« 既に…。 | トップページ | 早くやらんか! »

天才画家 Tと 子供の図画工作

 私が好きな画家に、(仮名)という人がいます。

 彼女の最新作は、母方の祖父母に当てた絵手紙です。

 

 彼女は学生なのですが、通う学校では、毎年「絵手紙教室」なるものが開かれ、

「描きたい」ものを自由に持ちより、それぞれの思いを込めて描き、自ら彫った印を打ちます。なかなかいいならわしです。

 

 彼女の今年の画材は「飛騨カボチャ」でした。

彼女の母親が、よそ様から頂き、そのあまりの皮の硬さに、「今度、おじいちゃんにマサカリででも 割ってもらおっと。」…と、お勝手の隅に置きっ放しにしておいたものです。

 

 「あたし、今年はこれだと思うんよね。」(芸術家のひらめき)。

 「…重いと思うけど…?」(母親の優しさと、わが子のカイショのなさを知っての進言)。

 「いいの。これ持って がっこ行く。これを描きたい。風呂敷に包んでψ(`∇´)ψ」。

 

 長い道のりを、カボチャをくるんだ風呂敷を抱えて下っていく 年頃の娘。

 

 で、絵手紙の先生に 「をを~~~~~。」…という評価をいただいて帰ってきたのが、こちら。

005

 T画伯の素晴らしいところshineは、いくつになっても「キャンバス内に収める」ということを学ばないことです。

このはがきを受け取ったジジババが、はたして これが「かぼちゃ」だと理解するかどうかは 別として、画伯がこのカボチャの色の涼やかさを伝えたかったことはよくわかると思います(親バカモードimpactフルスロットル)。

006  …ちょっとお蚕さんの顔にも似てる(笑

なんというか、ず~~っと子供の目線って忘れないでいたいものですね。

 先日、七宝焼き教室に参加した時、年配の男性が数名いらして「お!素敵だな。」と思っていたら、にわかに「剣岳 点の記」の映画を酷評し始めたんです。

「CGを使ってないから、ちょっと物足りない」だの、「原作は素晴らしいのに、脚本が悪かった」だのと。

 私は残念ながら 朝野忠信さまのご雄姿を拝んでいないのですが(苦手な女優さんが出てることもあってお尻あがんなかったsweat01)、まあ・なんというか、「annoy」と。

 で、肝心の七宝焼きは・というと、頭ばっかでっかいもんで、心と手がばらばらなんだ・これがcrying

 初めてなのに、やってみたことないのに、「うまく作らなきゃ恥ずかしい」と思ってる。

やってもやっても飲み込めない。やればやるほど深みにはまる。カナシイ。

好きなものを顔料に変えて、台にのっけてみるだけなのに。

 「あ。やっと切りついたかな?真っ赤な井桁模様か。」…と思いましたら、

「うまくいかん!赤とんぼなんぞ、毎年見とるのに!!」。…ああ、余計なこと言わなくてよかった\(;゚∇゚)/

 

 カボチャなら、カボチャ。うまく描いたカボチャじゃなくて、ただカボチャ。

 それが、わけのわからない色眼鏡をかけてしまって、硬そうなハヤト瓜になっちゃったりして、大人は切ないのです。とほほdown

 

 顔料を乗せすぎて、何度も割れてしまった末っ子。

 そのつど 額に汗ふきだしながら、「自分が乗せたい この色」を乗せ直して、皆がお片付けしてる頃に、大好きな色のブローチを完成させましたshine

  

 何年も絵筆を握っていないけど、何だかとっても絵が描きたくなってきた。

 割り箸ペンから 始めようかなnotes

|

« 既に…。 | トップページ | 早くやらんか! »

こどものこと」カテゴリの記事

コメント

判るなあ・・・。
小手先で描く事ばっかり上手くなっても、年とともに心の目が曇ってゆくお年頃でございます;;
近年一番うまく描けたのは、ケンかばっかりしている子供らに、いかに醜いものであるか伝えようと本人達に描いてやったスケッチでした。
心からお前達はこんなにもうっとおしいのだよ!!というメッセージがこめられた一作でした(笑
怒りながら立ったままクレパスで描きなぐったもの

上手いね、と言われたい気持ちが入ってしまうと、もうだめですね・・・。

子供の絵には敵いません。
見たままに素直に描く、ってのが大人には一番難しい。
わたしも絵が描きたくなりました^^

素敵なカボチャをありがとうございました、とお伝え下さいね。

投稿: おつう | 2009年7月22日 (水) 14時22分

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/painter/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/painter/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
RBX34xoT

投稿: sirube | 2009年7月22日 (水) 17時07分

おつうさまchick
 こんにちは~~downたった今、とんぼさんちで「うにばーす」の艶姿見て、脱力してしまった私です ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

 ゴテゴテ浴衣ぐらいで気を失ってる場合じゃなかったんですね…。ほんと、「日本のおなごはお尻が軽い」などという腹立たしい報道を裏打ちしてどうする!って感じ。
 あ・着物の記事じゃありませんでしたね(汗

 その、感情の赴くままにクレパスを走らせたという力作、拝見したいものです!!笑いすぎて汗かいちゃったとですよ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

 カボチャの力作に続いて画伯が持ち込んだのは「社会を明るくする運動」の作文の手直し…。画伯の作文を元に、画伯と私で草稿を練り、担任がまた校正するそうです…。
夏休み前(明日が終業式)なのに、なんだか「宿題のラストスパート」みたいな気分。

 私は、子供の宿題には 一切手を貸さない主義なのに!!賞なんて、ガッコの見栄だろうが~~!!作文ごときで社会が明るくなるのか~~?

 …でも、締め切りは明日なので…やります。

投稿: ゆん | 2009年7月23日 (木) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/30649654

この記事へのトラックバック一覧です: 天才画家 Tと 子供の図画工作:

« 既に…。 | トップページ | 早くやらんか! »