« なんでしょう? | トップページ | …観たい…。 »

着物はたのしい^^

!!(゚ロ゚屮)屮昨日は…雪景色で幕を開けましたcoldsweats01

001

 ついでに 地べたは見事に凍っていてpenguin、ごみを出す道すがら、引けた腰で

「暑さ寒さは 彼岸まで…。」…と恨みがましく つぶやいてしまいましたcoldsweats01

そのあとは見事に晴れて、花粉飛ぶ中、山を下りて謝恩会会場へと向かいました~bar

小学生ですから、もちろん  ノンpaperアルカホルで。

015

 おもちゃ尽くしの紬に雀の帯(クタクタで・いい感じなんですよ~heart02)、雀にしようか悩んだけど、鶉の帯留。

 柿渋染のかばんは 山ほど入る上に、取り出しやすくって 最高shine確か生協でよく見かけるものだと思いますが…。使い込むほどに色深く、柔らかく、でも しっかりとしていくのがわかる・愛しいかばんですheart04

画像は 帰宅直後。

「おいしいもん くれる?」…と、かばんチェックに 余念のない「こめ」。

残念ながら お土産は ナシじゃ。

 で、しっかりちゃっかり 娘の半襟を借りた私…sweat01

  この刺繍半襟、実は一目ぼれしていたんです。

先月のおさらい会で、お姐さんがこれをつけてらっしゃるのを見て、「…( Д) ゚ ゚」。

 なんて素敵・なんてすてき・なんてステキ!!

 茶とお蜜柑と黒の縞の着物に 鮮やかな襟もと…。「こういう着こなしがしたかったんだ・私!」・・と、ドキドキしてしまいましたもん!

 その後、お姐さんがお師匠様に返してらっしゃるのを見て、「ああ・そうか…。アッシのようなものには高根の花。素敵なわけだわ…。」と納得したのでした。

 

 どっこい、娘のためにとの 袴ひと揃えの中に その半襟を見つけて、「きゃ~!」。

着つけるときにも、半襟に恥ずかしくない襟のあわせにしよう…なんて、ものすごくいい緊張感を持てました…confident

 それが今、手元に巡ってまいりまして、ありがた~~く、自分のお気に入りの襦袢に縫い付けさせて戴きましたのことよcrying感涙sweat01

018

 謝恩会は とっても楽しかったですヽ(´▽`)/

普段、そんなにお話しなかったお母さんと隣り合わせて、ものすごく楽しい時間を過ごせました。

 その方に、

「うちの旦那、つんちゃんの袴・大絶賛やったわ!可愛かったね~!下の子の卒業の時、着せてもらおうかなぁ!」

…と言われた時は、本当に嬉しくてうれしくて、

「いつ何時でも うちに来たら 着せたげるよ!写真だけでも楽しいし。お母さんにも着せてあげるよ!」

・・と答えました。

向かいの席のお母さんも

「あ!私も 袴穿いてみたい~~heart04怖いかなぁ!」

って笑ってました。

みんな、乙女モードcuteで、「はいからさんって・憧れたよね~。」なんて言いながら。

 洋服じゃ「イタイ」けど、着物なら…っていうかわいらしさはありますねぇ。

子供たちは 担任の先生と一緒のテーブルで愉しそうでした (うろ覚えゲームというのをやってました)。

 

 実は・前の晩にあわてて「卒業式の写真、みんなに配らなきゃ!」…と、山を下りて プリントしてきたのです。

 デジカメプリントって自分で機械をいじるのね!!初めてでびっくりした!現像代がない分、すごく安く済んで これまたびっくりした!私って一体、いつの時代の人ナンだかさぁ…down

 (きっと、みなさんから頂くことになるだろうと思ってあわてたら、持ってきたのは うちだけ~coldsweats01返って・大変喜ばれてラッキーでしたsmile)。

 写真を見ながら、先生は、

「こうして改めて見ても、やっぱり、違和感とかってないもんね。先生は、つんちゃんが袴で出てよかった と思っていますよ。」

…とおっしゃったそうです。

 

 卒業式の翌日、下級生の女の子たちが、

「先生、昨日のつんちゃん、すっごく可愛かったheart01

と言いに来た・という話も聞かせて頂いて、娘はとても喜んでいました。

024

雪が降ることもあるけれど、確実に 季節は春ですbud

外から帰った子供たちが、何かしら摘んできたりして、それを実感します。

 昨日は「きくらげ」を見つけてきてくれました。

 そんでもって、画像内のおかずは 「げんげのから揚げ」ですわ。

子供の時は 馬鹿にして(下の下だから・げんげ。)ましたが、何やらお肌にいいshineとかって、人気が上がったそうですねup不思議。コラーゲンでぶりんぶりん…wobbly小骨がうっとうしいので から揚げに…。

 子供の時は カワハギとかげんげとか、そんなのをバケツで100円で売ってて、やたら煮て食べさせられました…。今じゃカワハギも高級になられて…weep

ぁ・また 話がそれた~。着物だってば。

 「当たり前」に思っていたものが、実は特殊な目で見られていると気づいたり、そうかと思うと 「それもありだね。」と自然に受け入れてもらえたり…。

 そういうことって、着物だけじゃなくて、身の回りに きっと沢山ありますねぇ。

 

 今日、「あ!まずい!三人在宅になる前に行かねば!!」…と、大慌てで 運転免許証の更新手続きに行ってきたのですが、着物だと愉しいですねぇ!

 5年前は 洋服で行ったんです。生活に疲れ果てた35歳主婦の顔…down

 

 で、今回は、春らしい卵色の刺繍半襟に、地味な着物で。明るい顔色に映ってました。

…蒸したての肉まんのように…。

026

 着物があると、毎日の何でもない生活の装いが、「実はすごいのよ。」とか「実はこれなのよ。」…っていう、引っ張りの下の隠された楽しみ(笑)で溢れてしまいますheart04

 明後日は 末っ子の卒園式…cherryblossom

「あかんボだったのが、春から一年生…。」という、何とも言えない、母心を刺激する関所です。

 証書を受け取った後、保護者席に向きなおって、

「大きくなったら、○○になりたいです!」って宣言するのがここの園のならわしなんですが、これが『母ちゃんたちの泣く場面』なんですよ…。よその子一人一人にも泣くcrying

 黒羽織のそで口には ハナ水の染みがつくやもしれん。

だって。

 上の子の時から数えて・丸八年…。ずいぶん長くお世話になりました。

 その八年分の思い出にも、着物は欠かせなかったなぁ。

021

 今年は、本当に・春を迎えてる!って実感がありますcherryblossom

|

« なんでしょう? | トップページ | …観たい…。 »

きもののこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/33897899

この記事へのトラックバック一覧です: 着物はたのしい^^:

« なんでしょう? | トップページ | …観たい…。 »