« 冬支度・山積ナリ** | トップページ | 義父とその友人から… »

降り始めましたよ***

 夕方から、みぞれが雪に変わりましたsnow

005

あらら・すごいブレブレ写真wobbly

と・とにかくですね、こんな降り始めから小一時間で…

018 屋根がこんなに。

家の中まで 耳の奥が静かになったような空気に変わります。

静かです。

 年の瀬だという実感がわいてきます。雪って、大好きです。

 今日は、実家に行ってきました。

商売用のお餅つきのお手伝いです(・・・って、私は大したことしないんだな・これが!)。

実家は、麹味噌を地道に手作りしているのです。でもって、甘酒やのし餅なども、この時期は作ります。冬場は忙しくなるのです。

 店構えもない、普通の家。ただ、奥に、〆縄で祀られた室や 大きな味噌釜がありまして、それで大量にもち米を蒸します(麹の時はお米ですが)。

 今では 残念ながら杵ではついていないのです。若い男性の助けがないので、餅つき機で、試行錯誤しながら、杵つきに近いものを目指しているという…weep

 で、今日は、こののし餅を持ち帰り、押切も借りてきて、手前で「ころもち(凍り餅・かきもち)」を編むことに…sweat02

002

 今までは、両親がすべてしてくれていましたが、今年は、暮から年明けまで、母の体のことで慌しいので、手わけです。

 …というより、これから先、ずっとこうして私と姉がなんとかしていくことになるのだと思います。

 姉と二人になったとき、彼女がポツンといいました。

「あたしさ、親が死ぬ・なんてことになったらものすごく取り乱すもんだと思うとったんよね。なのに、こうして、母ちゃんの病気がわかっても、不思議なほど穏やかでいられる。本人が元気にしててくれるせいもあるけど、何より、支え(子供)がいて、この先までずっとやっていかなあかんことがあると思うから 耐えられるんかなあ…。」

 私も同じ思いでした。

 母が命にかかわる病を抱えている。今のところ、初期ということになっているけれど、開いてみないとわからないこともあるかと思う。

 でも、治る・治らないにかかわらず、私たちはなぜか今、幸せに会話をしている。

今までで一番、心を開いて過ごしていると思う。

 母がこの先、どんな風になっていくとしても、私たちは、自分達にできることで支えていくだけ。

 そして、母からもらった命をつないでいく。

 

 ずっとずっと顔を見て、話していたい、生きていてほしい。

 でも、いつかはみんなどこかへ帰って行かなくちゃならない。

 

 その時が来ても、父にも母にも、舅にも、思いを込めて、送りだしたい。

そういう人に、私はなりたいと思う。

 012

雪が積もっても、山茶花はいい香りを放っています。

 足元に落ちている夥しい数の花が、雪に隠れてきました。

この花を咲かせるために、この木は一体どれだけの力を溜めこんでいるんだろう。

寒くなったので、今夜は、ゆんさん名物「ふろふきあんばやし」にしました~~~~spa

要は、いい加減な料理の極みです!風呂吹き大根とあんばやしを同時に楽しんでしまえ~~~!!!というもので。

015

はっはっはっはcoldsweats01

 大根だけだと、子供たちがちょっと詰まんない。

 我が家はみんな・こんにゃくが大好きなので、いっしょくたにしてしまったのでした。

 ネギが多すぎる「ねぎみそ」でいただきますdelicious

 お出しは 昆布だけ。ねぎ味噌を入れてる焼酎カップの下に敷いてます。

美味しいんだ、これ。プロが見たら「においが移る!」って怒るんだろうな~sweat01

013

此方は、「虫だし」中の天然ヒラタケです。

バター焼きにでもするかな。

水分が多いので、煮物にすることが多いのですが、味噌バター焼きもいいですよ。

 こちら、お正月用に・と戴いた干し柿です。

毎年下さるのですが、今年は、おばあちゃんが倒れて、体が少し不自由になってしまったので、本当にありがたいものとなりました。

007

何をお返ししようかな。

「おけそくのお礼だちゃ~。」なんて言ってらしたけど、どう考えても戴きっぱなしなんだ・私。

ああ、本当に暮れなんだなあ・・・。

 外はますます静けさを増して、見るのがおそろしくなってきましたよ。

…ここで、爆弾発言を一発。

  実は私、まだ年賀状を書いていません。ほんとのこというと、年賀状を買いに行ってもいないのです。

 来年分は、170枚書くことになっています。

 …うふふ。

|

« 冬支度・山積ナリ** | トップページ | 義父とその友人から… »

くらしのこと」カテゴリの記事

コメント

山茶花は、まるでクリスマスツリーみたい。
我が家の山茶花は、去年バーッサりと
剪定してしまったので、今年はほぼお休み。

お母様のこと、ご心配ですね。
でもへんな言い方ですがこういうことがあると
家族であらためて存在を強く感じたり、
いとおしさに気づいたりするものですね。
二人の娘がしっかりやってくれて、
お母様も安心して、病気と闘えるはずです。
ご快癒を祈っています。

投稿: とんぼ | 2008年12月22日 (月) 23時28分

とんぼさまpresent
 おはようございます。

 きれいでしょ~heart山茶花!幹の肌ざわりといい、とても好きな木です。

 ご心配いただいて、本当にありがとうございます。
 母は、今は声をたてて笑うほどに落ち着いているので、きっと体内でナチュラルキラー細胞が湧いてて、「ガの字」をやっつけてくれてるに違いない!って思います(笑)。

 私と姉は正反対の(見た目も!なんであんなに細いんじゃ!!)人なんです。今は、「それだから、できることを出し合えばちょうどいいね。」と気がついて、「うまくできてるもんだな~!」って感心(笑)しています。

 ほんと、こういう時だからこそ、気がついて、感謝できることって多いんですね。無駄なことってないんですね。

 とんぼさんも、何かと気がかりが多い(時節柄 心配ごとも多いですし)と思いますが、何よりご自愛ください。

 ああ、今日がお誕生日birthdayの天上人も 気苦労多そうですね!
 誰もが、心穏やかな冬を迎えてほしいと思います。(…っていってる自分が、実はすごく焦ってるんですよ!自業自得!はよ書かんかい!)

投稿: ゆん | 2008年12月23日 (火) 06時55分

兄弟、姉妹の有難さと言うのは、年を重ねてから分かるものかもしれませんね。
私は兄弟が無いので、親の事は全て私が引き受けなければなりません。
しかも、育った環境がかなりややこしくて、養女に出されたり引き戻されたりしているうちに、戸籍上のつながりがどうなっているのか分からなくなってしまいました。
主人との入籍の際に、通常なら数分で終わる手続きに、何と7時間かかりました。
係りの方が必死で私のルーツを確認してくださって、ようやく入籍手続きが終わったときには、市役所業務が終了して15分を経過していました。
係りの方が「コレで戸籍もすっかり整理されましたよ。良かったですね。こういう方もいらっしゃることを知り、とても良い勉強になりました。」と言ってくださって、不覚にも窓口で泣いてしまったことを思い出します。
そうした中で、たとえ戸籍がどうあれ親子であることは事実ですし、母には私しか居ませんので、覚悟はしているつもりです。
でも、実際に「その時」を迎えたら、どこまで冷静に務められるのか・・・自信はありません。
けれど誰でも通る道ですから、、きっと私にも越えられるのだろうと思います。
あ・・・想像すると、イヤですね。
私も母も病弱で、毎度ドキドキさせられますが、長生きしてくれると信じています。
長々と失礼しました。お母様が健やかでありますように。

投稿: 夢 | 2008年12月24日 (水) 09時53分

夢さまxmas

 こんにちはhappy01いつもコメントありがとうございますconfident

 夢さん、私などには想像もつかないほどの御苦労があるのですね。
 こうして、ブログを通して様々な方のお話を聞くにつけ、人って本当にいろいろなものを胸に収めて歩いておられるんだ・と痛感します。

 そして、必ず思うのは、大変な思いをされた方は、やさしくて、どこかせつなくて、人の痛みがわかる人なのだということです。
 大切な話を聞かせてくださってありがとうございます。
 きっと、戸籍の窓口の方もいい方だったのでしょうね(みんなそうだといいんですけどthink

 母のこと、心配してくださってありがとうございますheart01夢さんと、夢さんのお母様のご健康を心からお祈りしています。

 素敵なクリスマスをお過ごしくださいxmas

投稿: ゆん | 2008年12月24日 (水) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/26407905

この記事へのトラックバック一覧です: 降り始めましたよ***:

« 冬支度・山積ナリ** | トップページ | 義父とその友人から… »