« この大雨で | トップページ | …夏休み。 »

浴衣の着方体験教室(長ッ!)。

 先週になりますか…、毎年恒例・地元中学生女子に、「浴衣を着てみましょう。」という緩い教室を体験していただきました。

 巨大な風呂敷包みと姿身を抱えて、行ってまいりましたよsweat01

 自前の方も多いのですが、「お母さん、ちゃんと見てくれとらんかった!!」…という、当日、現場にて発覚する子供浴衣でつんつるてん!!(つけ紐が・腰ひもじゃなくて、胸紐状態!)…というのも珍しくはないので、余分に持っていくのです。

 

 ほんとに、人に教えるってことは自分の勉強になるものだと思います。

 今どきの中学生っていうと・なんだか怖そ~~なんですが、この辺は ど田舎なので、せいぜいお行儀と言葉が悪い程度で、至っておぼこいです(笑

 

 ですが、あまりに態度が悪かったり・無意味なほどの知ったかぶりをする子には、おばちゃんビームimpactをかまします。

「この帯、だっせ~からイヤ!黒いのがよかった!!」との叫びに飛んでいく私。

「どれが だっせ~帯なん?」。

「こ~~れ!」。…見れば博多風のウールのオレンジ色の帯(確かにちょっと…)。

「…で?どれが〆たい帯なん?」

「これ~~~。」(私が持ってきた中の、黒地に薔薇のポリ帯)。

「…浴衣、何色?」

「黒!だから、黒い帯の方が合う!」

「残念でした~。着物のときは、同系色ばっかりだと’だっせ~’だよ。喪服じゃないからね。大体、浴衣なんだから、さりげな~く・すずしそ~に。下駄の鼻緒の色も考えておいてね。」。

「え~?」

「同じ色だけど、これなら絹で すずしそうに見えない?(私の献上の半幅)」

「きぬ?」

「…シルク。」

「え~?シルクshineって、高いんやろ~??それ貸して~!」

「高い・安いより、滑らなくて使いよいの。でも、そのウールの帯も、普段着には可愛いよnotes

「え~?普段の帯なんか浴衣にできん!(侮蔑の笑い)」

「…。浴衣は、普段着の下の着物です。極端な言い方すると・寝巻の上。」

「…寝巻よりは上でよかった!」。

 宇宙と交信してるみたいだった。

 

 事前に、「腰ひも2本・伊達締めは持参!」と連絡していたのですが、

「ダテジメなんて、うちにない!」というお嬢さん・約壱名。

「…おうちに着物はないの?」と聞くと、「山ほどある!」。

「…じゃあ、必ずあります。とりあえず、これ どうぞ。」。

(うちの村では、小学校の入学式は、母親たちは成人式張りの着物で出るのが常sweat02

 

 要するに、彼女たちの母親世代というのが 既に、腰ひもだの伊達〆だのを 自分で出すことができないんでしょうね。

着付けをする業者の方の苦労が偲ばれますcoldsweats01大忘れ・ってのあるんだろうな~~sweat01

 

 でもね、とにかく一生懸命着ようとしてくれるんです。

呑み込みのいい子も、そうでない子も、皆、何とか着ようとしている。

 帰国子女が一人参加していたのですが、その子が一番熱心でした。

旨くは着られなかったけれど、「自分で着たい!」という気持ちがあふれていて、とっても可愛かったshine

 

 一度で、理解してもらおうと思っているんじゃないんです。

 着られるようになって帰りなさい!…というんじゃないんです。

 ただ、心のどこかに、「なんとなく、着られた。」という気持ちを持っていってほしいんです。

 何かの拍子に、「キモノは自分で着られるものらしかった。」と思い出してほしい。

 成人式の着付けの際に、「自分できた浴衣は苦しくなかったなぁ。」ってね。

 

 着終わって、記念写真を撮ることになったので、

「皆さん!肩をやさしく落として!すこ~し、からだをななめにして、涼しい顔してくださいね~!」…と言ったら、皆揃って笑顔で 顎を引いて、はにかんで笑っていましたwink

 可愛いなぁheart02

 

 撮影後、一斉に 脱ぎ始めたので、たたみ方(たて膝で畳もうとする子に おばちゃんビームimpact)と下駄の履き方の話をして、無事終了。

 

 そこへ、一人の女の子が寄ってきて、

「この浴衣、お気に入りなんheart01」・と。

見れば、ここ数年 よく見る、白地にピンクのバラ尽くしの綿紅梅(帯とセット。帯締め付き)。

「そう。お家の方に作ってもらったの?」

「違うよ。買ってもらったん。着物屋さんで!すっごく高かったん!」。

着物って、買う・じゃなくて、作るっていうんだよ…という話をしようと思ったけれど、なんとなく・言葉が出なかった。

 その浴衣の値段は私にはわからないけど、彼女の「高い」がどのくらいなのかも私には見当つかないけれど、嬉しそうな笑顔はとても可愛かった。

 そして、その浴衣が、あまりいい生地ではないことも、シルクスクリーンの印刷なことも、ミシン縫いなことも、「多分・あの店だろうな」と想像がつくあたりも、少しやるせなかった。

001  

 少女と娘のはざまに立つ彼女たち。

うっとうしい前髪をスキッと上げて、かわいらしさの残る、藍の香りが残るような浴衣を着て、細い足首に ちょっと重そうな下駄をつっかけてたら、どんなにかわいいだろう。

 けばけばしい黒い花柄の浴衣ではなく、「お母さんの娘時分の浴衣」を着せたら、きっと心の中では嬉しいだろうな。

 

 

 その朝、「今年の水着と浴衣・20%off!!」・・という広告を見たのです。

 使い捨ての浴衣。

壱度かそこらしか そでを通さずに終わる、「今年の」浴衣。

 それは、とてももったいないことだと思う。

 (画像の着物、捨てると聞いて、慌てて引き取らせていただいたのですが、まだお手入れしていないのです。 皺だらけですみません!!)

|

« この大雨で | トップページ | …夏休み。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

このところ「めまいのするよーな」話題と
現実に、ちとウチヒシガレておりますが、
こういうお話を聞くと、かわいいですねぇ。
今よっ今なのよっ、今、いろいろと
しってほしいのよっ!

それにしてもあの「セットもの」っての
なんとかなりませんかねぇ。
レストランのメニューだって
「セット」ってのは、メインがすこしずつ
削られていて、ほかにくっつく
おかざりみたいなものでごまかされて、
それであの値段なんだってこと、
わかるのにねぇ。
「吟味」するってことの楽しさを
わかってほしいと思います。
なんにしても「せんせ」お疲れ様でした。

投稿: とんぼ | 2009年7月29日 (水) 16時09分

女性の着物って、ホントに面倒臭いですね。
そこ行くと男は簡単。
浴衣なんざァ襦袢いらないから、尚簡単!
でもねぇ~、肌襦袢ぐらい着ろよ!丸首のTシャツなんぞ着てンじゃねぇヨ!あんまりツンツルテンも、格好良くねぇぞっ!
って、乱暴な言葉使い失礼しました。
31日は協会揃って、1日は端唄の会揃って浴衣を着ます。みっともなくない様、気を付けますです、ハイ。

投稿: kikuryu | 2009年7月29日 (水) 16時24分

ご無沙汰です。すみません、蚕さんの影におびえてお邪魔できませんでした(半分冗談)
着付け教室、お疲れ様でした。

今時の浴衣について、
ちょうど昨日職場の方と話題になったところです。
娘さん(20代)が、あるパーティーで浴衣着用となったそうです。
その方が着ていったのは、昔ながらの藍染めの浴衣で、
数年前仕立てたものでした。
帰宅するなり
「こんな紺色の地味な浴衣、誰も着ていなかった!
みんな、きれいな色なのよ。
○○さん(まとめ役、30代)はすごくきれいな色の浴衣で
『これ、××で△△円(安い)!』って言ってた。
そんななら、毎年流行の浴衣買ったほうがいいわ」

流行の色が浴衣にあるとか、藍色が地味とか、
お話しされた方も私も「???」で。
藍色は日本人を一番美しく見せる色だと思うんですけれどねぇ。
白や藍色に浮かぶほんのり上気した白い肌って、すっごく色っぽいのに。

私の住む新興住宅地のお祭り、今年は10名以上のおくられびと(左前)の小中学生が
いました。あ、親子連れもいたわ。直したかった~~~。

投稿: ウメ | 2009年7月29日 (水) 16時47分

良いお話、読ませていただいて
ありがとうございます。
良い先生に出会えて子供たちも幸せでしたね♪~

投稿: うまこ | 2009年7月29日 (水) 23時02分

わあ~~、お疲れ様でした!!
可愛いですけど大変だったでしょうねえ・・・。
ややこしいお年頃ですね、子どもって程には子供じゃない。

でもその頃に着物・浴衣に縁があるかどうかは、あとあとに影響しますよね、きっと。

10年後にほんわか思い出して、自分で着てくれるといいんですが・・・。無理か?!

良いお話でした。ホッコリしました^^
ありがとう~~

投稿: おつう | 2009年7月30日 (木) 00時03分

とんぼさまrain

 おはようございます!今朝もよく降っておりまして、全身カビが生えそうです~wobbly

 そうなんです!「セット」もの! 
 昨年までは やる気のなかったお嬢さん、今年は自分のための浴衣を用意してもらってご機嫌で頑張ってくれました。
 で、最後に「これ・何につかうんですか?」って。すんごい鬼しぼ状態の、おっそろしく短い、ドまっ黄のポリの帯揚げもどきなんです。
 つい、「ああ・それは不要なものでしょうね~。帯に飾るみたい。暑そうだし、やめといたら?」と答えてしまいました。

 浴衣と帯は、シックな色合いなのに、なんで突然あの黄色?あのしぼ?でした。
 そんなものいらんから、浴衣の内容に「絞って」下さい・なんちゃって…。 

投稿: ゆん | 2009年7月30日 (木) 08時50分

kikuryuさまwave

 おはようございます!

 男衆の浴衣姿…heart04ついさっきまで、ヨレた「ただのおっちゃん」だった方が、突然「人生の深み」オーラを醸してしまう…それが着物マジックでしょう!
 ただし…「ツキノワグマ丸首」と、「バカボン状態のウエスト位置の帯」、「つんつるてんで裾ラッパ」なのは…萎えますよね…。

 着なれた方々のそろいの浴衣姿、静かな迫力が感じられます。舞台の木の香りがしそうです…lovely

 その様子、ぜひ!!ブログを楽しみにしておりますm(_ _)m

投稿: ゆん | 2009年7月30日 (木) 09時17分

ウメさまshine

 お久しゅうございます~~!!お蚕さんネタは、とりあえず「自由研究のまとめ」として 後日改めてup予定でおります!
 その際は、「名指し(笑)」で注意を促しますので・どうぞよろしく…coldsweats01

 もうご覧になりましたか、「おくられ」びと!私は今期は まだです(笑)。

 難しいんですよね、「今どきの浴衣」って。
 先日、「綿紅梅の真っ赤な地色に、沢山のウサギがはねてる」浴衣・寸法は大人でも大きすぎかな?…というのがあったんです。

 「これ、どんな人を対象にしたものなんだろう」って。私には難しいんです。色柄は子供向け。でも、大人のサイズ。
 きっと、若いお姉さんたちには、ただ「あ・かわいい~heart02」なんですよね。難しいことを考えないから、柄とお値段で選べる。

 数こなさないと お洒落も身につかないんでしょうけど、提供されてる弾がどうなのか・っていう不安要素はあります(わ!えらそ~run)。
 でも!まず・着てほしいですね!

投稿: ゆん | 2009年7月30日 (木) 09時37分

うまこさまpenguin

 おはようございます!コメントありがとうございます~~happy01

 私、着物が好きで着ているうちに、ネットを含めて、こうしてたくさんの方々に出会えて たくさんのことを教えていただいて、本当に運がいいと思うんです。

 だから、一人でも二人でもいい・誰かにお返ししていかないと~~。できるだけ、身近なところで、直接お話しして…と。

 でも、押し付けず・野放しにせず・というさじ加減って難しいですthink勉強になります。

 だれか一人でも「ああ・たのしかった~heart04」って気持ちを持ち帰ってくれていたら嬉しいんですけどcoldsweats01

投稿: ゆん | 2009年7月30日 (木) 09時46分

おつうさまcute

 おはようございま~す!今日も おべべ汚されてますか~?(笑

 このお年頃って、親の話は素直に聞けないですよね。反抗しないとアイデンティティーにかかわる(笑
 でも、ほんとは大人に話を聞いてほしい。
 そこで登場するのが「その辺のおばちゃん」ですな!(関西系ならいうことなし?)
 何かの拍子に、「おばちゃん」と「浴衣」をセットで思い出して・着物道に…shine。ないってsweat01

で・実は、大変なのは帰宅してからなんですじゃ~sweat01山のような洗濯物!なれないことして 大汗かいた浴衣達の始末…。しかも、この空模様では、洗っても乾かない!ジーザス!

 梅雨明けが待ち遠しいです…。

投稿: ゆん | 2009年7月30日 (木) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/30744276

この記事へのトラックバック一覧です: 浴衣の着方体験教室(長ッ!)。:

« この大雨で | トップページ | …夏休み。 »