« 今日のお蚕さん その弐 | トップページ | 今日のお蚕さん その参 »

ご縁が

…ありそうな日だ。

…と思ったので、珍しく出かけました。

もう、畑に植えるものは 一休みの筈なのに、ホームセンターへ。

005

金魚の一匹も買って帰ろう。

な~んて、ほんとはウサギの観察に行ったんですよ。

次女の「うさぎは?」コールにうんざり。だって・かれこれ壱年近く 云い続けてるんです。

「…世話せんかったら、爺ちゃんが食ってしもうぞ?」…と、(半分以上 本気)爺さま。

「どうせ お母ちゃんの仕事増やすだけやないか!」…と、父。

「うさぎは 結構 臭うぞ。」…と、実家で 食用うさぎを飼っていた婆。

「もっちゃんも おてつだいするからだいじょーぶ!」…と、なんの根拠もなく 力強く援護射撃する末っ子。

「あたしは、関係ないからね。」…と、あまり生き物に興味のない長女。

 私はと言えば、「ま、一仕事増えるくらいは いいけどね。卵も産まんのに・なんだけど。かわいいからいいけどね~~~。」…と心の中でつぶやいてみる。

 何事も縁、というわけです。

 うさぎのコーナーに、穏やかそうな女性が 長~~い毛のウサギを抱いていました。

なんとなくお互いに親近感を覚え 言葉を交わすうちに・商談成立。

 彼女は、今日、里親探しサイトから うさぎをひきとった所。

しかして、どうしても、一生のご縁を感じることができない。困った。

やはり、顔を見て選ぶべきだった!!と、今、このお店で出会ったウサギに一目ぼれ。

 

 私はと言えば、縁が一番大事なもの。ここでこの人と言葉を交わしたのは まさしくご縁。

「顔は見なくてもわかります。そのウサギ、ぜひ譲って下さい。」。

001

新しく気の合いそうなお友達ができた上、うさぎさんまでやってきた…。

(ちなみに、その方も、ニワトリやら合鴨【田んぼ用】やらを飼っていて、やはりなんとなく同じ匂いのする人種でした)

飼い主が引越しのため、飼えなくなったという うさぎ。

某、有名なNPOから 引き取ったということでした(私もそのサイトは何度ものぞいてました)。

ありがたや。うちに来るためにそういう流れがあったのでしょう!

002 まだまだ挙動不審ではありますが、ここが 終の棲家と分かるまで、気長に話しかけていこうと思っています。

 ふふふ。

私も次女も望んでいた 垂れ耳ウサギ。

 本当は もう少しオレンジ色が強いです。

まだ、名無しさん。性別不詳。

乳草食べて 元気になってね。

 

 ほんとは 鶉小屋にするはずの建物ですからね。どうするかな。

004 愛におぼれて、こんな風に 偉そうなほどの自信を身につけて頂戴ね。

あ・金魚も 一匹買ってきたんですよ。

なんだか、私にそっくりの、もっちりとした金魚…。

これも、お店で他の金魚につつかれていて、「あ~あ。」って。

 …早く、夏物の着物・運んできなさい。

|

« 今日のお蚕さん その弐 | トップページ | 今日のお蚕さん その参 »

くらしのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/29910484

この記事へのトラックバック一覧です: ご縁が:

« 今日のお蚕さん その弐 | トップページ | 今日のお蚕さん その参 »