« 明日で終わり~?! | トップページ | あッ!! »

三が日も過ぎましたけど

あけましておめでとうございますfuji

 拙ブログを訪れて下さる皆様、佳いお年をお迎えのことと存じます。

本年も、何とぞよろしくお願いいたしますshine

025

 元旦も雪でした。

 これは我が家の門松です。

大歳に、義父と長女が山に入って伐ってきた若松と竹に、千両を合わせてみました。

 無造作にくくりつけたところがいい感じですsweat01

この辺では、大みそかには、山のあちこちで車の放置が見られます。(よその)山に入って 若松を伐ってる人に他ならないのですcoldsweats01

 暮れから正月2日の冷え込みはかなりのものでしたpenguin

わさびを掘るのも、お魚さばくのも(ヒラマサだけじゃなくって、ガンドも戴いてしまった!)「お手手がチンチンする。」でした。

015

ぁ、あやしい写真になってしまいましたか。

 こちら、「越中のお正月のならわし」、天神はんです。

 ほんとは12月25日に飾らにゃいかんそうですが、な~んと大みそかの11時24分に完了しました!!あわあわsweat01

 富山だけの習慣だろうということは薄々気づいておりましたが、3日の晩「ケンミンショー」の特番で柴田理恵さんがこれについて話し、会場のどよめきを買っているのを見て、軽いショックをうけました。

 ああ、ごくごく当たり前に思っていたのに。天神はんのお軸の値段など、孫を持つまで知らなくてよいことだったのに…(そんなに高いのか!お父ちゃんお母ちゃんごめんね、老後の貯蓄を使わせて…crying)。

 これは、長男が生まれたとき、実家から贈られます。嫁ぎ先はド貧乏だったとかで、ご先祖(・・・たってせいぜい江戸の終わりからの話だろうけどさ)をさかのぼっても存在しません。

 実家には、弟が誕生した折、祖父(祖父母も私の両親も両もらいなので、我が家で支度しました)が浮かれて買い求めたものがあります。

実家は110年にわたって男の子が生まれず、遠縁からの養子縁組で「家を絶やさず」に来ていたので、弟が生まれた時の大騒ぎはものすごいものでした!!

 そして、婿取りに悩まされずにすむこととなった姉と私(当時11歳と9歳)は 心の底から彼を愛しく思ったものですcoldsweats01幼い時から祖父母に「どっちかが継げ~・必ず継げ~。」とマントラのように聞かされてましたからね!

 そんなこともあってか、私の天神はんへの想いは根深いものがあります。

毎年、暮方の冷え切った仏間に 一人籠ってお軸を掛け替え、雪洞をともし、鼻水が垂れて来るまで ぼんやりと眺めているのです。

 雪の静けさの中で、湿気を帯びて冷え込む除夜の過ごし方です。

004

この暮は段取りが悪く、残念ながら二年詣りはかないませんでした。

 年が明けて二時間ほどして、おせちの支度も整い、八幡様に詣でました。

雪持ちの榊と灯篭。

だ~~れもいない静寂の境内です。

 でも、いろんな気配が充満していて、「ああ、今年も守って下さるんだなぁ。」と実感します。

007

 し~んとしてるけど、耳の中で「ジャックジャック」と静寂の音が響いている。

 この感じが、「ああ、お正月だな・・・。」って、いつも思うのです。

 小さな小さな御宮様です。

 数年前にお賽銭箱を用意したのですが、長年の習慣で、みんな、畳に投げ入れてます(笑)。だれも盗ってきやしないし。神社・仏閣から窃盗すると「無間地獄」に落されるって、子供のころ聞きました。

010

こういう様子を見ていると 加賀見さんの語りで、

「ずいぶんと失われてしまった日本の原風景…。この山には、それが息づいています…。」

 なんてのが聞こえてきます(笑)

 帰宅して、神さん棚と仏壇にお参りして、何とも味わい深い年明けをむかえたワタクシ。

 日が昇ると、真っ先に義父に新年のご挨拶をし、その足で獣たちの朝ごはん。

「あけましておめでとうさん。」と猪たちにあいさつしたのですが、彼らは私の手元のえさ桶にしか用がありませんannoy

 こッこたちは、それなりに愛想をしてくれました。やっぱりかわいいわheart02

 10時には、主人は御宮様の年頭に出掛、お昼には総勢15~6人がなだれ込んでの新年会です。

 今年もこうしておせちの用意もさせてもらって、みんな揃ってお正月を祝えて嬉しい。

みんながお茶の間で盛り上がってるとき、私はひたすらお勝手に詰めてるわけですが、そんなときに ふっと脳裏をよぎるのが、元旦の母の様子です。

 黄八風の引っ張りに、真っ白のかっぽう着。下に来ている着物は大概ウールでした。

 大みそか、忙しい合間を縫ってセットに出かけたおめかしの髪型で(おぼろ昆布をテープにしたような着け毛が好きだったらしい)ちょっと振り返って、「ああ、ゆんちゃん、おめでとうさん。」と。

完徹でしんどかろうに、必ず笑顔で祝ってくれます。

「手ぇあいてたら、祝箸にみんなの名前書いてくれるか?」って添えるのです。

今じゃ、私が「お母ちゃん」してるんだな~snow

023_2

いいでしょ?赤ベこぽち袋note発条付きで首を振るのだ!

ほんとは「赤ベこ」を飾りたいと思っていたんですが、なかなかいいのに巡り合えなくて断念bearing

 さびしいな~・と思っていたら、大みそかにこんな贈り物が届きました!

017

手すき和紙のポスターカレンダーshine

黒部の「いしだや」という呉服屋さんからです~heart02

すてきですよ~notes

 うれしいな~。着物一枚作ったことのない私にも、こんな贈り物presentを下さるなんて!

不景気だというときこそ、こういう志が気持ちいいですねcrown

030 一通り、お料理も出して、一息つこうと表に出ました。

また、雪が降ってきて、何とも「夢千代日記」的な切ない美しさの八幡宮。

 そういえば…と、炭焼き小屋の様子も見に行きました。

031

五箇山じゃありませんよ~snow

モノクロ写真でもありませんよ~!天然色(死語)ですからね~!!

 何のカンのと、お開きになったのは2日まで30分・というところ。

ぁあ・・・流石に眠い…という状態の私。

032

 「お母ちゃん、そんなクマshockひどい顔、ブログにアップするの?」とは、おしゃれに厳しくなってきた長女の弁(やかましわannoy)。

 確かによれよれ…crying

新年 一発目から取り留めのない日記で失礼いたしましたrun

こんな調子ではございますが、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

024

「おたふくさん」

(画と注連飾り・長女による)

|

« 明日で終わり~?! | トップページ | あッ!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新年 あけまして おめでとうございます。
旧年中は、大変お世話になりました。
本年も、どうぞ、よろしくお願い致します。

しかし、いつもながらに、自然に囲まれた生活が垣間見られて、
なんとなく心安らぐような、ゆんさんと自然のハーモニーですね。
もっとも、最初の門松の画像だけは、一瞬クリスマスツリーかと、
思いましたけどね!(笑)

とりあえず、人間の皆様は無事にお正月を迎えられたようで、
誠に、おめでとうございます。
元旦から15~6人のお客様の接待も大変でしたね!
どうぞ、お体に気をつけられての、この一年を乗り切ってください。
私への愛も(笑)、どうぞ、よろしくお願い致します。

それにしても、ゆんさんちの周りの自然を撮影した画像は、
NHKの「ゆく年くる年」を見る思いで、ステキです!

投稿: 萬屋千兵衛 | 2009年1月 4日 (日) 17時14分

何度目かの?おめでとうさんどす。

私は町場生まれ・育ち、なのですけれど、
加賀美さんのナレーションつき風画像を見ると、
なんというか「気持ちがおさまるところに
おさまる」って言いますか、落ち着くんですね。
つまりは、やっぱり緑とか、土とか、
そして「神さん」の御座所とか…、
それが日本人の原風景だと思うんです。
神話の時代からたくさんの神さんの守りの中で
生きてきたっていう気がするんですよね。
正月らしい雰囲気もない今の暮らしだけど、
「古代米」を飾った神棚は、やっぱり
凛としてさわやかです。ありがとうさんどした。
穏やかに、過ぎる年でありますように。
今年もよろしくお願い致します。

投稿: とんぼ | 2009年1月 4日 (日) 17時47分

萬屋千兵衛さまfuji
 あけましておめでとうございます!
本年も宜しくお願い致します。

 …って、「メル友」千様からの「あけおめ!ことよろ!」mailtoを三が日ずっと待っておりましたのに(爆)。
 お話があさってに行きますけど、知り合い(30代後半)からの年賀状、「マジで」、「あけおめ ことよろ」って印刷してありました。こんなの、上司にも出しちゃうんでしょうか?世も末ですcoldsweats02

 門松、恐ろしく大胆でしょう?鳥居にくくる笹もこんな感じで誠に「ここじゃ!ここですじゃ!!」って、神さんに訴えてる感じですよ(笑)

 千様、どうぞ事故やけがのない一年でありますよう、心よりご祈念いたします。よい年になりますよう。

投稿: ゆん | 2009年1月 5日 (月) 06時57分

とんぼさまfuji
 ほんとに、いったい何度目?の「あけましておめでとうございますhappy01」です。何度言っても気持ちのいい響きですshine

 日本の建造物の「しゃきっとまっすぐ」と、「ところどころの柔らかさや質感」は、言葉にならない心地よさで包んでくれると古い建物を見るたび思います。両親が、幼い私を神社仏閣に連れまわしてくれたのですが、それがなかったら、今、この山暮らしを心地よいと思う心は育ちにくかったかも?とも思います。
 木や紙でできた建物は、日本人の心を元に戻してくれると思います。でも、もう、そんな木が生えてないんですよねぇsweat01

 とんぼさんも どうぞ健康で穏やかな一年をお過ごしください。本年もどうぞよろしくお願いいたしますconfident

投稿: ゆん | 2009年1月 5日 (月) 07時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/26792367

この記事へのトラックバック一覧です: 三が日も過ぎましたけど:

« 明日で終わり~?! | トップページ | あッ!! »