« 11月らしい… | トップページ | 授業(BlogPet) »

すごく

消耗しました!!

001

明日は内職がお休みということのなりましたので、キャロルさんに着物を着せよう!

 …と思い、新婚当時、お気に入りだった小紋を引っ張り出しました。

 うう…。

絹を誰かに着せつけるって、こんなに大変なことだったのか!

 ああ、待って!肩から滑って行かないで~~sweat01

 ああ、回らないで・キャロルさん!!もたもたしてるからって、怒らないで~~sweat01

 自分の体なら、あ~してこ~して・どうにでも抑えてられるけど、人の体だとそうはいかないのね。知らなかったわ~~~wobbly

 なんだか・ものすごく消耗しました。心身共にimpact

009

 …この着物…。

多分、11年前に着たっきりだと思います。

 ああ、この裾まわしの色。

もう、似合いませんsweat01

 というか、この着物自体が、今の私には、照れくさい。かわいいもの。

 帯も、柔らかくてすっごく気に入っていて、大切に思っているものです。

 独身~新婚自分の私にとって、きものって、こういうものだった!

いま、きものっていうと…、ウールとか、木綿とか。ちょっとお出かけ着っていうと

お召か紬。

 ガサガサに荒れた自分の手が、なんだか気後れしてしまう一因ですsad

 ああ・縮緬に引っ掛かるのが心配!って感じ(笑)

黒繻子の帯なんて、ものすごく心配!

007

 でも、思えば私の母は、荒れた手と曲がってしまった指で、一生けん命着せつけてくれてた。

 振袖に着付けの時は、必ず手を合わせて「どうか・うまいこといきますように。」って願かけてから始めてました。(結納の朝は、特に気を張ってました!)

 がんばるぞ~~punch

 いっぱい練習して、着るも着せるも楽しめるようになろう。

 あ~~・お腹すいたdash

いかん!保育園のお迎えの時間じゃ!!run

|

« 11月らしい… | トップページ | 授業(BlogPet) »

きもののこと」カテゴリの記事

コメント

コツです。
ゆんさんのは、台が三本足ですよね。
前がわから着付けるときに、
足の一本を前に向けて自分の足で踏んで、
重さをかけて着付ける…。
肩からするりと落ちるのを防ぐには、
衿を首にかぶせるようにしておくか、
寸法がなければ、着物を着せ掛けたところで
両肩にピンを打つ、これで解消します。
高さが調節できるなら、自然と並んで立って、
肩の高さを自分と同じにしておけば、
初めての着物でも、おはしょりが
どれくらい取れるとか、わかりますよ。

投稿: とんぼ | 2008年11月10日 (月) 21時19分

忘れてました、回転するのねぇ。
洋装はそうなんですよね、
和装ホディは回らないほうが多い…
これって他装の稽古に使うからでしょうね。
実際にやったら、相手クルクル回すわけに
いかないもんねぇ。
なんとかして「止める手立て」は
ないものでしょーか。
がんばれゆんちゃん!

投稿: とんぼ | 2008年11月11日 (火) 03時19分

とんぼさま

 おはようございます~sun

 コツを伝授していただき、ありがとうございますo(_ _)oペコッ

 高さの調節が利かないことと、千様譲り(?)の華麗なターンを止めることがまず、課題ですか?(なぜ・これが着つけの課題なのか(笑))

 幸い、我が家には様々な工具が揃っておりますので、なんとかなると思いますnote

 でも、ほんとに、キャロルさんのおかげで、「ひとに着せる」ことができて、ありがたいです。
 自分が、如何にわかってなかったかが見えて(あ、無知の知ってやつですね!)、本当にありがたいと思いました。
 きものって、おもしろいんですねぇ。こんなに面白いとは。ただ、着てただけの時間がもったいなかった!
 これからも、しょぼい写真をアップしますので、「ビシッ!」とご指導お願いいたします。

 

投稿: ゆん | 2008年11月11日 (火) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/25200814

この記事へのトラックバック一覧です: すごく:

« 11月らしい… | トップページ | 授業(BlogPet) »