« 宣伝するつもりだった(BlogPet) | トップページ | い~え~も~ん~さ~ま~~~・・・ »

お祝い。

ところ変われば・・・って言いますけど、今朝の情報番組観てて、

ワタクシ・石化致しました。

千葉県と茨城県の一部で、七五三のお祝いを盛大に催すという話題。

「へ~~。きっと、古くからの大事なしきたりか何かあるのかな?」と、

内職の手を止めてブラウン管(古いテレビなんですわ~sweat01)に目を向けると…。

 なぜか、盛装をした子供が、ケーキ入刀してるんです。

 以前、いまっぺーじさんの掲示板で、「あんないいホテルで七五三のお祝いしてもらえて、幸せな子供さんですね~。」っていう趣旨の書き込みがあって、その意味がわからなかった私。

 そうか。こういうことなのかも(ここまで派手じゃないかもしれないけど)。

 七五三のお祝いで、結婚式場でパーティーをしていたのです。

若いご両親は、「一年前から準備してきました!」って。す・すごい!(ふた組取材してたけど、確かに準備に時間をかけてきた方のお子さんは、無理なく、しかもものすごく楽しんでいましたよ。もう一方は、男の子が逃げ出してました。気持ちわかります。)

 金屏風の前でご挨拶・とか、お色直しとか・もう、結婚式の様!

 ここまでやったら大したもんだ!…と感服いたしました。

 私なんて、ほんっとに嫌だったもんね、披露宴!せっかく、ご仏前で渋い式を挙げさせてもらったのに、そのあとは、親戚のカラオケ大会って感じ!(カラオケは嫌だと言ったが、司会のおっちゃんが勝手に進行することになっていた…。)

あの人たち、ちゃんと産土神さまにお参りしてるんだろうか。朝イチで式場に入って、着付けして、写真撮ってから宴会…だったけど。

 七五三ってなんだべな?

おかげさまでここまで大きく育つことができました…っていう感謝の気持ちは、いったいどなたに向かってあらわすものなんだろうか。

 きれいなおベベ着せて、記念写真撮って…、それは単なる「思い出の1ページ作り」であって、七五三の本質ではないと思う。

わが子の晴れ姿のかわいいことと言ったら 宇宙一だから、晴れ着姿は楽しみに違いないけど、それがメインじゃ困ると思う。

 001

な~~~んてね!しっかり年賀状にこの写真のっけて、見せびらかしたんだけど!

 なんか、画面が真っ赤です。

 上の子のは、主人の両親が、長女のお誕生に浮かれて作ってくれたものでした。

 やたら重い。とにかく赤い。ひたすら、赤い。

 女の子が欲しくて、しかして、結局 男3人を持った彼らの「女の子にはとにかく真っ赤を!!」っていう執念が伝わってくるようです。

 帯は、私のご幼少のみぎりのもの。京都のばあちゃんが私に送ってくれた唯一のものだとか(おとんぼの女の子やさかい、晴れ着は上のお下がり着せたらええやん。帯だけ買うたるわ~、といわれたそうじゃ!)。

 次女が着ているのは、完全ポリの「使い捨て」着物…。ああ。同じ目に…。(お手手に握ってるのは’のりスタ’のハンドルくん。)

 でも、無事に八幡さんにお参りさせていただいて、私はすんごく嬉しかった。

こんなきものしか着せてやれなかったけど、とにかくかわいくてかわいくて涙が出た。

 次女はこの時、満2歳になったばかり。

 恐ろしいアトピーで、8か月の時に命にかかわる大病を患いました。アレルギーって恐ろしい。

 写真の前髪の具合でもわかるように、全身・何かしらの脂を塗り込んでいました。

毎日2度の入浴が欠かせませんでした。(38度のお風呂って、入れる側にすると寒いです!)朝晩、裸で家の中走ってましたcoldsweats01

ようやく落ち着いて、ほっぺにも皮膚が現れて、お布団が貼りつくこともなくなって…。そんなころです。

頭を垂れて 祝詞を聴きながら、(走りださないように次女のおしりを捕まえていましたが)涙があふれました。

 ああ…。あの感激、あの荘厳な空気を、ワタクシ、すっかり忘れておりました~~~ッ!

ごめんなさい!本気で次女と喧嘩してます!

 

 子供のお祝いごとは、ひとが何といおうと、親の気持ちが籠っているのでした!!

 

 でも、やっぱり・まず、お参りですね。ハイ。

081

[八幡様の榊の実。]

|

« 宣伝するつもりだった(BlogPet) | トップページ | い~え~も~ん~さ~ま~~~・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ゆん様
子供のお祝いって 本当に親の真心でいいんですよね

結婚式なみに 派手にして どうかと思ってしまいますね

私は 娘の七五三は レンタルの着物で写真を撮っただけですが それでも 子供の成長に涙しちゃいました

来年はいよいよ 小学校卒業 中学入学です
どんなに 親ばかといわれようが きっと 子供の成長に涙しちゃうんでしょうね

投稿: マナママ | 2008年11月18日 (火) 14時58分

私、その「千葉」にいたもんで、
昔から聞いてました。友人はお舅さんたちの
いいつけで、やったんですよ、娘さんの。
やった本人が「バッカみたい」って言ってた…。
宴会とか、シンセキ中が集まってとか、
そのあたりはまだわかるんです、
子供は宝とか、隣近所みんなで育てる、とか。
でも、それってお参りしたあと、家でちょっと
おすしでもとって…で十分でしょ。
そして、今朝の放送で私が更に
びっくらこいたのは、57だという「姑サマ」の
ピンクの訪問着でした。嫁さんよりハデ…。

投稿: とんぼ | 2008年11月18日 (火) 18時30分

マナママさまcafe

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 マナママさんちの七五三を否定するつもりはないんです。傷つけてしまってごめんなさい。
 

 私は古い習慣が強く残るところに生まれ育って居るので、ズレている部分も多くあると思います。

 子供のお祝いごとって、周りの方々への感謝の気持ち抜きには成り立ちませんね。

  
 お嬢さんの卒業式なんて、想像しただけで泣いてしまいますね!!私、よその子の晴れ姿でさえ泣いてしまう馬鹿親なんです~wobbly

 (鬼が笑うかな)来年は大切な年になりますねcherryblossom

投稿: ゆん | 2008年11月18日 (火) 18時38分

とんぼさまhospital

 風邪を押してのコメント、ありがとうございます!!

 やっぱり、あれはほんとに行われているんですねcoldsweats01誰もかれもが大変でしょうね。(招待客におひねりもらって「ケータイ買う!」って…6歳児が携帯持つんですか?いや、そういう問題じゃないけど!!)

 おばあちゃん、華やかでしたね。主役の孫は黒の振袖なのに?って(笑)。

 うちの村でも、鎮守様にお参りする人はほとんどいません。町中の有名な神社に行くんです。さびしいな~・イベント化していく一方で。

 ほんとに、お大事に!(私も治しますsweat02

投稿: ゆん | 2008年11月18日 (火) 18時47分

ゆん様
私 否定されたとか 傷ついたとか 思ってないよ

だって それぞれにできることがあって その中で一番いい方法ですればいいと思うからね

だから 私は あの時できる限りのことをしてあげたと思ってるからね 
完全に親バカです

投稿: マナママ | 2008年11月18日 (火) 22時03分

はじめまして。
とんぼさんのブログで時折すれ違っております、茶ノ葉です。
少し前の記事にコメントでごめんなさい。

私は千葉県の出身なのですが、「大人」と呼ばれる年齢になる頃には実家にはいなかったせいか、派手な七五三の記憶がありません。(ゆんさんより、たぶん少し上の世代だと思います)
自分の子供の時は、お参りの後で祖父と叔父叔母達を自宅に呼んで、内々の宴会をしたようなおぼろげな記憶はありますが。
単に世代の問題なのか、それとも千葉でも地域によるのかしら・・・?

七五三と言えば、晴れ着よりも何よりも、千歳飴が嬉しくて、いまだにこの季節は和菓子屋さんの前で足を止めてしまいます。

独り言のような、散漫なコメントでごめんなさい。
これからも時々寄らせていただくと思いますので、よろしくお願いします。

投稿: 茶ノ葉 | 2008年11月21日 (金) 13時28分

茶ノ葉さまclover

 コメントありがとうございますshine

 此方では初めまして!ですね。とんぼさんのブログでお見かけしては、歴史などにお詳しいんだなと思っておりました。

 そのテレビでは、「海の近く」が華やかな七五三のお祝いをするように伝えていましたから、同じ千葉でもきっと全く異なる風習があるのだと思います(安孫子の友人からは聞いたことのないお話でしたし!)。

 私も、いまだに千歳飴が好きで、こと、あのレトロな袋が欲しくなりますheart04
 最近は中身がミルキーだったりするので、ほしい時は、老舗の飴やさんで買ってます~notesお米や麦芽の甘さが大好きです。

 お立ち寄りくださって、本当にありがとうございました。これからも宜しくお願い致しますloveletter

投稿: ゆん | 2008年11月21日 (金) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/25443537

この記事へのトラックバック一覧です: お祝い。:

« 宣伝するつもりだった(BlogPet) | トップページ | い~え~も~ん~さ~ま~~~・・・ »