« 春なので。 | トップページ | 咲いてました。 »

好きな色・など。

私は紫星人です。

次は、茶色と緑色。

 山に住んで12年。今・ついさっき気づいたんですけど、ちょうど、「早春の山」の色なんですね~~!!

011 国語の教科書に出ていた、大岡信さんの桜染の話。

 志村ふくみさんの、桜の皮で染める…というお話でした。

この話を読んだとき、私はすごく胸がせつなくなったのでした。

私は、ずっと(…って、当時小学生だから、もっともっと幼い時に当たります)、花ざかりの桜より、つぼみが膨らんで、木全体が紫色に染まる時の方が好きでした。

 そして、その時期の桜の木の皮でないと、桜の色に染めることができないと知ったとき、私はどわっと泣きました(授業に参加してないことが丸わかり~~sweat01)。

 そうか!あの、桜の木の紫色は 命をいっぱいためこんで、木が燃えてる色なんだ!!…って。

 

 今、私の住まう山は、そんな紫色に染まっています。

「紫嵐」…って言いましたっけ?

春の、山の精気・気が満ちて立ち上り、湧き上がる、そんな紫です。

 そして、冬の間にぺしゃんこになった草木の乾いた茶色。その足元にのぞき始める小さな緑の芽。

012

 見えるものなのか、感じられるものなのか…。

  

 この気配のただなかにいる私には、その別はわかりませんが、この画像をご覧になった方は感じられるでしょうか?山の「気」。

早春限定でございますbud

004

…でもって、今日は大変寒いのです。

「木綿始めちゃったし…。」なんて意地張ってる場合じゃないのです!

 今日はウールariesに逆戻りsweat01

 先代のおばあちゃんのウールです。すっごい張りです。あずき色…でしょうか、細かいオリエンタルな柄で、大好きなんです…が、いくつか蟲のえさになったようで、裏に当て布して だましだまし着ています~~down

どうしようもなくなるまで着倒す!

で、結局、上っ張り着るから、いつも同じもの着ててもわからんな…。

008

えへっcoldsweats01

やっぱり 上っ張り大好きnote

(義母にはもっと赤いもん羽織れ!って言われてますsweat02

でも、そろそろ袷の引っ張りは重たいな…。

かわいいぼろ着を一つ潰して、単の引っ張りにしなければ…(単のは、藍木綿ばかりなのです。まあ、どしても野良着が中心になる時期なので、それでも何とかなってるからなんですが。)。

016

足元に視線を落とすと、ほんと・春って感じですね。

フキノトウも立派になりました(このころの茎を佃煮にするとおいしいです)。

細かい虫も飛び始めましたし(た・袂にカメムシが~~!!)、日向の草花は盛りを迎えようとしています。

(…下駄の鼻緒・しめなおしたい…。)

022

センナ。

わさびの花です。

こんな、つぼみのころが美味しいです。

真っ白な小さな花が束になって開きます。

とてもきれいな花です。

025  

 うちの真裏は、かような壁面なんですが、こうして、いろいろな草木が生えて、目を楽しませてくれます。

 毎年、この辺一帯にびっしり咲く、水仙。この春はどうかな。たくさん花を見せてくれるかな~。

 もう少し上に上がったところにはカタクリが群生しています。今年はなんでも早いので、きっともう咲き始めているんじゃないかしらん。見に行ってこよう(一度は片栗粉を…と狙っている)。

 私は、意匠化された花柄の着物は時々着ますが、花の姿を「描き写した」ようなものは手持ちの記憶がございません。

(唐花が好きなせいもあるのかな?)

 でも、この頃少し素直になってきたらしく(他人事?)、お花お花した着物も着てみたいな~・なんて思います。

着てみたい花の着物をつらつらと思い浮かべてみると…。

 蓮…。法会じゃあるまいし…。

 彼岸花…。これも予選落ち…。

 木蓮…。時期が短いのう。

 吾亦紅…。「花」って感じからはちっとばかし遠いか?

 桔梗…。素敵。つぼみを割って遊びました!ごめんなさい!!

 芥子…。茎のちくちくはなんだけど、大好きだな…。

 茄子の花…。あの濃い紫が上品!!

 エンド豆の花…。じっと見てると顔になってくるんだな。好き。

 烏瓜の花!大好き!!独特の白と言い、回ってる風車のような花と言い!!

 うん。烏瓜の花や蔓を描いたきもの・着てみたいな~~~heart04

 昔住んでた借家に、よく烏瓜の蔦が這って、それをつないで「白鳥の王子ごっこ」してました。「チョッキ」作るの。それを白鳥になった王子たちに着せると 魔法が解けて 人間の姿に戻れるって(近くにイラクサ系の植物もあったけど、痛いのはさすがに嫌だったから、烏瓜で代用。)。

究極の一人遊びですな。黙々と繋いで編んで、山にしてました。

 026

これも見立て遊びの一つかも。

こういう、木にできたこぶを切り取って、ちょっと加工して、お祭りや盆踊りのとき、「蜘蛛助」に変身するのです。

…うちの義父が…sweat02

 蓑着て、き~~ったないほっかむりして、これまた****に見立てた木の枝なんかを「腰」にぶら下げたりして 背中丸めて踊るの。怪しいことこの上なし!大人って、キタナイ!!(笑)

 

 春になると、「くすんだ金色」をどこかにつけたくなります。

  何かへの期待感の表れ・でしょうか。

|

« 春なので。 | トップページ | 咲いてました。 »

きもののこと」カテゴリの記事

コメント

私、大学生になるまでカメムシの存在を知らず、
「カメムシがいるの知らなくって、洗濯物畳んじゃった。最悪~」だの、
「部屋にカメムシが入って、くさくって~」
だのと新しい友人たちが言うので知った次第。
で、とうとう私の洗濯物にもカメムシらしきものが付いた!
くさい…か?そうでもないけどなぁ。
違う虫かしら。と思っていたんです。

去年、はたと気づきました。
カメムシのにおい=蓼や香菜(コリアンダー)の香り!!
私、コリアンダーがだ~い好きheart01なんです。
だから不快じゃないんですね~。
上の娘もコリアンダー好き。カメムシは大丈夫だと思います。

そうそう、先日「おばあちゃんの原宿」に行ってきました。
大福信者と豆大福信者の我が家の、極楽です。

投稿: ウメ | 2009年3月23日 (月) 14時47分

ウメさまbud
 こんばんは~!コメントありがとうございます。

 私は、この山に嫁ぐまで、「カメムシ」体験がなかったんです。
 で、それより先に、アジア各国で「パクチー」食べまくってましたdeliciousだから、ウメさん同様「これがカメムシ臭」とわからなかった。不快じゃなかったんです。
 慣れてくると・なんか違うんです…。明らかに不快なんです。しつこいんです。もっと厚ぼったいにほひなんです…down
義妹(フィリピーナ)も云ってます。「コリアンダとは違うね・お姉さん!クサイね!私・夜眠れないことあるねannoy」って(笑)
で、主人と義弟は「同じニオイじゃ!料理に入れるな!!」って。

 恐怖体験を一つ。
新妻だった私が、ある雨の日、傘を開いたら、大量のカメムシが降ってきました…。彼らは、カーテンの襞や傘の中で寄合をするんです…。

投稿: ゆん | 2009年3月23日 (月) 19時02分

ウメ様japanesetea

 カメムシばっかりで大事なことを書き忘れてしまいました!!

 行かれたんですね・・・。私の憧れの地、「ババさの原宿」…。うっとり…shine
 浅草界隈で和小物買い込んで、とげぬき地蔵で甘味におぼれるのが私の夢です…crying

投稿: ゆん | 2009年3月23日 (月) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/28760730

この記事へのトラックバック一覧です: 好きな色・など。:

« 春なので。 | トップページ | 咲いてました。 »