ…足の踏み場もない。

008

湯掻いていても 気が気じゃない!!

「ああ…もう目いっぱい…。何処に広げよう…。明日も雨かなぁ…down」。

 うんざりしてましたが、晴れてくれたら、1~2日でほとんど乾せてしまいました!!ハラショnotes

もっともっと暑い日に 天日sunにさらしてから 仕舞います。

 

 今までは重曹でアク抜きしてたんですが、今年からは灰が沢山ありますからねぇ!!

まさしく 灰汁でございます!!

 で、使い心地にびっくり!重曹の時より、ずっと柔らかに上がります。茹で過ぎではありません。もっちり・柔らかいんです。

 

 それと、乾せたものを見ると、色が違います。重曹だと黒めに上がるんですが、灰汁で仕上げたものは、ずっと深い紫色です。きれいです。

 

 このゆで汁は 捨てずに繰り返し使いますが、そのままとっておいて、うっかり梅雨時にカビたりなんぞしたときに、掛けまわして揉み直しができます~(*^ー゚)bグッジョブ!!

 また、乾す段階で うっかり揉みそこなったりしたときにも、同様に使います。

暮らしの知恵だなぁ…ヽ(´▽`)/すばらしか。

013

 ようやく、苗の水撒き仕事が始まりました。

 

 あまりの低温続きで ちっとも伸びていないんですよ!

 で、このお天気で 何とか巻き返したい!!と、保温カバーを外し、寒冷紗のみにしまして連休明けの田植えに向かって水まいてます。

おてんとさまは ありがたき哉。

昨日の朝より、今朝はずいぶん青々してました。

ただ~~し!

おっソロしく お水が冷たい!penguin風も冷たい!!penguin

日の出も なんだか遅く感じる…。

 「ちょっと!ずいぶん早いじゃないの?!」…という様子のおかるを連れに、4時半の山の寒さに耐える私…sweat02

 ご来光には つい頭を下げてしまいます。トシです。

004

…先日の夕飯の材料です。

ミツバの卵とじ・です。

特筆すべきは、その自給率の高さ!(笑

 お出しとおしょうゆ・みりん以外はすべて自前ですがな!身土不二ってね!!

 ミツバは その辺にイヤというほど生えているので助かります。走りたがる犬を制して摘み取ります(散歩になってない)。

たまごは、言わずと知れた烏骨鶏heart04

どんこは 昨年 ちまちまと ほだ木に打ち込んだ菌糸が頑張ってくれたものshine

 おしょうゆは、自家製(…って、実家が麹店なだけですわ!親様が作ってるんですわ!!)のお味噌の溜まりを使えばいいのですが、フレッシュ佐武さんの生しょうゆが気に入っているので、購入。

 みりんは 生協の『味の母』~~。お酒入りで 便利なのです。

 

 春だなぁ…。やっと、春らしくなってきたなあ…。と、お勝手に立ちながら、季節の移り変わりを噛みしめます。

 山菜のアクと土仕事で ずたずたに荒れた手指にも、春を実感!!くぅッcryingしばらくは いい着物や帯は触らんぞ!

 この時期は、日に何度も着替えます。

 

 寝巻を脱いで、野良着に着替えて。

一仕事すんだら 常着に着替えて。

ちょっと出るときには、その上に「ましな」引っ張りを着て。

隣町まで下りる時なら、ちょっと可愛い着物に着替えて。

家に戻って 常着に着替えて。

 夕方になったら、また野良着。

 

 お風呂上がりに、寝巻に卸した古い浴衣を着る時が 何とも楽ちん。

身も心も浴衣も くたくた。

 

 春のうす曇りの空が好きです。

着物を沢山洗って、ば~んimpactと外に干せるから!

夏のようにごわごわにならない、ちょうどいい春の日差し。

002

 水をくぐって さっぱりとした木綿は、春に一番似合うと思うんですshine

 …といいつつ、やっぱり肌寒くって、こんな引っ張り着てるんですけどね~coldsweats01

 

 そうそう!春といえば、夕べ、コシアブラ(この辺の方言ではコンゼツ)を一握りほど頂きました!

 この寒さの中では まだまだ逢えないだろうと思っていたので 大感激!!

 タラの芽よりもおいしいと思っていますdelicious

 …画像がないのは、『いただきます!』というが早いか、あっという間にみんなで食べてしまったため…。

 

 今日は 山ニンジンとアザミのてんぷらでもするかな~~。

 山菜のてんぷらを作ると 動物性たんぱく質が食卓に上がらなくっても、子供たちも物足りない顔しないんですよ。

 春だから、体も毒だししたいのかな~。

 

 ほんと、ようやくの春の訪れです…。

 追伸:

はやく、鶉と烏骨鶏の卵孵らないかな~~sweat01

今回 無精卵続きかも…downがっくし。 ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

オロカなり。

…手元に舞い込んできた 絽の刺繍半襟…shine

001_2

 小穴もあるけど、何といっても大好きななでしこheart02

 娘たちも使うだろうし、とりあえず、穴は綿レースっぽく 縁をかがってごまかして使えるわ~note

 …と浮かれつつ、あまりのくすみと染み汚れを落とそうと、

漂白液に 一瞬漬け…

012_2

た瞬間、まっしろけ~~~~( Д) ゚ ゚

 う・うそ!だれか!だれか来てぇぇぇぇ~~~~~~ッsign03(手遅れですって…。)

 おのれの愚かさに、憤死しそうな週末の朝…(;ω;)

 まさか、まさか瞬時に 桃色が消え去ってしまうなんて…。

 残された、小花の芯のピンクのポチポチが、なんとなく『あんまんの目印』みたいで物悲しい…down

 …まあ、少々糸の緩みもあるにはあるので、そこいら辺を色糸で刺し直すかな…sweat02

 こんな愚かな過ちを繰り返しながら、這いずるようにして着物道を歩むワタシ。

 この襟に刺繍を施した方、ごめんなさい。

 この襟を大切に使ってた方、すみません。

 最後の最後まで、大事にするから、かんにしてくだはれ。

003

「…バカねぇ。プッdash」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

困ってます。

012

…お天気が悪い毎日で、すっかりご機嫌ななめですannoy

退屈なので、私の腰のまめ絞りをかじってみたり、

013

さらに それを引きちぎってみたり…dash

 今日の富山は 8℃以下ではなかろうか?(うち、山なので…かなり冷えてますpenguin

おかげで 袷が心地良いんですが…さすがに、皐月の声が聞こえてきたのに まだモスの襦袢が大活躍している現状に苦笑い…(しかも、思いっきり もみじ柄とか着てるし!!)。

 いっそ このまま5月半ばまで、がっちり袷が着られりゃいいわ!なんて開き直ってみたりしてます。

 ほんとなら 薄手の木綿が心地よい時期なのになぁ。袷木綿着てますわ(重くて肩凝る)。

020_2

困っているのが これです。乾せない。

 畑も ドロドロのこてこてで、起こしづらいimpact根性ないから、ほとんど手つかず!!

ゴールデンウイークになったら 突如として夏のようになって、大慌てで田畑を駆けずり回ることになりそう…。

 

 とりあえず、お義父さんがとってきたゼンマイを ちまちまといじってます。

011

 ゼンマイを作った(下ごしらえなどの意)後の ごみとワタを分けてみた状態。

 

 今年は雪が多かったうえ、いつまでも寒いので、ワラビもゼンマイも毛深いんです!!

 今年のゼンマイ綿はもっこもこaries

 例年なら、とっくに呆けて ふわふわと風に揺られているんですが。

 

 ワラビの毛深いことと言ったら…sweat02

022

 おみそ汁と昆布〆が最高です。

 

 室内に広げたゼンマイを、乾せ具合を見ながら、時々 やさしく揉みます。

 ただ乾してしまうと、ピンピンに伸びてしまって硬くなるそうな。

 かといって、強く揉むと表面が裂けて、煮溶けてしまいます。煮汁が濁って見苦しいbearing

 いい塩梅に揉んでやると、よじれたところからよく味が沁みておいしくなります。

 

 昔の人は賢いshine

 なんというか、おばあちゃんたちの手つきは独特で、無理なく揉めてるんですよねぇ。

 私がやるのは なんか こなれてない。

 

 『ゼンマイは山へ帰る』…と言って、採ったその日のうちに作って茹でないと、固くなり、もう食べられんことになるそうです。

 時期ともなると、面白いほどにゼンマイが採れますが、それを持ち帰って下ごしらえをするのが これまた手間暇かかります。

 家族総出で、じっくり座り込んで 不可食部を取り除きます。

 嫁はひたすら茹で続ける・ト。

 

 山の恵みなので、無駄にしてはいけない…ということから『しんどくても、その晩に茹でろspa』…といい伝えているんだと思います。

(…山菜採りは 愉しいけど…しんどいですからね。山歩きだし、山菜ってすごく重いsign01

023

 ご覧の通り、表面はぷりッぷりheart01

 茹でた後も あっという間に水が切れます。だから、揉んで、よじっておく必要があるんでしょうね。

 からっsunと晴れたら、ヤギを連れて、その辺で山菜採りしたいです…。

 麻交じりの短着に、足が真っ青に染まるようなもんぺ穿いてねnote

014

『ふふ…noteオカンが摘もうとしてるワラビ、アタシが 端から いただくわよ~smile

 …それも・困りますsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井波紬。

…城端で織物をしているというのは ちょこちょこと耳にします。

 が、戦争を境に絶えてしまった井波紬については ほとんど知らない私。

『どんなふうだったのかなぁ…。』。

苅安などで染めた、茶色が基調の 居ざり機織りのもの…なんて、チョコっと記されてる程度でしか 情報も持たず、「ああ。そういうものが絶えてしまうのって、本当に残酷…。」 と、思いを馳せてみたりして。

 

 私は、裂き織りが大好きです。なんだか せつない味わいがあって好き。

 手持ちの半幅などは、かなり使い込まれたものばかりなので(そりゃそうだ)、頻繁には締められません。

 ちょこちょこ繕って、大切にしています。

「この帯、もともとは どんな裂れが集まって できてるんだろうなあ…。」・と(すぐ時空を超える…)。

  先日、一枚の・先織りの裂れを集めて作られた炬燵掛けが、埃と蟲一匹を連れて 手元にやってきました。

016

 聞いてびっくり、すべて井波紬だそうです。

017

裏に・ダイナミックにcoldsweats01充てられた裂れも 井波紬だそう。

 あちこち ほつれが出ているけれど、これを持っていたおばあさんが 「おとまして・捨てられなんだ。」とのことでした…weep

 

 おとましい。

 もったいない・よりも強く、心から愛しむ気持ちです。好きな富山弁ですheart02

019

…せっかくだから、この裂れを そおっと解いて、何かに使おうかな…。

ミシンでザクザクやってあるから、解くのは気を使いそうですが…欲しいsign01

 一度見てみたいと思っていたものが、忘れたころに手元に巡ってくる。

着物って、そういうことが多い様な気がします。

 …これ・すべてが裂き織り…。

 その仕事を思うと 気が遠くなります。

020

 …因みに…。

 あまりの長雨に、ぜんまいが全く乾せず!!

 傷む前に せめて少しでも乾燥させたくて、室内に持ち込みました…down

おてんとさんsunに当たらないと おいしくならないだろうから、早くお天気になってほしいです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひきこもり着物生活者。

 私が尊敬する・地道な織姫「おつうさん」。

 ブログが更新された・と あったので、お邪魔しました( ̄▽ ̄)

 で、「う~む、相変わらず、細かい時間を拾い集めて頑張ってはる…。」、と感心したのち、

どうやら、お店で出逢った方への私信が…。

 「わはは・おんなじよな感じ~~!!」。

おつうさんも。でしたか…。

 

あたくし・ この春休み、主人が休みなしで子供たちが不機嫌になったので、最終日曜の朝に 護国神社の青空蚤の市に行ったとですよ…。

 そこで 突然、見知らぬ「あ・知的なきれいな人~。」に声をかけていただいたんでございます。

 富山の方ですか?普段から、着物着てるんですか?等々…。

 すんません。ほんとに人見知り(慣れたら 喋りまくるんですが!!)の ひきこもり着物生活なもんで、とっさの場合、言葉も ようでてこんのです!

 

 人語を解するとはいえ、日本語で返事をくれるわけでもない獣たちとばっかり話してるし…。

 あわあわ!!(゚ロ゚屮)屮してしまい、「ブログとかしてらっしゃいますか?」…と問われた瞬間、頭の中にはここのアドレスとか、ブログのタイトルとか、そういうものがぐるぐるしたにもかかわらず、

『よろけ縞太郎』などという、ふざけた名前を口にするのも恥ずかしく、第一、そんな気の利いた話の一つも書いてはいないし、

「ぁ…いえ、そういうのは特に…。」。嘘つきになってしもた!_| ̄|○

ばっかでしょ~~~!!

せっかく、着物が好きな方に会えたというのに!

お別れしてから大後悔!!なんで・もう少しまともな対応ができないのかね!!

 で、深く反省し、一言お詫びを申し上げたいと ネットでウロウロしてみたものの、手掛かりさえなし(大体、機械音痴なのに、どうやって見つけるっていうのか) ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

幸い、その方から この駄ブログを見つけていただいて、そちらのブログを夜な夜な覗きに行ったりするようになったんですが…ほんとに情けない 人( ̄ω ̄;) スマヌ

 ほんとにね、とろいんですよ。

 普通の大人ができそうなことが なんか抜け落ちたまま 40を迎えてるんです・あたし。

 こうして、パソコンいじって、ブログを書いてるのが信じられない(と 主人も言う)ほどに、欠落してるんです、何かが!!

 でも、伊達に40年過ごしてないです。

だって、

「こんな あたしだからこそ、猪やら山羊やらと ●●●まみれでも 普通に暮らせてるんだわ。きっと。」…って、図々しくも落とし所を見つけることができるんですもん。

 娘時分の私なら、もうもう、地の底まで落ち込んで・布団にもぐってます。

 …主婦だから、布団にもぐっていられない・というのもあるかもしれません。潜りたい。

001

画像は、蚤の市で購入したチコリーのコーヒーcafe

 タンポポは好きなのですが、ちょいとお高いので、やたらと安いこちらにしてみました。

 …安いのにはわけがある・と思いました(失礼!)。

やはり、タンポポコーヒーのほうが好きです…。

 こんな とろくさい私ですが、みなさんどうかよろしく。

 時々 のぞきに来てください…。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あぶないよ!

 …知恵袋をのぞいて びっくり。

『着物を浴衣のように着るのは?』。

気に入った着物があるのでそれを夏祭りに着たいと思うが、非常識ならやめるつもり…とのことで、貼ってあったサイトを覗くと…

( Д) ゚ ゚ヒロミチナカノだかの ポリの小紋(袷)!!

 非常識…よりも、暑さで 命にかかわるからやめましょう。

 この方は、こうして誰かに相談するだけいいですが、何も疑問に思わず、一万 ナンボも払って買ってしまったら…大変です。

 身近にわかる人がいたら・と思うのはこんな時。

 きものについては 地域性などが大きいから、手の届くところに 教えてくれる人生の先輩がいたら…もっと 着物はのびのび着られるものでいられたろうに。

 着れば着るほど好きになるのに、着れば着るほど悲しさが迫ってくる。

 私は好きで着てるだけだから、どこかに行って着物の良さを訴えたりもしないし、着物の集い・とやらに参加したりもしない(なんだか怖そう…)。

 でも、この辺の「こんな感じよ。」を 子供たちには 教えておきたいなぁ。

 思ったのは、もし この質問者の方が、直接 この呉服屋さんに「浴衣として着てみたいのですが」と問い合わせたとしたら、一体どんな答えが返ってきたのかな…ということ。

 『駄目です!これは こうこうこうしてしか 着てはいけません!』・でも、

 『今は何処でもクーラーが効いていますから、大丈夫ですよ。いろんな風に着こなしてください!』・でも・・・困りますよねぇ…。

 着物って、どこへ向かっていくのかなぁ。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お祭りやら何やら…。

去る15日は 集落の春祭りでした。

 朝は屋根が真っ白でsnow、桜とのコントラストが何とも落ち着かなかったことよ。

001_3

 とりあえず、降りさえしなければ良し!という寒さで、獅子舞の皆さんが 誠にお気の毒…weep

 末っ子には、綿入りの肌着を着せました。

 手甲・脚絆が防寒の手助けになっていると信じてshine

018

メガネは外せ!と云うに…sweat02

 まあ・昨年よりは 踊れていた様な気がしました…。

(それよりこの法被!趣味悪い…。おみこし担ぐならいいけどさ、獅子回すなら、ちょっと考えてほしいわ~~!!…言えないけど…coldsweats01

 三時から お祭りが始まって、『平日だで、9時には終わるやろ~clock』…などと申しておりましたのが わが夫。

 大ウソ。

あまりの寒さに つい飲み過ぎて(子供たちは寒いままなのに~penguin)、ずれ込むずれこむ!翌日は学校じゃ!起きられるのかsign02

026

 獅子打ちがしたくてたまらないのに、させてもらえぬ女であるわが身を深く呪う次女(笑

せめてリヤカーを引こうと頑張り、当日の夜更けに 速攻筋肉痛impact若い!!

何せ山で、平坦な道などございませんからねぇ…。リヤカーはキッツいです。

 一通りまわして、獅子宿(最後に納まる家。昔は’オヤっ様’の家しか宿になれなかったけど、今では持ち回り。来年はその家から獅子が出る。)に入った時には、

036

幽体離脱寸前_| ̄|○

それでも、御花をいただいた分は廻さんならんのです!踏んばれ!男の子!

 頑張って御花戴いたら、ベイブレード『ギャラクシーペガシス』とやらをゲットimpactするという目標を掲げて、今日まで 寝不足と戦ってきたんだもんね!

028

 何とかやり終えて帰宅(大人はこの後がまだまだ長いbottle)し、母ちゃん特製いちごババロアを完食し、

040

ストーブの炎と共に とろとろと…

撃沈。

 サポートに回ってくれた次女と、高音に苦しみながらも なんとか笛部隊の補欠としてついて回った長女にも拍手shine

 『きょ、今日、あの丸帯名古屋(仮名)を締めたらよかったんじゃあ…sign02』…と、帯締めを解いた瞬間に気づいた私にも 拍手(;д;)

 これからは 本格的な農繁期!

週末などない!

 そこへ持ってきて、学校行事も目白押し!!

なぜか 日曜に学習参観!振り休は水曜日!なんだかわけがわからんぞ!!

 

 行事が多いということは、まともな着物を着る機会が多いということでもありますね。

 野良着と晴れ着(大げさ)を とっかえひっかえ・梅雨まで走れ!!

 

 とりあえず、やっとこさジャガイモを植え付けた・ルーズな私の春なのでした…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なんとなく日記。

 明日が 春祭りなので、あわてて八尾町のスーパーへ。

 身内ばかりの宴会なので、まあ・あまり悩まず買い物をします。

 が!

買い物をしている見知らぬご婦人に悩んでしまいました。

 …アスパラガスの見定めをしていらした、いわゆるおばちゃんパンチのご婦人。

 おもむろに、かばんから 巻き尺を取り出すと…採寸。

 何か、おいしい長さの定義でも ご存知なのでしょうか…。

 なんか いいもの見たnotesって感じです。

003

 昨日の午前中の 大桜の様子ですcherryblossom

 

 今朝の雪snowにびっくりしただろうなぁ、この桜…。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

だから~!

…着物のお悩みで、

『親族の結婚式に出るとき』

袋帯っぽい名古屋帯ではだめなのか?…というのがありませんか?

 あれ、必ず 答が二つimpactに分かれてます。

『二重の喜びをあらわすのだから 袋でないと 軽くていけないpaper

・・・と、

『織りで 柄行きが 吉祥なら気にしなくてよいscissors』…と。

 「誰も、帯が二重かどうかなんて数えてないって!」…という趣旨の説明をしている着物研究家(それって何?)も いたようですが~~~。

 で、その答えより先に私の頭に浮かぶのが、先代のおばあちゃんの形見の『名古屋』。

 丸帯 壊して 仕立て直したのが 丸わかりの豪華絢爛で 重すぎる名古屋帯~shine

 画像がなくって申し訳ないのですが、私の大好きな 宝尽くしに 飛鶴heart02

 老松も格調高く、光過ぎない金銀の帯~~!めでたさ最上級…。

 …これを 『…だって、名古屋でしょ?!』…と切り捨てられたら、何処へも締めては行けないな・です。

 因みに 落とした分で仕立てた半幅もあります。

 でも、ちょっとおしゃれなパーティーbarに訪問着にこれを締めて…なんて 生活はしていないので、そのままに…。

 どうするかな、この『名古屋』。

仕立て方の違いだけで、格調高い帯であることに変わりはない?

それとも 仕立て方そのものが格?

 想像します。

 昔、年を召したちいさなおばあさんが、孫の結婚式の座敷で 黒紋付に この『名古屋』を締めて座る姿。

 

 丸ぐけで、鶴亀の刺繍が施された帯締めと一緒に、鶴亀の半襟。

 すっかりヨーカン色になった江戸褄と一緒に、この帯や小物は でてきました。

 物置の箪笥から これらを見つけた時の私は、やっと普段着を着られるようになったばっかりで、胸がドキドキしました。

 …歳をとって、袋帯なんてしんどくて よう締めん…になったとき、この「名古屋」が活躍するのかsign02

 

 難しいよねぇ。

ウールのちょっといいので学習参観に行ったら、デニムのミニスカートのお母さんに

「やだ・あんた、入学式?」 …って真顔で言われる娑婆で、この帯は…。

 

 これはやはり、年に一度、

「みんなで こてこてアンティークの日shine

…でも開催するか…?(…誰と?)

 あるとですよ!着たいけど、勇気のない「だら長い袂の大正ロマンな」着ものとか!!

半襟の付け根に紅絹が覗く襟足…な長じゅばん!!とか!!

 

 …コスプレは…イタイわ…。

 

 とにかく!「いざ!!」って時に帯がspaムサってた~~!!

…なんてことの無いよう、年に一度は 風に当てて・大切に保管しておきます…。

 『こうして使ってます!』というご意見などありましたら、お待ちしております( ̄▽ ̄)

 ありますよね、「だから~!これこれの時はこうこうなのよ!」…って、仕分けのできない物事って…。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

しつこいようですが

…かねてより、私が こよなく愛する「いかるがコーヒー牛乳」。

 今日のお昼過ぎ、姉からケータイmailtoが。

『今日さ、薬局で‘やみつきコーヒー‘っていうの買って飲んだら、懐かしの いかるがコーヒーに似とったような気がしたんよ!覚えとる?高槻でよく飲んだ・あの自販機の・でっかいヤクルト瓶のコーヒー牛乳!あんた・大好きやったよね!試してみ~note

…なんということでしょう(ビフォー・アフターのサザエさん風に)!

 明日・早速 「アオキ」婦中店か八尾店に行かねばッrun

 ああ…バッタもんでもいい…。似て非なるモノでもいい…。

いかるがコーヒーの気配だけでも感じたいわ~~impact

 ありがとう、お姉ちゃん。

003

…そういえば。

いかるがのキャラクターは 「かるちゃん」という名前だったような…。

 じゃあ、私が このキカズ山羊に「おかる」と名付けてしまったのは、その刷り込みのせいだったのかsign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

休日。

 003

 今日は、内職も、農作業も あまり考えないで過ごしました。

 お天気だなぁ・ウサギもヤギも猪も可愛いなぁheart04…なんて、何でもないように過ごしました。

 023

 麻の反物を漂白してみたり、

016

 鉄瓶の灰を掃き落としたり、

021

繕い物の計画をたてなおしたり…(夏向きのものを優先させる!…とか言ってて、来年の夏になってたりしてdown)。

024

 そしたら、久々に休日に家にいた主人が

 「ちょっと出かけるか~!春休み、一度も出てなかったし!」。

 

 慌てて 木綿の長着に着替える私sweat01

 悩む暇はないので、なんちゃって角出し~~!

 暑いので、二部式の嘘つきで、半襟はアイスバー(あたり棒が混じってる)。

 帯揚げは、古い子供の羽織を解いたモノ。紙風船が可愛いのですheart02

 素足に竹皮張りの下駄。

 5月頃の装いかsign02

 

 街では 真っ黒のダウンジャケット姿の方や、キャミソール一枚の方や…。

ほんと、季節感がないというのか、季節がごちゃまぜになってるというのか、おかしな春ですcherryblossom

  親子でお出かけなんて、本当に久しぶり。

子供たちは とても うれしそうでした。

 そろってお買い物なんて、あと何年もあるかなぁ。

 

 未体験の中学進学、「何だか見当つかない!」ので、適当なものを持って入学し、とりあえず「こんなものをみんな持ってるらしい。」という通学バッグを探したら、シーズンオフで大きく値下げしていた為、一気にハッピーnotesになる長女。

(バッグの指定がなくって、ただ『華美でないもの』という話だったんです!そんなのが一番困るっての!思春期の女子の先輩がいるんだから!)

 

 可愛いヘアゴムを見つけて喜ぶ次女。

 

 ベイブレードめがけて おもちゃ売り場に突進するも、「獅子舞の花もらって 自分で買え!」…と主人に言われて、決意を新たにする素直な末っ子coldsweats01

013

この暖かさでは、センナ(わさびの花)も呆けてしまうでしょう。

短い旬が・あっという間に過ぎてしまいそうです。

そしたら、『また来年。』。

 

 来年かぁ。

 来年、お義母さんは自分で歩いているかなぁ。

 実家の両親は どうかなぁ。

 

 ヤギの赤ちゃん・生まれてるといいなぁ。

 私、少しは お針 うまくなってるといいなぁ。

 長女は 自分で帯が結べる様になってるかなぁ。

 

 やっぱり私は元気なんだと思う。

 だって、先のこと考えてたら、どんどん愉しい話になってくるもん。

 

 桑の新芽が伸びてきました!

 お蚕種、うまく萌えてくれますように…!

 

 今、最も気がかりなのは、末っ子の通学の安全と、お蚕さんの孵化なのです。

 

 心配事も 春だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一気に春。

004_3

御宮様の大桜cherryblossomが 一気にひらき始めました。

今日は朝から気温が高く、富山名物フェーン現象かと思われますが、天気予報tvも観ておりませんで…sweat01

あたたかいので 鶉たちは ご機嫌note

001_2

早速 卵を恵んでくれました~~~shine

…で、即座に孵卵器へ!

017_2

今度こそ、鶉のヒヨコを増やすのですchick頑張ります。

毎日 手を合わせる私。どうかうまくいきますように…。

 お天気がいいと、嬉しくなって、やたら動物たちにちょっかい出したくなるもんです。

ヤギをからかい、鶉に話しかけ、烏骨鶏をふんづかまえて慌てさせる(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

 で、やっと春が来たからってんで、柔らかで青々としたハコベなんかを摘み取って…

011

つい。目があってしまったうさぎにやられる…。

違う!これは 卵を産む鶏たちに与えるものであって、可愛いだけで何の役にも立たないお主に いの一番に食べさせるもんでは…。

…うさぎの武器は このかわいらしさcherryだと痛感…。

 ついでに記念撮影camera

015

 …ここで、時計はすでに9時半を告げておりました…。

 5時から今まで なにをしておったんじゃ。朝飯も摂らんと!!

018

ああ・もう・メンどくさい!おひるごはんは まともなものを食べよう!

…で、このヨーグルト。現『日本ルナ』社のものですが、本当は『関西ルナ』の時の「プリンヨーグルト」が好きheart02なんだか微妙な質感だったのです。

学生時分、山小屋を建てるバイトをした時、食材を求めて山を下りる係に

『た・頼む!後生だからプリンヨーグルト買うてきて!!』・・・と すがったものです。

 でも…。

もっと求めているのは…しつこいようですが、いかるがコーヒー牛乳です!

ああ 飲みたい!こんなお天気のいい日にお外で飲んだら 極楽気分!

…午後も、まじめに動物たちと遊んできます…。

005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運命の赤っぽい糸。

…赤い糸じゃなくって、「赤っぽい」糸。

 時々あります。

こちらが ものすごい衝撃と確信を持って、「これは絶対に ご縁だ!」と直感する出会い!

  昨夜のことでした…。

 昨日は 久しぶりに思いっきりpcの前に座って、いたずらしていたんですが、

 ふと、○フオクをのぞいたら…、

洗い張り済みの、ヤギ(か 干支の羊)がバイアス方向に びっしりの小紋:12メートル

 ああ!しかも、よくお世話になってる出品者のもの!!この方ならまちがいないわ!!

 あと五時間。 ¥1,500。 ふんふん・染みがいくらかあるのね。

 これは!これは・これは着物好きの山羊飼いである私のためにあるようなもの!

 これを長じゅばんにするんだわ!!

 ぽちッ。

 そのまま、終了時間前に確認することも忘れて、家事・内職にいそしむ勤勉な私。

  …ええ。

 やられてました…。100円上乗せで。

 あんな ものすごい盛り上がりで 運命を感じさせておきながら!!

 7日間、一切の入札者の気配も見せなかったのに!

 様子見のテコ入れであったとは思いたくない~~!ふんが~~~~~ッщ(゚Д゚щ)

007_2

「…馬鹿だなぁ。お母ちゃん…。」

050

「…ソコまで言うなよ…。」

066

「こんなきれいな羽根 持ってないもんねぇ。」

039

「…オラに リンゴくれなかったからかも。」

001

「あ~っはっはっはっは!ど~じ!」。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

入学式でした。

…やっと終わった…。というのが 本音~sweat01

 月曜に、次女が始業。

 火曜に末っ子の入学式。

 水曜に長女の入学式。

 

 今日は、三人とも出払って、ぽつねん…house

 。。。ったって、動物たちがいて、相変わらず かしましいんだけど。

 

 このところ着物について 色々と考え込んで、思い悩んだのですが、結果として、なんだかどうでもよくなりました。

 で、「子供の行事は控えめに」…という価値観から脱却し、地元の掟にのっとって(笑)、一張羅の訪問着を選択sign03 私としては大変な冒険ですがな!

014_2

 あいかわらずの もっさい着姿ですが、何とも楽しかったheart04

 お気に入りの長じゅばんに大切な半襟付けて、先代の形見の 真珠の帯締め 引っ張り出して、実家の両親の愛情でいっぱいの長着を広げて…。

 何といっても、「あの帯のためにshine」…という選択をしたことが、この自己満足度満タンsign03の気分を盛り上げたんだと思います~coldsweats01

040_2

飛鶴もめでたい・引き抜き帯です…heart01

 見た目にわからない弱りもあるだろうから、とっておき!という位置づけのものです。

 とんぼさんちの過去ログで おさらいして、傷めぬようにと祈りながら締めました。

 重いのに、柔らかい…heart02

 農民顔の私…という現実もすっかり忘れて、幸せに浸りました~~shine

 

 会場は、村の掟通り、満艦飾の成人式さながらの晴れ着でいっぱいshine観てて、たのしかった!

 『控えめに!』なんて言うけれど、所詮・無垢な子供の華や愛らしさに比べたら、な~んでもないもんです。

 それに、母親=老けた…なんて公式が成り立たないほど、お母さんたちは若くてきれい。それを昔の物差しで測るのが無理な話じゃないかなぁ(…って、私は幾つ?)。

 着物は「こんな時しか着られない!」・という立ち位置に追いやられてしまっているし、もっと町のほうへ下りていけば、それすらもグダグダ言われたりする。

 そう思うと、たとえ 子供二人持つお母さんが ベビーピンクの長着と帯に、シボの立った・これまたピンクの帯締め帯揚げを使っていたとて・笑顔で 「春らしいですねnotes」と一言添えたりなんかしてしまう…(目で、コメントを求められた。)。

 だって、cherryblossom子供の晴れの日だもん、お母さんも おしゃれして いい笑顔confidentなのがいいに決まってる!

 こましゃくれたスーツ姿に巨大なランドセル・の末っ子は、「足ぶらぶら星人」として、無事(?)入学式を終えました。

 因みに 気温は「富山市で22.7℃」。

うちの山でも20℃位はあったかな?…という暖かさでしたsun

042

 …そして、翌朝。

 何とか・四年生に進級できた次女に連れられての初登校chickは…氷雨down

 予想最高気温は9℃。山なら5℃切るかも…。

 それでも、子供は愉しいことをうまく見つけるもので、黄色いカッパをカシャカシャこすりながら、背中のランドセルをばこばこいわせて 山を下りて行きました。

 で、

052_2

長女の入学式は、付け下げを選択。

 現物は、こんなに光ってないんですよ!画像見てびっくり!!「18年ほど前に 一回だけ紅白に出場した演歌歌手」みたい!!

 亀甲の地紋の、金が強めの金茶色に、玉縫いで末広が刺繍された『落ち着いた』着物なんですよぅcrying

 中学の入学式は 着物の方は ほぼ皆無…と聞いているので、渋めにしたはずです(他人ごと?)。

 10人の母親中、着物は2人でした。でも、「私も着物にすればよかった!!」と、紫色に変化した唇で語ってくれたお母さんもいました…。ほんとに寒い日でしたpenguin

 帯は、母のお見立ての前出のスワトウに・と、父が選んでくれたもの。

 紫星人の私に・と、両親はこういう色を選んでくれたようです。

 こういう時に、つくづく親のありがたみが沁みます。

「いざという時、娘が困らないように。」。「どうしようもなくなった時、娘の身を守れるものを持たせたい。」。

 「お母ちゃん。あたしも大きくなったら、その着物着ていい?」

…と、次女が訊きました。嬉しかった!

 「じゃあ、この着物は縞ちゃんにあげて、この帯は ちゅんちゅにあげようかな。」

 「…できれば、対のもんで頂戴。」。

  

 真ん中は抜け目ないのぅ…( ̄◆ ̄;)

004

 …帰宅後は、さっさと着替えて、お手入れお手入れ!!

 ずぼらだから、一気にやらないと イヤになってしまうんです…sweat01

 

 娑婆中の 進学・進級を迎えたみなさん、心からおめでとうcherryblossom

 

 ああ・楽しかった!

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日は

総勢19名のお客さんがやってくる!!

 「私は、民宿のおかみさんshine」…と、自分に言い聞かせて頑張るよ~~ん(≧∇≦)

017

 …使える者は、猫でも孫でも!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

つぶやく程度ですが

…一枚でいいから欲しい長じゅばんといえば、

真っ赤な地に白で染め抜いた・「四十八手coldsweats01」のもの…。

 アンティークを着てる方に会ったのですが、何ともかわいらしかったheart04

 因みに60台後半のご婦人。

  

 「もう、引退したからこそ 堂々と着られるのよ~!現役だったら 誘ってるみたいで 恥ずかしいじゃない!」 …との事。

 いやぁ、60代なら現役でしょうsign02

 …と、心から思う私なのでした。

 「いいなぁ。私も着たい!! 鳥獣戯画より、こっちが好き!」

…と笑う、更年期障害と戦う40歳なのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご長寿。

 春眠 暁を全く覚えずsleepy

 いかに眠いか・が、お伝わりできましたでございましょうか(なんで最近やたらと馬鹿丁寧な言葉を使う人が多いんでございましょうか。ちょっとストレスdashcoldsweats01

 004_2

(帯が上ずってるところは流していただいてsweat01

この縞の袷、大大大好きheart04な一枚です。

 

 身丈不足なことをのぞけば、他のあらゆる寸法はピッたしshine

当に 身に添う心地よさ!!

 

 木綿の袷なので重さはあるのですが、それすら心地よくって、真綿のどっさり入ったお蒲団の様に安心感があるのです。

 

 お対丈・というところにしても、一切手をつけずに この寸法なんですから、「こ・これは何かの ご縁を感じる…sign01」…などと、勝手にスピリチュアルflairしてしまいましたもんね!!

 

 江戸の終わりのものだと聞いています。初めっからお対で仕立てて、たもとも短く、毎日の暮らし向きにしていたものだと。

 ご長寿ですねぇ。

 私なんて 40年でこ~~んなに くすんじゃってるのに、100年経っても お役目を果たしてるんだから!!

010

(…この写真を見て、あわてて襟足を直してきた…sweat02見苦しくってすみません。だったら撮り直せ?)

一枚羽織って、(山を下りて)スーパーへ。

 八尾なら そんなにじろじろ見られない(と思っているだけ?)のですが、余所では 結構激しい視線を浴びてきました…coldsweats01 (60代位のおじさんに「うわッ!!」と驚かれた。わしは化けモンかannoy

 

 いろんな人がいろんな服を着て、かごに沢山の食べ物を詰め込んで、やたら明るい店内をにぎわせていました。

 

 ほんの3~40年前なら、道行く人の中に 着物姿は当たり前にあったのに。

 ビニールのひもで編んだ買い物かごを下げて、きちんと髪を結いた女の子なんかを連れたお母さんが立ち話をしてたのに。

 

 今日来ている服を、この人たちは 来年も再来年も着るだろうか。

 次の春が来るころには、きっとまた、少しおしゃれな服を買うだろう。

 お年頃の娘さんなら なおのこと。

 

 

 ネットで様々な人たちの様子を垣間見るとき、ちょっと引っかかってしまうことがあります。

『洋服に飽きたので、着物を着てみようと思います。』

『着なくなったら、ヤ○オクに出品しましょう!そして、着物の流れをもっと盛んにしましょう!』

『古い着物を集めているのですが、ただ持っていても仕方がないので、ミシンでリメイクします。』

 

 人それぞれの楽しみ方があるのはわかっていても、着物として着られるものは壊さないでほしいと思ってしまいます。

 洋服に飽きたから・と、いつか着物にも飽きて粗末にしたら、悲しいと思います。

 ネットオクでの着物の流れって、結構速くて、同じものをいろんなところで目にして驚きます。手元に置きたくて買う・のではない、何かが、着物の行く末を左右しているようで。

 

 手元に、麻の糸の束がいくつかあります。古いものなのですが、とてもしっかりした糸で驚くほどつややかです。

 生糸と比べるまでもなく、恐ろしく太い、力強い糸です。

 一本一本はさほど長くないものを、繋いで繋いで織って重ねて一枚の布にするんですねぇ。

 頭では分かっているつもりだったことが、手に触れて初めて 重さを持ちました。

 息吹き…という感じです。

 

 現代にも、素晴らしい着物や帯、その他のものが生まれているのはわかっているけれど、私は、作り手と着手の様子を想像するのが大好きなので、どうしても古いものばっかり寄せてしまいます。

(…というか、偏見凄まじいのかもしれないけれど、現代のいい着物・って、作家が表現として作ってる、着る側のことをかんがえてないものが やたら目につくようで抵抗があります。もっとも、先立つものがないからお呼びでないんだけど!)

011

 この雀、様子を見るために洗ってみました。

 

 洗い張るつもりで解いたまま、どこかにしまわれていた襦袢のようです~heart04

 どんな人が袖を通していたのかなぁ。

 

 すずめに鶴に兎に…heart04私の大好きな面々のオンパレードshineな生地なのです!!

 解いた布地3幅を、この襟でぐるぐるっと巻いて・ポンと古着屋に並べられていたそうです。

 

 まわりまわって 私の手元にやってきましたo(;△;)o

 色落ちその他もなく、力もあるようなので、お天気のいい日sunに洗い張りします!

へたくそなりに頑張りまっす!

  

 布というものが恐ろしく長い命を持っている・と知ったのは、小学校に上がる前、法隆寺で 『天寿国繍帳』を見たときです。

 あまりの迫力に 握りしめた両手を畳に食い込ませて、身を乗り出してしまった記憶があります。

糸・紙・木は、こんなに長く したたかに生きることができる。

子供なりにそんな風に感じました。

 一つまみほどの「偉い人」たちが、そうでない人たちを苦しめつつ作り上げ、残してきた数々の遺産。

 苦しい中から、さまざまな創意工夫を凝らして伝えられてきた、名もない民芸の数々。

 その端っこを、直接 肌にまとって暮らす毎日は、常に だれかに守られつつも しっかり監視されているようで、ときどき ハッimpactとして 背筋が伸びます(苦笑

 締めたい帯・直すぞ!浴衣、仕立てるぞ!指抜き、いっぱい作るぞ!お蚕さん育てるぞ!

 …動物たちのお世話に触らないように注意しながら(゚ー゚;

 

 

 私が生きている分は、私のところに来た着物は 長生きできるはず。

 

 …って、この山々を低くする戦いのためにも、私自身が元気で長生きしなければ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

 張り合いがあるって、こういうことかいなぁ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワタヌキ。

 四月朔日…。

 このところ 内職が大忙しで(不景気ってホントかぇ?)毎日 押してpaper押して…という感じです。

 が、せめて、午前中だけでも片づけを!!

 …などと思い立ち、せっせsweat01と着物の山の仕分け作業を始めました。

 まァ・ね。

冷静になって考えてみりゃわかりそうなもんですよ。

何年もかかって築き上げたこの山々が、高々3~4時間いじったくらいじゃ、

何といいますか、あっちの山を畳み直して こっちの山にしてみただけ?そんな感じ??

 だ…ダメだ…。

学生時分も、「さあ!試験勉強しよう!まず、机の上を片付けて…。」から始まって、

出てきたアルバムなんかに吸い込まれて…終わり。

 進歩がない。

 結局、本日は これにて  「おひるごはんの支度しないとriceball」…だもん。

 私。

つくづく貧乏くさいんだけど、

「ああ!!この真綿の入った縞の着物!!なんで 昨日 着とかなかったんだろう!!」とか、

「ああ!!この羽織!!ちょっと袂を詰めて着たいと思ってたのに、もう春じゃない!!」とか…。

008

違うか。びんぼくさいんじゃなくって、ずぼらなんだ。たったか runやっとかないから!!

 もう、袷の時期も残りわずか…。

毎回、衣替えが近付くと同じことを思っているのに…。とほほ。

 《 画像は・お気に入りの古い長じゅばん。もう少し落ち着いた色めです。扇尽くし…と思いきや、やじろべえが交じってるのがナイス!着物だったものを仕立て直したんですね。忙しい中、糸と時間をやりくりしたんだろうなぁ…。さらに深く反省sweat02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »