« ほ・本日は | トップページ | かめ。 »

的中!

 そう。末っ子は、間違いなく私の子。

 お調子もので、以外と本番に弱い この私の…。

007

 とりあえず、衣装は身につけての 道行姿でしたが、ご覧のとおりの腐った様…shock

朝もハヨから 張り切りすぎて、午後三時の時点でやる気も血糖値もdown

 御宮様では 全く回さず、しかも祝詞をあげている間に 主人の膝で眠ってしまうという素晴らしさbomb

 穴を掘ってでも入りたい・という母の気持ちをよそに、学校から飛んで帰った姉たち・いとこたちの顔を見つけて 初めて 気持が上向いたそうです…sweat01

010  でもでも・ありがたいことに、何もせずとも・小さいのは立ってるだけで娯楽になるという 皆さんの温かい励ましと御花に支えられ、先輩の獅子打ちに おんぶにだっこで御宮様を後にしました。

 011  

 ほんとは お獅子について歩いて 見て回りたいけど(皆・そうして見て歩きます)、私は ご膳の支度があるし、なんといっても、私の顔を見て ぼんさんが甘えてはいけないので、そ~~っと二階の窓から見送りました…coldsweats01

 今年は例年にない、おびただしいほどの桜吹雪でした…。

 階段を 駆け上がっているのは、お獅子好きで ひそかに名の知れた叔母さん。おとなしい方なんですが、お獅子への執念はアツいものを感じさせますrun

 この息子さんが笛の名手だったりして、血の絆というものを垣間見る思いです。

001

 長女 激写camera

己の失態を恥じつつ、まだ素直になれない 幼心の妙を見事にとらえた一枚(笑

 すでに被り物は先輩の頭上にワープ。

来年は フル装備で回せるか?

014 先輩の指導を受けつつ 何とか型を始めるの図。

ぁぁ、二人ともかわいいheart04

何で、子供って着物着せると こんなに おぼこくなってしまうの?(「おぼこい」って 関西弁か。富山弁だと「わらびしい」。)

 うちの集落は二人獅子です。

でもって、この獅子の幕ってのが、昔のもので、かなり重いそう。

でも、「よその獅子みたいに、光が当たると 中が透けて見えるようじゃかっこ悪ィthink」そうで、男の意地で、両手広げて回してます(口上の間などは写真のように、仲間が持ってあげるのです)。

028

 

…かわいい後ろ頭と、これまたかわいい一つ年上のいとこ。

 彼もまた、獅子狂いの爺ちゃんの血を受けて、太鼓の音を聞くと じっとしていられないクチです(彼の兄たちも然り…。)。

 離れたところから 心配そ~~~に見つめる 口上係(笑。

 見たかったなあ。

どんなふうに踊っていたのかなぁ。

057

昔のお母ちゃんたちは 今よりずっと 多くのお客さんの世話があったはずだから、自分の息子(長男限定)が 獅子打ちに選ばれても、なかなか見ることができなかった・と思います。

自宅が獅子宿に当たれば いやでも見られるかと思うけど、そうなったらそうなったで、獅子が終わった後の大宴会bottleの支度もあるから さらに大仕事。

 今と違って、獅子舞への情熱と厳しさは ものすごかったそうだから、息子の失態はすなわち「嫁いびり」の原因になったろうな~~sweat01

 私は こうして 写真を通して 見ることができて幸せだなclover

今年は しょぼかったかもしれないけど、一所懸命、皆について歩いたから、自信もついたんじゃないかな。

029

 そのうち、どうにもならなくなって、ここも保存会に変わったら、母ちゃんも笛吹きに混ぜてもらうね。

 皆で お獅子回したり、田んぼしたりして、先細りの山里なりに、前向きにやっていこうrock

 …そうじゃないなぁ。集落の規模が小さくなっても、昔だってこんな時もあったろう・って 常に今を受け入れて、できることをやっていけばいいんだよね。

 

 おっぱい飲んで、おっきなおしめして、ただ かわいいアカンボだったのが 5つになったら 自分の背丈ほどの御幣握りしめて 踊ってるんだから。

 051

  …こんな温かい、見守るまなざしを注がれて暮らせる子供は幸せだと思いますconfident

 獅子打ちさせてもらえてよかったねheart04

 来年は こんな風に踊れるかな?

048

まだちょっと無理かな?

 

 ずっとこの獅子舞が続けられますように。

 …と、 〆ようと ふと顔をあげたら・窓の外に・カモシカ…。

068

|

« ほ・本日は | トップページ | かめ。 »

こどものこと」カテゴリの記事

コメント

おぉ春めかしい春めかしい!
こうやって大事なことは、
受け継がれてゆくのですね。
でびぅは「もぉ、ちかりた~」であっても
やがては「お兄ちゃんがもってやるから」
なんて、後輩たちを助けるようになって…
そしてそれが、ずっと続いていくと
いいですね。

この町も、きっと昔は何かあったはず。
でも、何も残っていません。
この土地、鎌倉道といって、かの時代に
鎌倉にはせ参じる時に、この地方の
武士たちが通った道があるんですよ。
たどれば、探せば、いろいろと
歴史のかくれたものがあるんですが。


投稿: とんぼ | 2009年4月17日 (金) 00時41分

かわいいかわいい!!
いいですねえ~~
ほんとおぼこいホッペと後頭部・・・
赤いたすきが凛々しいです。
いいなあ・・・

獅子の幕が素敵で、釘づけになっちゃいました。
木綿か麻の染めものですよね?
かっこいい~~
ポリカーポネートの幕じゃ格好つかないですよね。

こんな獅子舞がもしうちの地域にもあったら、
かっこつけの長男はぜったいやりたがると思うんですが、「俺もやる!!」と言い張る真似っこ次男をどう説得すればいいんでしょうか(笑
長男限定ってのが子供には判んないでしょうね~

来年も楽しみですね。
坊ちゃんお疲れ様でした!!

投稿: おつう | 2009年4月17日 (金) 08時28分

とんぼさまaries

 こんばんは!コメントありがとうございます。

 我が家の獅子打ちが、「お兄ちゃんが持ってやるから…。」なんて言える日が来るといいんですが・・・。今現在、うちの集落で、彼より年下の人・というのは、影も形もないんですよcrying

 若夫婦自体、存在していないんです!!とほほ…sweat02

 でも、人が人らしく生きる・という波が戻ってくるかもしれないという希望も少しは抱いています。その時まで 皆で踏ん張っていこう!なんて…。
 一度 途切れてしまうと 取り返すのは難しいですものね。
 笛を覚えて、少しでも長く伝えていけるようにしたいです。


 「鎌倉」に似ているから・と「時頼公」が名づけたのが この集落の地名だそうです。自作の像というのも大切に祭られています。
 いろいろな伝説もあって、なかなか面白いところなんです。
 私は、この村がとても好きです。

投稿: ゆん | 2009年4月17日 (金) 21時40分

おつうさまchick

 うふふhappy02かわいいでしょ?

 今時 珍しいほどの大きな頭の日本人である末っ子は、やはり着物が似合います!!

 ほんと、日本の赤(朱)は美しいですね!!襷も獅子の牡丹も・生きてる!!って感じの赤ですね。

 この幕はごっつい木綿で、目も積んでいて かなりの重厚感です。
色も落ち着いて、新調しては?という声も上がるそうですが、どうも質感や色合いが今一つで、やっぱりこのまま…となっているようです。

 幕の上げ下げで、お獅子が眠っている様子を表すものがあるのですが、いいですよ~~heart04真っ赤な牡丹が揺れて、一層華やかに見えるんです。

 「長男限定」なんて、正に「死語の世界」ですね。今じゃ、獅子打ちを女の子がしたりする「超少子化時代」ですから。


 「子供は、自分の食べる分をその手に握って生まれてくる。心配せんでも何とかなるもんや・」と私の父がよく言いました。
 日本中の若い人たちに、そう言いたい!大丈夫だから!子供は授かりもんだから!って。

 …でも、おつうさんちの5年後のエンゲル係数はやっぱりすごそうですね~~smile
 

投稿: ゆん | 2009年4月17日 (金) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/29142838

この記事へのトラックバック一覧です: 的中!:

« ほ・本日は | トップページ | かめ。 »