« 10日ぶり(位)に | トップページ | 雪が・・・ »

節分。

「明日はバイトがお休み!あれしてこれして・・・。」

・・・と、いろいろ段取りしながら、夕食の席についたとたん、

「おかあちゃん。もっちゃん・おなかいっぱい・・・」というが早いか、とっさに出した私の掌に「見事にリターンshock」をかました末っ子。

 働きまくりはずの休日は、なぜかうれしそうな末っ子と差し向かいで「てれびくん」の付録を作る、なんともだらだらな火曜日となりました。

002_2

私の宝物「60色クーピーshine」で、レスキューヒーローの塗り絵に打ち興じる末っ子。

 この向かいに座って、私は、戦隊モノの「何たらソード」を作っておりました(しかも、後でその刀で切られる役まで…annoy)。

 夕方には、「戦隊ヒーロー・さめてもおいしいお弁当カレー」を見つけ出して食べるという有様。

 本当に「おなかの風邪」引いてたのか?(でも、普通の母親は前夜に嘔吐した子供にカレーを食べさせたりはしないと思います。)

005

そんなアンニュイな昼下がり、主人の奈良の友人から、このような贈り物が届きました。

 やる気があるのかないのかわからない、素敵なプレゼントの数々shine

 個人的には怖いもの見たさで、「せんとくんひとつくらい混ざっててもよかったのだが・・・。」。

 でも、ほんとに入ってたら、怖くて捨てることもできないと思います。

でも、判官びいきな日本人、せんとくんのファンも多くいると報道していたから面白いです。

で、何を血迷ったのか、私はこのような漫画を読んで大笑いしておりました。

004

 ・・・わかりますね?

マージャンはよくわかりませんが(子供のころ、実父に仕込まれたがすっかり忘れました。)、それでも面白い。

「し、しまった!笑っちゃった!」というような。

で、今日は節分でした。

010

おでんやら何やらで、ガスがふさがっていたので、地道~~に、ストーブで豆を炒る私。

ちなみに、隣のやかんは7人分のゆたんぽのためにお湯をわかしているのです。これまた地道・・・。

ジャッキジャッキと豆を炒りまして、いつもの一合桝が見当たらないと、子供たちに言い訳をして、菓子器で許してもらいまして、

014 「鬼は~~・そと!」

「福は~~・そと!」。ちが~う!末っ子・減点annoy

玄関から、仏間から、豆の音。

いつまで、こうして豆まきしてくれるかなぁ。

犬たち、大喜びで豆を食す。

子供たち「あ~!いくつ食べたかわからん!数えなおし!」。そりゃ・ずるだろう。

節分なので、私はひそかに用意していたお菓子をだしてきて、食後のお茶を楽しみました。

016

京都のお菓子はかわいいのう。

きな粉が大好きな私は、すはまもウレシイheart04

ニッキ味がおいしかったです。

 なんだか福パワーが丹田の辺りに居座っているような・・・rock

 もうひとつは、「喜今日」という、石川のお菓子。

015

縁起がよさそうな名前でいいでしょ?

おいしいですよ~。小豆の力がみなぎってて。

…豆もまかんannoy

そんなこんなで、大切な休日は過ぎていきました。

でもね、なんといっても今日も着物で過ごすことができたから、本当に嬉しかったんですconfident

 本当の春が来たら、まず、こっこの小屋を大掃除したいな。

いや、それよりも畑を起こして・早めに何か植えたいな。

 でもでも、やっぱり、薄い・明るい色の着物を楽しみたいかな・まず。

 春は名のみの・・・note

だけど、それでも、やっぱり気持ちが明るくなりますね。もう一息だ・って。

春が来たら、またへたくそな鶯の声に噴きだしてしまうんだろうな。

ふきのとうに食べ飽きたころに、センナ(わさびのつぼみ)が採れて。

たらの芽に蕨にぜんまいに、こごみに・・・と、あっという間に春を抜けていく。

003

生きているって、それだけで、贅沢だ。

子供たちの「ごちそーさま~。」が聞けて、本当に嬉しかった。

|

« 10日ぶり(位)に | トップページ | 雪が・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。お仕事、頑張ってらっしゃいますね。
我が家の5歳の娘も、玄関先で豆まきをしてくれました。
「ね、ね、お母さんも一緒に!さんハイ、鬼は~外~」と・・・。
我が家で足りなくて両隣のお宅に小走りで駆けて行き
「オバチャン、鬼は外ってしてもいい?」と声をかけていました。
「いいよ~」と言われてすっかり気をよくした娘は、両隣の玄関先でもセッセと豆撒き。
お陰様で我が家と両隣の3軒は、庭先が豆だらけです。
「これでもう大丈夫!鬼、来ない!!」と、
どうやら娘は、本気で鬼が怖かったようです。
幼い声で精一杯の「鬼は外」、いつまで聞かせてくれるでしょうか。
何だか、その声を聞いているだけで「福」が来たような、幸せな気分になりました。

投稿: 夢 | 2009年2月 4日 (水) 21時31分

夢さまbud

 お嬢さん、働き者ですね!(笑)
 コメントありがとうございます!

 「料理の基本も知らんね!」だの、「次の段取りしながら動きなさいよ!」だのとあきれられながら、使ってもらっておりますcrying

 子供の声っていいですね。一生懸命にしゃべってくれる。手抜きなし!ですものね~~coldsweats01

 夢さんのお嬢さんの「鬼は外」のかわいい声を聞いた鬼がニコニコしながら去っていく情景が浮かびましたnote

周り中の大きくなった人・みんなで小さい人を見守っていけたら、きっともっと「福」が来るでしょうね!

 暦の上では春ですね。ご家族そろって 素敵な春をお迎えくださいcherryblossom

投稿: ゆん | 2009年2月 4日 (水) 23時00分

豆を撒こうと玄関をあけて、ガッとつかみ「お」と言ったところで、気がついた、
斜めお向かいさんの家の前で、
男性二人が立ち話(双方イヌの散歩)
気配にふっと二人でこっちを見るんだもん
「お…に~ふぁんふんほぉんほぉん」
何言ったんだか…。つまんでパラパラ。
さぁ逃げるぞっと身構えてた鬼さんは、
「おいっそれだけかいっ」って、
スベったとおもう…鬼さんゴメンネ。
ま、福も鬼も同居で人生。
びんぼー神さんも、屋根の上常駐だしー。

投稿: とんぼ | 2009年2月 5日 (木) 20時58分

とんぼさまclover

 あ~ッはっはっはhappy02
「かいしょのない」豆まきになったんですね!!
でも、鬼って大体が負けず嫌い系なイメージがあって、火炎巻き上げて豆をまく様な人ンちには、「むぅannoyここは譲れん!」とかいいながら居座りそうじゃありませんか?
だから、とんぼさんの「あいまいな」掛け声聞いたら「こやつはとるに足らん!」とか言って、さっさとでてっちゃったかも!

 うちは、豆もまかんとお茶淹れて、節分菓子を楽しんでるような有様の私の背中に「あさってからダイエット。」って言う鬼が居座ってると思いますわ~crying

投稿: ゆん | 2009年2月 5日 (木) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/27752093

この記事へのトラックバック一覧です: 節分。:

« 10日ぶり(位)に | トップページ | 雪が・・・ »