« 昨日のこと | トップページ | またまた寒くなりました~(><) »

ヘイ!タクスィ~~~!

 常日頃、お世話になっている千様こと、萬屋千兵衛さまshine

タクシードライバーへと、華麗な転身をなさいます。

 で、その影響をもろに受けて、中島悟著「タクシードライバーほど面白い商売はない」という本を読んでいる途中なんですが(ついつい別の本も挟んでしまい、いまだ完読に至らず!)、つくづく、私のような 「運転に不向きで、しかも人見知り!」な者からすると

「う~~~~~~ん。深い!こんなにも、一度にいろんなことをせにゃならんとは…!」と、関心するばかりなんです。

 でも、ふと振り返ると、「そりゃ、日本のタクシーだからだろうな。」と思った次第。

 私の生活圏では、タクシーとは、「呼ぶモノ」。ハイヤーのように遠い。

 で、私のタクシーに関する思い出というと、ほとんどが異国の地でのものです。

 ワイハーshineでは、新米タクシードライバーに、笑って 「いや~、迷子になっちゃって!」と告げたら、「あ・そう!実はおれも、昨日ワイキキに来たばかりだから、さっきからしょっちゅう迷ってるんだ!Hahahahahahahahahaha~~~happy02」 …と冷や汗をかかされ、

インドネシアheart04では、「メーター使ってよ!」と告げると、現地語で「壊れた。」ととぼけられそうになり(インドネシア語は少しわかるので)大ゲンカをし、

タイlovelyでは「昼飯、一緒にどう?」と誘われたのを「あんたが払ってくれるならね~!」と断ると、ほんとに楽しい屋台に連れて行かれ、しかもタクシー代もただとなり…。

 

 いま思えば、見知らぬ土地で、若いお姉ちゃんがふらふらと しかも、やさしい運転とは決して言えないタクシーや船に乗って歩いたなんてshocksweat02親不孝でした。ごめんなさい!!

 

 まあ、私が美しく生まれなかったことは、この時ばかりは運がよかったのだと思うわけですね。

 さらわれて、手足切られて、トランクに入れて客に運ばれる…という話も耳にしました。

 船に乗ったら、飲み物サービスがあって、その後の記憶と お金がなくって…とか。

 

 数年前、神戸に行ったとき、とっても紳士的なドライバーのタクシーに乗せてもらいました。 で、青信号の交差点に差し掛かった時、左から猛スピードのクーペが突っ込んできまして、あわや!!と。

 若い人でした。二人で楽しそうに走り去りました。

 ドライバーの紳士は、「お客さんの命を預かってますからね、ただでさえ気ィ張ってるのに、最近の若いもんは信号も法律もへったくれもないのがほんとに多くて、世も末ですよ。」と怒りをあらわにしておられました。

 

  その時、私は初めて、「法治国家」というものを意識したような気がしました。

 規りを守るのが当たり前だと思っていました。世の中は、そういうものだと。

 でも、そうじゃない人がいる。そうじゃない人が増えている。

   法律は、約束は、守る人がいなければ何の効力も・ない。

 真夏の神戸で、ものすごく冷たい汗をかきました。

 

 末っ子は、旅行が大好きです。

ご多分にもれず、乗り物が大好きな男の子。中でも、タクシーが大好きです(何と贅沢な!!)。

普段、八尾で時々みかける程度の大好きな車に、お母ちゃんと並んで乗っていられる(普段は私が運転してますからね~)のですから、お大尽気分ですわ。

 都会の大きな駅前で、山ほど並んだタクシーの行灯を指さして、「あ~!せんすのかたち~~!あっちはひょうたん~~!」などと、喜々として叫んでおります(人ゴミが苦手な長女はぐったり、町中にあふれるきれいなものに弱い次女は お店に入りたくて目がランランと…)。

 私にとって、タクシーというのは、「非日常」とか、「ちょっと贅沢note」とか、いうなれば 旅行に直結した存在です。海老チリのような・・・。

 

 

   人生最大のぜいたく気分は、とある国の山ん中で乗せてもらったタクシー。

               象さんheart04ですわ。

 いいもんでしたねえ。揺れ具合といい、高さといい。「ドライバー」の兄ちゃんがくゆらす「はっぱ」の香りといい…。

Cocolog_oekaki_2008_12_12_14_35

 あれ以上のタクシーにはそうそう乗れますまい。

安全性にしてもピカイチですよ。だって道路がなくたって平気なんだも~~ん!対向車なんて滅多にいないし!

 すっごい傾斜もなんのその~!滝に添うように 上り・下るのですわ。

 象さんに連れられて、たどり着いた山村で、なぜか求めずにいられなかった チベッタンの青ざめたような曼陀羅は、今、此処の仏間にかけられております。

 

 今のところ、来年の夏は 横浜方面を訪ねる予定でおりますから、さぞかし楽しいタクシーに乗ることができるのでは…と楽しみにしております。

 あ、でも、それまでに体重減らしておかないと、乗車拒否されるかも!!

 

 タクシーも、自家用車も、トラックも、耕運機も、みんな安全運転で まいりましょうpass

 

|

« 昨日のこと | トップページ | またまた寒くなりました~(><) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「はい!どうぞ♪
お足元に気をつけて、ご乗車願いま~す」♪

どう?
さまになってるかな?(笑)

いよいよ、クリスマスイブの日に、華麗にデビューするそうです。
ひとごとみたいだけど(笑)

先週から学ぶ事ばかりで、それはそれで楽しいんですが、
このまま、給料を貰いながらの生活でいたいです!(爆)
私、本当にタクシードライバーになれるんでしょうか?
自分でも、まだ、信じられない感じなの!(笑)

それにしても、ゆんさんの若い時の話を伺って、
へえ~。。。と、驚いてます。
結構、恐いもの知らずの、やんちゃな娘だったんですね?(笑)

投稿: 萬屋千兵衛 | 2008年12月13日 (土) 06時51分

千様note

 こんにちは!コメントありがとうございます!

 タクシードライバーって、本当にプロでなくては!っていうお仕事ですねぇ!(…って、重圧かけてます?)

 目・肩・腰にきそうですが、とにかく、休憩にはう~~んと背伸びをして、高い空を見上げて下さいませ…。


 いや~・自覚はなかったんですが、今 振り返ると「きかん」かったなぁ!と冷や汗ものの娘時分でした(苦笑)。まっすぐな髪をお尻まで伸ばして、布きれ巻いたようななりで、国籍不明でした(爆)。
 ハワイーは、鋳物屋の慰安旅行だったのに、私だけイミグレーションで足止めでしたもん!同行の爺様・婆様たちにすっごい心配掛けましたよ!「ゆんちゃん、牢屋に入れられるんじゃなかろか!」って(爆)!

 

投稿: ゆん | 2008年12月13日 (土) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/26129260

この記事へのトラックバック一覧です: ヘイ!タクスィ~~~!:

« 昨日のこと | トップページ | またまた寒くなりました~(><) »