« 台風一過に | トップページ | こ・こんなに・・・ »

アイヌ刺繍。

 明後日、富山の駅前のビルで、「アイヌ刺繍」教室に参加予定note

早く 明後日になってほしい~~~happy02

長女(11)も一緒に習うんですよ。「お母ちゃんばっかり、とんぼ玉作ったり縫物したりしてずるいよね!ちゅんちゅも行く!お小遣いで参加するもん!」sweat02ごめん。

 

 で、私は驚いた。

主催が叔母と従姉なんですが、この、アイヌの先生「アシリ・レラ」さんの戸籍名がその叔母と全く同じcoldsweats02

 

 一瞬、「え?康子さんが講師なの?え?でも、康子さんってやまとだよね?あれ?」。

 不思議なもので、同姓同名のご縁から、こうして富山にきていただく運びになったそうな(叔母はいつもタフだ。従姉も飄々としてタフだがcoldsweats01)。

 

 叔母と従姉は私の自慢good

 彼女らがいなかったら、今、こうして いろんなきれいなものを愛する自分・そして、人が何と言おうと好きなものは好き!と言える自分はいなかったかも・というほど、とても感謝しているのです。ははは。

014 

  実は現在 bearingひどい手あれで、こうしてキーボードを叩くのもよちよち状態なんだけど、頑張ってひと針ひと針刺すぞぉpunch

 

 

 ああ・待ち遠しい!

どんな出会いがあるかなぁheart02

 

  手仕事って 尊い。

  

 学生の時、尊敬する教授(当時は助教授)がおっしゃったのです。

「手は、頭より偉いよ。」って。

 先生の挽き物の仕事の様子も、砥ぎの仕事の様子も、何とも神々しくって、呼吸をするのも気が張りました。穏やかで優しい物腰だったけど。

 

 アシリ・レラ先生はどんな方かなぁ。

 アイヌ刺繍って、どんなものなのかなぁ(立派なものなら目にすることもあるけれど、初心者用ってどんなものか見たことないです)lovely

<画像は、先日の蚤の市で、末っ子のために拵えて貰ったカンガルーの飴細工shine>

|

« 台風一過に | トップページ | こ・こんなに・・・ »

くらしのこと」カテゴリの記事

コメント

なんでもやってみようと思う気持ちって尊いですよね。
自分はと言えば、気力体力の関係で「お金で解決」に頼ってしまうことが多いのですが・・・(^^;

粋を集めたような職人技はすばらしいものですけれど、それだけでなく、自分のものを自分でするおばあちゃんの手技的な素朴な仕事にとても惹かれます。技を極められない凡人の負け惜しみかもしれませんが(汗)

投稿: 茶ノ葉 | 2009年10月10日 (土) 12時51分

茶ノ葉さまjapanesetea

 こんにちは!

 いやぁ、主人から「…家の中の片づけは?」と目で訴えられてるんですけど、他のことばっかりしたくなりますわ!試験勉強の前に机片付けて、仕舞にお部屋の模様替えまでやり始める、現実逃避学生でしたしcoldsweats01


 どんなことも、やり始めは泣いてばっかりになるけれど、試してみるって・きっと大切なことですよね。失敗したら、またそれを生かすことを考えてみたり…。

 私、「用の美」って言葉がすごく好きなんです!人の手で作って、人の手で使って、できていくものっていいです~~heart01

 お蚕さんのために桑を育てて、木を切って 糸を引く道具を作って、機を組んで、反物を包む紙を梳いて、針を作って…着物一枚にかかるものって、果てしなくあるんだなぁ・って思うと、「私にも、何かできる部分がありそう!」って気がしてくるんです。単純です(笑

投稿: ゆん | 2009年10月10日 (土) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/31726936

この記事へのトラックバック一覧です: アイヌ刺繍。:

« 台風一過に | トップページ | こ・こんなに・・・ »