« そんなばかな!! | トップページ | 霜月。 »

米粉のお料理。

…ご縁がありまして、米粉のお料理体験に参加することになりました。

 長女と二人での「親子chick農業何とか体験」という取材らしい。

 北陸三県の親子三組が集まって、楽しくお料理しました~~note

 

 福井県は、母の実家(大阪)に行くときに通るところ・という感じで、ほとんど降り立った事がなかったのですが、小さく、柔らかな山の風景がとても素敵でした。

 古い家屋の屋根に、やぐらのような小さな屋根が乗ってたんですが、あれはなんだろう?調べてみよっと。

  delicious一時間で三品作り・という企画でした。

 シフォンケーキとピザとグラタンrestaurant

 

 ほんとに、扱いやすい粉のようで、ダマにもならず・バターも要らず・食べやすいのに腹もちのよいことと言ったら…!!(゚ロ゚屮)屮

 

 指導してくださった先生自身が、しみじみと

「なんでこんなに素晴らしいものを今まで知らなかったのかと思います…。」と作るたびに実感する・といったご様子でした。

 

 嚥下障害が気になる義母には、とても高い利用価値があると思いました~~think

 

 お鍋一つで、具材を炒めて、そこへ牛乳や米粉を直接投入してホワイトソースが作れてしまう!これは主婦には大感激ですわ!!!

 バターなしなので、洗い物も手早く終了。体にも水にも負担が少ないと思いました!

026

 

 ただし。

問題は・製粉場の確保…なのですね。

 

 撞いて呉れるところがまだまだ少なすぎて、どうしても高価になってしまう・と。

 

 家庭用のミルを三回程度通すという方法もあるそうですが、「上新粉より一歩細かい」程度で、調理しやすい状態には、もうひとつだとか…。

 029

 せっかく、手前ですべて賄えるただ一つの作物であるお米。

もっともっと、国全体で消費策を盛り上げていかないupといけないよね~~!!

  戦後のアメリカの様々な政策は、日本人の体質や性質に合わないものも 平気で押し付けてきた。そのつけはとても大きい。

 

 私がこうして生まれて育って、子供を持てたことは、私の両親を何かしらの形で助けてくれた団体や、ボランティアのおかげだけれど、おカネを柱に進められてきた経済その他の大きな流れは、やはり腑に落ちないことが多いから。

(就任早々の総理夫妻が、仲良く 高そうなパン屋さんでお買い物をしてるのを見たとき、「…ここで、おいしいおにぎり屋さんriceballでも行ってくれたらちょっと嬉しいんだけどな…。」と稲刈り仕事真っ盛りの私は思ったのでした。)

028 シフォンケーキは 丸ごとお持ち帰りheart04

 晩御飯の後に、お気に入りのミルでおいしい豆をひいて、ゆっくりいただきましたよ~~cafe

 計量した米粉の残りをお土産にいただいたので、今晩は和風のグラタンにしようかな~~notes

天然きのこがいっぱいあるのだ!

050

 そうそう。もう一つお土産にいただいたのが、冷凍の米粉パン。

 先生が揚げパンを進めてくださったので、早速きな粉パンにしてきたのですが・これがびっくりcoldsweats02

 ほとんど油を吸わないのですね!!

小麦粉のものなら、あっという間にてんぷらなべの油が減っていくのに…!!

 もっちりとして 香ばしいのに油の重さが気にならない、とってもおいしい揚げパンになりましたhappy02ハラショsign03

 さぁて…。挽くではなく・コメを撞いてくれる製粉上場…。どうやって求めよう…。

わが集落営農では 購入は到底不可能だし…。

 いっそ水車小屋でも建てるかな。こっとんこっとん・杵つきするのを…(笑

024

 (…画像は…「おいしいけど、ちょっと痛いのよね、乳草のはっぱって!!」・・・といったご様子の、お世辞にも美しくはない表情で お食事を楽しむおかるちゃんでございます…。)

 お米・たくさん食べましょう!!

|

« そんなばかな!! | トップページ | 霜月。 »

くらしのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/32021141

この記事へのトラックバック一覧です: 米粉のお料理。:

« そんなばかな!! | トップページ | 霜月。 »