« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

ありがたい・と思うこと。

021 おかるちゃんは、「くいちろう」。

食べるためだけに行き、生きるためにひたすら食べる。

 そんな当たり前のことのありがたさが身にしみるのが病を得たときですhospital

 おとといの朝から体調を崩し、顔色も悪く 全く元気がありませんでした。

 おなかが張っているように見え、また、おなかが全く動いていない・反芻もしていない・耳も尻尾も振らないなど、「…悪いものを食べ(すぎ)たかimpact」とあわてる私。

 私の管理ミスが おかるちゃんの命を危険にさらしてしまったのです。

 おなかをさすり、ガス抜きと排便を促したのですが、どんどんツラそうになっていきました。

 結局、かかりつけの獣医さんに走り、注射と飲み薬(いやぁ・暴れる体力隠してあるわ!)を処方していただいて、ついでに種付けの段取りまでしてくださって(私には、そんな余裕すらなかったわ~~crying死んだらどうしよう!!ばっかりで!)、抗生剤と整腸剤をもらって帰宅house

 山羊小屋の壁に頭をすりつけて、じっと動かないおかるちゃんの姿は ひたすら涙sweat02sweat02

018_3

 おかげさまで、今朝からは瞳に輝きが戻り、干し草を食むようになりました…。

 つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

 

 去年の秋mapleには、我が家に 山羊はいなかったんですよねぇcapricornus

 今では なくてはならない存在のおヤギ様…shine

 018_4

…だけじゃないか!

他にも色々…sweat02

 

 どうか、みんな揃って元気に冬snowを越せますように。

 

 

 どうぞ、皆様も 楽しい冬になりますようにcafe

 ごめんね、おかる。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

21世紀の…

光景(笑)。

022 …平和すぎて怖い( ̄◆ ̄;)

 おかるちゃん、先日、発情heart04来てました。

 思ったほどの啼きかたではなかったけど、「オトナなのねんkissmark」・・・という様子がいくつか見られて、何とも感慨深いものがありました。

 ま、その日を過ぎれば また いつも通りの「食べるためだけに生き、生きるために食べる」、ひたすら もぐもぐのおかるですが…(゚ー゚;

009 ブルーベリーがもみぢmapleして、とってもきれいです。

 雪が降る前に縄でぐるぐる巻きにしておきます。

 今年は甘い実がたわわになったから、とっても嬉しかったなぁconfident

 来年も なるといいなぁ。

 

 薪ストーブの顛末は、 決着したら詳しくアップ予定ざんすが、とりあえず寒いので焚いております。

 

 …で、夜な夜なストーブのそばで寝てしまう末っ子…。

010 頼むから、ちゃんとお手洗いに行ってから寝てくださいsweat01

  「いい加減にしなさい~~!!annoy」などと怒号飛び交う家とは思えぬ、何とも美しすぎる21世紀の光景だけをお届けいたしましてございます…(泣笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

も・少しです~~^^

 増築中のわが城(…って、言いきってしまうのかsign02)。

 こんな風になってます。

008 暖炉の辺り~。

壁面のレンガを あと三段乗せてもらいます。

ストーブの前だけ、四角く張り出すといわれたので、丸にして!と注文しました。

 でもって、レンガはストーブの後ろ幅にだけ積む・というので、「端っこまで伸ばして!」と駄々をこねました(流し代の面まで積むと、コンセントのあたりの掃除が面倒なので止めた…。この程度のこだわりしか持ってない私down

 私は、おしゃれなナントカよりも、

006 こういうものを見てるのが好きheart04

職人の仕事って、見てて飽きない…と追うより、ただただ ため息shine

左官屋さん然り、

009電気屋さん然り…。

「お蚕さんグッズ」を譲ってもらおうと尋ねたお宅の屋根裏に転がってた電器flair

 電球色の蛍光灯を買ってきましたら、何とも優しくって温かい空気の色に灯りましたよcafe

 何十年かの時を 埃かぶったまま過ごしたこの電灯。

これからよろしくね~~note

 右下に写りこんでるのは 囲炉裏です。

明日にも縁が入ると思います。

 縁材は、古い民家から外したケヤキの梁を加工しました。

 高いところから家族を見守ってた材は、今度は囲炉裏端になって家の酔っぱらいを温めるわけです。

010_2  煙突に沿って、義父の部屋と、二階の部屋にガラリをつけて、暖spaをとります。

 いろんな人やいろんな仕事を見ることができて、なんだかすごくありがたかったなぁ…confident

 日曜には、ガスの切り替えに来られるので、その夜からは新しい流しでお料理することになりそうです。

 で、月曜には、ガスオーブンその他の説明にきて貰えるし、薪ストーブも入るので、その説明を聞いて、そんでもって、リハビリの先生と、ケアマネさんと施工業者さんとそろって、義母のための住宅改修の打ち合わせですwobbly

(やり始めたら…の典型例のようですねsweat01

 

 冬が来る前に、家族の場所が整うかなconfident

 …義父は 「囲炉裏ができたら、まず、里芋の田楽じゃdelicious」と言っております。

 

 楽しみだな~。自在鉤 吊るすのheart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

めがね。

…はなさんtulipからのコメントの返信に始まって、既に とんぼさんやおつうさんから切実な破壊工作秘話を聞かせていただきましたように、

002 3日の夕方に受け取った末っ子のめがねは、翌4日の寝しなに ご覧のような状態に陥りましてございます。

 

まァ・ね。

子供のことだから、いずれは破壊するなり、どこかに置き忘れるなり・は覚悟していたつもりでいたんですよ。

 でも、できた次の日に壊してくれるなpaperng

 

四日の朝、おかげさまで 彼はめがねにご満悦noteの様子で、うきうきと登園し、

かつ、園児たちに たかられ・誉められ、うらやましがられ…と、こちらといたしましても、痛い出費の甲斐があったと胸をなでおろしたことでした。

 

 で、その夜night

 寝しなに、彼はいつものように就寝前の儀式に入り、そこでハタと気がついたんです。

「あッ!今日から、寝る前にはめがねをはずして、つるを左から先に畳んで、レンズを上に向けて踏まないところに置くって、眼鏡のおばちゃんに習ったんだったflair

 

なのに、彼はつい・余計なことまで思いついてしまったんですね…。

001

 …彼の大切なお友達「カマちゃん」に、大事なめがねをかけさせてあげようshine

…と。

彼(?)はカマちゃん。

かまぼこ型のぬいぐるみ…。

 

なんで めがねが真っ二つimpactになるほどに引っ張るかね?

 

私は、逸る気持ちを抑えて 布団を一枚一枚静かにはたいて あまりに細かいそのネジを真剣に探しましたよ!!!

 擦り切れ畳に「パランflair」・・・と乾いた音を聞いたときは本当に嬉しかった!!

 

で、とりあえず差し込んで置いておいたものを、あくる朝、「お母ちゃ~ん。また、眼鏡わかれたよ~。」・・・と、これまた布団に持ち込んで壊し直した小僧impact

 母の怒りMaxup

 

一通りの大言小言を並べたのちに

「…眼鏡屋さんに行くよ。」。

 「でも・でも・きょうのあさは、たんぼにいってヤキイモ大会なのに…。」。

 

猛省してはいるけれど、外のお天気と・数日前から紅組白組にわかれて競争しながらかき集めた落ち葉のことを思うと、このヤキイモ日和sunを無駄にすることは出来ない…。

 涙と鼻水でメロメロの彼を連れて登園し、優しいみか先生に事の次第を説明し、おなかいっぱいに焼き芋を詰め込んで幸せそうな彼を眼鏡屋さんに運んだのは午後のことでした。

 

 駐車場に入ってきた私に気付いた瞬間の眼鏡屋さんの表情って…!!(゚ロ゚屮)屮。

 

  ありがたいことに、ネジを持って行ったので、即・修理完了dash

 

 眼鏡屋さんでこぶ茶japanesetea(しかも「ぶぶあられ」入り)をいただき、幸せそうな末っ子を眺めているときに気がつきました。

 「弱視」が発覚してからの数日、私の脳みそのどこか深くに、針金で留めたようなものが引っかかっていたのが・ぽろっと取れたことに。

 

 子供のことで悩むのに、子供の笑顔に救われてしまう。

 

 子供との日々って、その繰り返しだな・と。

 

 何人目でも、経験値は上がってないもんですね。

 

 ぼちぼち行こうr(^ω^*)))

011_2 《画像は、早朝の光にハレーションを起こす白さがまばゆいおかるちゃんのお姿shine

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウール以外の…

なにを着るんじゃ!

…という寒さですsnow

011 美しや…shine

お天気がおかしいせいか、紅葉はmapleいま三つくらいなんですが。

今日は、風邪気味なこともあって なんだか体温が上がらず~down

 でも、「見えない」ことを自覚したとたん、利き目だけで見ようと・顔を傾げるようになった末っ子のために、どうあっても眼鏡を受け取りに出ねばならん!!(長い文章…。)

 ので、思いっきり ウールで昭和な取り合わせを選択~~happy02

016 わはは!

ほんとに しょーわ~~なおばちゃんだぁ~~happy02

何にしても、ほんっとに着物ってあったかいですねspa

 ウールに着替えた途端、体も軽~く感じて元気に眼鏡屋さんに行けました~~car

 いやはや、恐るべし・和服の保温力spa

 腰を固定して温めるからか?

 

 霜月三日。

 ウールに モスの襦袢に 羽織で 別珍足袋…snow

 今からこんなんで、本格的な冬になったらどうする気じゃろう??

 とにかく、この冬も私は ウールさまさまshineで過ごすことになりそうです。

007

 今年は・スキー場に雪が沢山降りてきますように…confident

| | コメント (6) | トラックバック (0)

空の下。

…きくちいまさんのブログで、

「フランダースの大人たちはなんでネロを見殺しに…annoy」という趣旨の話がありまして、

私は色々振り返りました。

 

 マッチ売りの少女も、小公女セーラも、哀れやら・切ないやら…。

 きっと、みんなが貧しくて、道端で死んでいく子供というものが存在していたからだとも思うのですが、こういうお話がよく読み聞かせられていた・ほんの少し前の日本って、大人があったかい膝の上で子供の心を孤独に落とさない状態で、「子供の道徳」をはぐぐむことができていたんだろうな。

  今の子供たちに、「ハイ、勝手にこれ読んでなさい。」って「人魚姫」やら「幸せの王子」やらを与えたら…恐怖で不安に染まるか、「ああ、やっぱこんなもんかな。」って世の中の斜めに見てしまうか…という危惧を抱いてしまう私。

 

 恐ろしく、悲しい話って、幼い胸には必要なんだと思う。ただし、「ちゃんと、ここに守ってくれる人がいる」という状態で、その未知の世界に思いを馳せたりする…という経験でないと、ただのトラウマ(ノ_-。)

  「母を訪ねて三千里」というアニメーションがありました。

 

 毎週毎週、幼いマルコが大絶叫するんです~~crying

「かあさん!ぼくだよ・マルコだよ!!あけてよ、かあさぁん!!」

 …もう引っ越してしまってて、母さんには逢えない。

 

 で、おかっぱ頭の私は、滝の涙を袖で拭って正座。

 どうしようもない気持ちでいると、カルピスの宣伝をはさんで、明るいアコーディオンの伴奏に乗せて、前向きな声(堀江美都子さん?)の「かあさん おはよう」の歌が始まって。

 私はこの歌を聴いて、少し気持ちが救われて、日曜の「tvまんがの時間」が終わった・と思うのでした。

(…実はそのあとしっかり「NHK・大河ドラマ」観るんだけどね!!テレビっ子!!子供たちには内緒じゃ。)

  「かあさん おはよう」の歌は 今でもよく歌いますnote

 私にとって、生まれて初めての「マイ・ソノシートnewmoon」だったんです(をを!年が…)。

(ちなみに、人生初の「マイ・LP盤」は’銀河鉄道999’coldsweats01

 この歌を聴いていて、ある時突然、「そうか!お日様って、大きなのが一つあって、いろんな国の空を繋いで回ってるんだ!」って気付いたんです。

 別に繋いで回ってるわけではないのかもしれないけれど、みんな、空の下に居るんだと思ったんです。

(のちに谷川俊太郎さんの「朝のリレー」を知って、「この人とは友達になれそう」などと大きな勘違いをした。)

 

 子供を持ってから、「かあさん おはよう」を歌おうとすると、胸が詰まって声が出なくなることが多くなりました(をを!これも年が…)(;ω;)

 

 マルコも、いろんな子供たちも、顔を見て 「お母ちゃん・おはようsun」って言いたいよね。

 現実には、「もうannoy早く起きなさい!!」が先で、優しいお母ちゃんとは月と地球ほどの距離があるんですけどね!!

048 <画像は、朝の必需品・おみそ汁に入れる手前の天然えのきheart02>

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

霜月。

…今日から十一月ですね。

 今朝はとても暖かで、袷の大島にいつもの水屋着を羽織って出ましたら、背中が汗ばむくらいでした…。

 が!天気予報が大当たりで、2時ころに一気に暗くなり、大きな雨模様に。

 それに伴い、一気に肌寒くなってしまいました。

009 ウールの引っ張りと、別珍の足袋。

 冬場の必需品ですsnow

…ポケットには、末っ子がかんだ鼻紙がねじ込まれていたりする…down

 

 明後日、眼鏡eyeglassが仕上がってきます(保険が適用されると聞いて、涙が出ました…。)。

これからの季節、曇ったりして不便なこともあるでしょうねぇcafe

 

 

 今日は、村の「生涯学習フェスティバル(…文化祭?)」が催されました。

 末っ子は、今も目薬の副作用で瞳孔が開いたままで、スポットライトに目がくらみつつも一生懸命に中太鼓を叩いておりました(ギャラリーは号泣する母親たち)。

 

 そのあと、富山商業高校の吹奏楽部のみなさんの演奏がありまして、その中に地元の学生がいたのですが、「…ああ、初めて、中学校で浴衣の着付け教室やった時、三年生だった子だなぁ。」と思ったら、胸が詰まりました。

 素晴らしい演奏もさることながら、子供(…と言っていいものか?)たちが、真剣に何かに打ち込む様子を見るにつけ、「世の中捨てたもんじゃない!」と感激してしまいます。

 

 子供たちは、全く足を止めることなく成長していく。

 子供たちは、いつでも希望のただなかに居る。

019

  保育園から今までを、切ない気持ちで通ってきた長女が、先週の学習発表会で演じた「ディオニス王crown」は、切なかったけれど、希望が見えるものでした。

「メロスじゃなくて、人を信じられない、自分のことも信じられない王様をどうしても演じたいの。」と、毎晩毎晩 枕元に台本を置いていました。

 

 いろんなことがあったけど、学校に行くことをあきらめなくて本当に良かったね。

10人にも満たない・ずっと変わらない級友との生活の中で、何年もかかって、自分の立ち位置をつかんでいく子供たち。

 

 誰に理解されなくても、誰に責められても、帰るところのある子供は、きっと自分をおとしめたりしない。

 家族が支えていけたら、きっと何かしらの形で生きていく力を身につけることができる。

 そう・自分に 言い聞かせています。

 

 

 もう一人、やっぱり長く、つらい思いを抱えてきた子がいるのですが、その子もまた、家族がしっかりと支えてきていました。

 その子も、とても重要な役を ものすごい緊迫感を持って演じていて、本当に輝いていました。

 

 実りの秋mapleというけれど、このひと月の間に、こんな風に 力強く育った子供たちの姿を見ることができるとは夢にも思わなくて、どこにありがとうを言ったらいいのかわからないほどです。

 

 どうか、世界中の子供たちが、親よりも長く その命を生きてくれますように。

044

 

 …ちょっと さかしまな感じですが、晩秋用の半襟です。

 

 どうしても、こい色めの着物が多くなるので、襟もとは、優しく温かいものを選びます。

 

 もうすぐ、囲炉裏が仕上がって、義父と私(…って、ちょっと手伝っただけじゃん!)で焼いた炭を熾して、家族で温い冬spaを迎えることができそうです。

 

 春が来たら、長女は中学生、末っ子は小学生。へんこの次女は4年生。

 

 これからどんどん私から離れて過ごす時間が増えていくだろうけど、囲炉裏にヤカンがかかってるときくらいは 少しでも座ってくれたらいいなぁ。

 

 今晩、何しようかなぁ。今からでも、おでん・間に合うかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

米粉のお料理。

…ご縁がありまして、米粉のお料理体験に参加することになりました。

 長女と二人での「親子chick農業何とか体験」という取材らしい。

 北陸三県の親子三組が集まって、楽しくお料理しました~~note

 

 福井県は、母の実家(大阪)に行くときに通るところ・という感じで、ほとんど降り立った事がなかったのですが、小さく、柔らかな山の風景がとても素敵でした。

 古い家屋の屋根に、やぐらのような小さな屋根が乗ってたんですが、あれはなんだろう?調べてみよっと。

  delicious一時間で三品作り・という企画でした。

 シフォンケーキとピザとグラタンrestaurant

 

 ほんとに、扱いやすい粉のようで、ダマにもならず・バターも要らず・食べやすいのに腹もちのよいことと言ったら…!!(゚ロ゚屮)屮

 

 指導してくださった先生自身が、しみじみと

「なんでこんなに素晴らしいものを今まで知らなかったのかと思います…。」と作るたびに実感する・といったご様子でした。

 

 嚥下障害が気になる義母には、とても高い利用価値があると思いました~~think

 

 お鍋一つで、具材を炒めて、そこへ牛乳や米粉を直接投入してホワイトソースが作れてしまう!これは主婦には大感激ですわ!!!

 バターなしなので、洗い物も手早く終了。体にも水にも負担が少ないと思いました!

026

 

 ただし。

問題は・製粉場の確保…なのですね。

 

 撞いて呉れるところがまだまだ少なすぎて、どうしても高価になってしまう・と。

 

 家庭用のミルを三回程度通すという方法もあるそうですが、「上新粉より一歩細かい」程度で、調理しやすい状態には、もうひとつだとか…。

 029

 せっかく、手前ですべて賄えるただ一つの作物であるお米。

もっともっと、国全体で消費策を盛り上げていかないupといけないよね~~!!

  戦後のアメリカの様々な政策は、日本人の体質や性質に合わないものも 平気で押し付けてきた。そのつけはとても大きい。

 

 私がこうして生まれて育って、子供を持てたことは、私の両親を何かしらの形で助けてくれた団体や、ボランティアのおかげだけれど、おカネを柱に進められてきた経済その他の大きな流れは、やはり腑に落ちないことが多いから。

(就任早々の総理夫妻が、仲良く 高そうなパン屋さんでお買い物をしてるのを見たとき、「…ここで、おいしいおにぎり屋さんriceballでも行ってくれたらちょっと嬉しいんだけどな…。」と稲刈り仕事真っ盛りの私は思ったのでした。)

028 シフォンケーキは 丸ごとお持ち帰りheart04

 晩御飯の後に、お気に入りのミルでおいしい豆をひいて、ゆっくりいただきましたよ~~cafe

 計量した米粉の残りをお土産にいただいたので、今晩は和風のグラタンにしようかな~~notes

天然きのこがいっぱいあるのだ!

050

 そうそう。もう一つお土産にいただいたのが、冷凍の米粉パン。

 先生が揚げパンを進めてくださったので、早速きな粉パンにしてきたのですが・これがびっくりcoldsweats02

 ほとんど油を吸わないのですね!!

小麦粉のものなら、あっという間にてんぷらなべの油が減っていくのに…!!

 もっちりとして 香ばしいのに油の重さが気にならない、とってもおいしい揚げパンになりましたhappy02ハラショsign03

 さぁて…。挽くではなく・コメを撞いてくれる製粉上場…。どうやって求めよう…。

わが集落営農では 購入は到底不可能だし…。

 いっそ水車小屋でも建てるかな。こっとんこっとん・杵つきするのを…(笑

024

 (…画像は…「おいしいけど、ちょっと痛いのよね、乳草のはっぱって!!」・・・といったご様子の、お世辞にも美しくはない表情で お食事を楽しむおかるちゃんでございます…。)

 お米・たくさん食べましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »