« 連休中の行事といえば。 | トップページ | 離れていくなあ…。 »

終わるのね、連休。

 ゴールデンshineウィーク。きらきら週間。

…は、長女の体調不良から スタートrun

連休前から 風邪かな~・なんて言ってたら、28日の夜から一気に高熱が!

 様子を見てたら、翌日には 全身に発疹spa

 

食欲もないし、これはいつもと様子が違う~~!幸いにして、木曜は かかりつけのセンセの担当日hospital

 

大学病院へGOrvcardash

 脱水も進んでるし、点滴しとこか~・って 皆でのんきに構えてたのに、血液検査の結果を見て センセもimpact

慌てて 抗生剤を追加!

 

 いわゆる容漣菌(あ。漢字違う?)感染でした。

こんなに大きくなってかかると かえって重症化するのか?長女の体内が住み心地いいのか?

 

とりあえず、入院はしなくて済んだものの、翌日も 点滴にhospital

 

で、当然 携帯の電源を切っておりまして、すべてがすんで、やれやれ…と 駐車場に向かう途中に 「note梅は咲いたか」が…(着メロっスsweat02)。

 

主人からのコールでしたが、その前に小学校から二回のコールがあった模様。

 「…というわけで、俺が 縞(次女)を迎えに行ってきたから、後頼むわ。」。ほへ~~down

 2時に帰宅して、踵を返し、今度は次女を病院へ。(…ちなみに末っ子も長女から感染し、鼻から菌が入って中耳炎~~impactで、その日、大学病院の耳鼻科にかかってました。)

「連休でよかった!とにかく寝てろィ!!」…と申し渡し、夕方の畑へ向かった私でした。

048_3

 …玉の緒を切り落としに来た死神…じゃなくって!

毎朝毎朝、ひとり、集落営農の育苗場で灌水する ひたむきな農婦Yさんの影ですがな。

気を張りますね・・・。責任重し。

枯らしたら どうしよう…。田植えまでに 大きくならなかったら なんとしよう…sweat02

 

 毎朝二時間、黙々と水をまきます。

で、心の底から感じました。

全国の「早苗」さんとその親御さん、ごめんなさい。

私は、子供のころ、「早苗」という名を「ナンかぱっとしない名前」だと思っておりました。

ヰセキ農機のコマーシャルなんかのイメージのせいかもしれないけど…。

 

苗は、毎日毎日 budすくすくと伸びているんです。目に見えて。

水を受けては きらきらと輝いて、風を受けては さやさやとそよいで、なんともかわいらしく、頼もしい。

 親なら、こんな風に わが子に育ってほしいと願うだろう・という姿です。

 

早苗・という名は 本当に 親の愛情が籠っているのだと、ようやく分かったワタクシは ありとあらゆる 名前に込められた親の愛・というものを知って 胸が痛くなるのでした。

 

ありがとう。

営農のお仕事 させてもらえてよかった~~。

058_3  …って、毎朝 感激してる割には、「もう…疲れた…。お昼ごはん作るの嫌になった…down」…などと、情けない気持ちになった、五月のお昼前。

 

義父と三男は 「薪ストーブ設置に向けて」、家の裏山を削る作業に、主人と次男は「鶏小屋新築」shine作業に・と、皆大忙し。

 長男の嫁としては こういうときに 「おッ!」といわれるような お昼ごはんをふるまいたいところなんですが、子供三匹の病院通いと、田畑の作業、イヌ・カメ・イノシシ・トリなどのお世話…と、連日の宴会にぐったりdown

 

そんな半分つぶれた目に飛びこんできたのは、昨夜、タケノコのあく抜きのために 引っ張り出してきた ダルマストーブの雄姿shine

 こ、これや!今日のお昼はこれしかない!!!

とっとと火をおこし、冷蔵庫に残った あらゆる「焼いておいしそうなもの」をかき集め、「はい・ビール!beer」!もう・完璧!!

 だらだら食いな イタリアン(内容じゃなくて、時間の掛け方が・です)昼ごはん~~restaurant

 065_4 誰かが、「さ~て・そろそろ・・・。」って腰を上げようとしたら、その背後で《プシッdash》。

「いや~・開けてしもたんか~~!なら、飲まにゃ罰が当たるのう!!」とかなんとかで、「おッ!お前ばっかし吞んどらんか?」・《プシッdash》。

ぁぁ、今日の作業は終わったも同然…down

 そこへ、帰省した孫を抱えて、だらしないまでにとろける笑顔の 知り合いのおっさん 登場。

「おう!イノシシ見せてくれんか~?孫が、見たことないもんでよ!(だろうさ・普通…coldsweats01)」

「おう!どんだけでも 見てかっしゃい!今日は暑いのう!どや!」…で《プシッdash》。

 本日の作業・終了。(その、指しゃぶってる孫が運転するのか?)

ま、お休みだしね。飲みたかろう。(その晩、主人の通風再発coldsweats01

043_4 おかげさまで こっこ達は 元気いっぱいです。

黒こっこに、「え~ィ・うっとおしい!」とつつかれても へっちゃらな 白ちびこっこたち。

「うるっさいな~~。」という顔をしつつも、寒い日や夜には、ちびたちを集めて 温めてやる白こっこ。

彼らの新居は、結局 連休中には完成を見ず、大工たちは、営農の草刈後に、即 栓を抜いてしまっている。

 

 

 そういえば、この連休中に、また生き物が増えましてね。

081 5月4日は実家の春祭りなんですが・・・。

次女が、金魚すくいをやりましてね。

黒でめやら、おなかぽてぽての まだらきんぎょやら、7匹ほど取ってきや・・・いや、きましてね。

 あくる5日に、納屋から水槽を引っ張り出し、その足でホームセンターに走って ろ過機を買い…。

 ああ、また増えたのね、なんてため息の一つもこぼしながら、それでもかわいい様子を眺めております。

 問題は、玄関にはカメとトカゲがいて、その他のお部屋には 水気を置きたくなく、要するに金魚鉢の置き場がない!!ということ。

 やむなく 車庫の 私の農作業具置き場に並べておりますsweat01

 キツネや狸、はたまたどこぞの猫など、危険がいっぱいなので、しっかりと策を取らねば…think

 

そうそう。実家のお祭りなんですが、流鏑馬ばかりが拡大視されがちなんですよね。

ほんとは、五穀豊穣を願った牛乗り式とか、珍しい神事がいっぱいあるのですが。

079_3 わたしたち この村の子は、馬を身近に感じて育ちました。

 昔の子供の遊び場と言えば、お宮さんかお寺さん・または畑・でしたから。

御宮さんに遊びに行って 厩舎を覗き、おんまさんに飼葉を食べさせたり、と突然 いな鳴かれて 慌てたり。

 参道に差し掛かると 自転車を降りて、引いて歩きました。だれに教わるでもなく、そういうものでした。

お利口さんじゃなくって、遊びの一つとして、よくお宮さんの掃き掃除をしました。

 すると、かんのっさんのおわちゃん(神主さんのおばちゃん)が、私の母に「ゆんちゃんはいい子やね。きっと将来いいことあるよ。」と言祝いでくれました。

 その奥さんも数年前に亡くなられて、今ではこうして お祭りと一緒に思い出すくらいです。

 

とりあえず、今日で連休も おしまい。

この雨も 明日には上がって、また水やりから 朝が始まるかな。

060_3

 でも、家族そろって過ごせたし、親の顔も見られたし、いい休日でした。

 

…なんて、実は午前中、体調を崩した義父を救急病院に運んだ・という落ちがあったんだけど…sweat02

 う~ん。

健康第一sign03

|

« 連休中の行事といえば。 | トップページ | 離れていくなあ…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

連休、お疲れ様でした。
我が家は予定していた、連休中日のイベントがつぶれ、
急遽、私の実家滞在となりました。
去年母が鬱病と診断され、今は元気なものの
病気の性格上、再発もあり得るわけで、
この一年は様子を見ていたいということもあるのです。
母のため、というより私の安心のためですね。
私の実家ばかりで悪いなぁ、と思いつつも、夫の理解を得てそういうことになりました。
高齢の祖母に娘達を会わせ、前はごちそうになっていたのになぁと思いつつも、おさんどんを任されていた連休でした。

投稿: ウメ | 2009年5月 6日 (水) 21時10分

ウメさまrain

 おはようございます!コメントありがとうございます~cat

 お母様、心配ですね。
 
 お互い、これから どんどん周りの「大人」が老いていって、忙しかったり さびしかったり…が増えますね。
 私の実母は乳がんの手術後、大事にしすぎの傾向が見られて、姉とふたりで「かえって 体に悪いから、今までどおりに動きなさい!」って喝を入れてます(苦笑
 「受け入れる」ということができない人で、心の病も多々抱えているんですが、意外と図太いので(笑)とりあえず、体の心配をしています。
 
 父の肩を もんでて びっくり!なんて肩幅が小さくなったんだろう・って。背広も なんだか しわが寄ってるんです。

 子供たちが大きくなった分、親が小さくなっているんですね。

 

投稿: ゆん | 2009年5月 7日 (木) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/29464893

この記事へのトラックバック一覧です: 終わるのね、連休。:

« 連休中の行事といえば。 | トップページ | 離れていくなあ…。 »