« 早春賦 | トップページ | 晴れた土曜日の »

雪の降る中…

♪坊や~・よい子だ 金出しな~~♪

017

…と、市原悦子さんが 戸の隙間からのぞいているような・そんな寒い毎日でございますpenguin

 よくまぁ・降るわいなぁ…snow

 まだ当分・動物たちの餌に悩まされる日が続きそう( ̄◆ ̄;)

 

 そんな中でも、春に向けてせっせと着物をいじってみたりしてます( ̄▽ ̄)

(小・中学の入学準備をせんかい!!)

013

 春色の半襟は、ぺたこさんちの品物ですじゃ。

来月のお誕生日birthdayに おろそ~~っとheart01早く用意しとかないとネ!日々に追われてるうちに、「あ!今日・お誕生日じゃん!また忘れてた!これは したり!!」ってなるからcoldsweats01

 ず~っと前、アレコレさんを介して購入した半襟に比べて、刺繍がとても丁寧になっているように見えたので、思い切って「ポチッgood」としてみましたsweat01

 

 ああ、それと…。中着をすべて広襟に直したいので、そのための襟芯も用意したい。

 私、撥やら棒やら、の半襟はあまり好きじゃないんです。

その日の気分で襟幅を決めたいな~・とか、縫いとめる時間を短縮したいな~・とか、いろいろあって、広襟が好きnote

ヤ○オクでまとめ買いしようかな…。

 

 黒地の中着は、袖無双で柔らかなちりめんです。ここは寒いのでまだまだ着られる…。

袖丈は少々短めですが、お気に入りheart04

小紋の繰回しかも・という話でした。なににしても、袂からこぼれる色は嬉しいshineボケボケピンクや褪せかけ水色の綸子系襦袢は・飽きがきます~(好みの方・ごめんなさい)catface

 

 以前は、長じゅばんにしろ 長着にしろ・最も気にするのは素材感で、その次に色柄…でした。要するに、どんなに便利でも石油系・は苦手で、化繊のものは身につけたくないタイプです。(アトピー持ちでもあるし)

 でも!どんなに肌触りが良くたって、絹ってわけにも…。ですから、数年前からは 少々使い込んだモノや、上等なものを選んでは、モスの襦袢を愛用しておりますです。

 こういう、絹の中着を着るのは、ちょっと嬉しいお出掛の時とか、気持ちにお疲れが出そうな時とか…。

 中着をもっと楽しみたいなぁ。

 そう思うと、やっぱり袂はちょっと長めのほうがいいですねぇ。

015

この名古屋は、糸が弱っているので 繕い直してる最中sweat01

もっといい こげ茶色なんですが、うまく出せませんでした。ちょっと重いですが、大好きな色柄。裏は、マゼンタピンクと黄の縞模様です。

019

こちらは、汚れがありますが、つづれのシックな名古屋。

半幅の絞りは、小穴があったお太鼓部分を断って・お師匠様自ら仕立て直して下さったもの~~sweat01

「…夜中も ずっとオリンピック見てて、寝ないでしょ?その時 縫ってるのよねぇ。どうぞnote」…って…。なんでそんなに まめで親切なんですかッ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

 因みに、敷いてる銘仙は、私の愛用のねんねこ半纏です。ほとんどコート化してます。あったかいです。真綿なので 軽くて薄くて…。

銘仙なので、しょっちゅう直してますけど…。愛着heart04

011

…こんなことをしながら、春を待つ私。

地面が姿をあらわすときまで、この雀どもは あったり前の顔して・うちで餌食べてますcoldsweats01

 要するに 居候の皆さんです。

 ズラリと並んで待ってますよ、朝晩!キジバトも混じるようになったし…。

 

 ぼんやりと お気に入りのもろもろを眺めて喜ぶ…そんな冬の静けさを楽しめるのも あとわずか。

 端切れの山から、半襟になりそうなものを引っ張り出しておかないと!

春は 襟もとから…なんて。

 寒さを やせ我慢するほどの伊達っぷりは もうないので、あったかそうな着物に、少し軽い様子の春色の襟を合わせる・そんな楽しみ方から、春のきものを始めよっとconfident

 

 昨日、この春いちばんめの ねこやなぎを見ましたよcafe

雪の中にふわふわと あったかそうでした。ひと足ひと足・近づいてますbud

|

« 早春賦 | トップページ | 晴れた土曜日の »

きもののこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/33440284

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の降る中…:

« 早春賦 | トップページ | 晴れた土曜日の »