« 冬のにおい | トップページ | 毎週毎週~** »

あっしの冬支度

「寒くなりましたねぇ。」…が、ご近所とのご挨拶になりました。

 

 今朝のえさやりは、本当に手がしびれて、感覚なし!

まあ、この寒さに体が慣れるまでの辛抱ですけど。(なんたってわしは恒温動物としての誇りがあるからね!すぐに慣れてみせるダス!)

で、けさ4時の私を支えてくれたのが、こちら!!

003_2

 

 年代ものの「ねんねこ袢纏」~~~shine

 

 可愛くて・軽くて・あったかい!

 私のお宝よ~~んhappy02

 現物は・もっと紫がかった青です。

(紫星人だからgood

 

 こちらと同様、この時期の強~い味方が、このどてら。こちらも絹です。軽いのだ。

004_2

 

 のんびり過ごすときは、足まで包んでくれる、このどてらを着ています。

 かわいいでしょ~?

 古いものだけど、大切にされていたので、こんなにきれいです。

 主人が寒がるので、「貸そか?」というと、言葉じりを遮る即答「要らんpaper。」。

 

 なんでだかねannoy この暖かさを知らずにいようとは。オロカなりgawk

 冬って、うちの中で過ごすためのものに集中します。湯飲みのいいの出してみたり、コースター編んでみたり。本を山積みにするなんて、幸せのどまん中book

 

 子供もいるし、獣もいるし・で、中々、自分だけの時間って用意しづらいけど、内職のお正月休みは読むぞ~~~!

 

 でも!わすれちゃいけないのが冬のお出かけ用意~~~~~~shineふっふっふsmile

005_2

 観て~~~~~!!!

 かわいいでしょ~~???

 

  とんぼさん(名指し)、欲しい~~?

 

 紫星人のために誂えたのかと思うほどのshineストライクshine時雨履きざんす~~lovely

 この爪皮、ちゃんと「絞っ」てあるのです。

 畳表ではなく、竹を編んだものなので、みぞれ模様でも安心。

北陸の冬は氷交じりの重たい雨から始まりますからねぇ。

 

 …はよ・ゴム替えんかい。

 

006  すっかり袷で過ごすようになりました。(家事はウールですが。)

 

 この、焦げ茶の紬がこの冬フル活躍の兆しアリ。

 

 おもちゃ尽くしで楽しいのです。

007 

 

 子供のころ、千代紙で「姉さん人形」作りました。

 

 

 幼い時分、父がお土産でくれた「でんでん太鼓」、小学生になっても宝物でした。(ボールペンで落書きしちゃったけど)

 

 今の子供にも、電子ゲームを与えずにいると、こういう「単純」なおもちゃで遊び続けます。

 

 ピコピコゲームを知ってしまうと、自分で考えて遊ぶモノは色あせてしまうみたい。モッタイナイ。

 

 自分の幼少時と比べて、今の子供達は、話しかけられることに慣れてないみたい。

 

 だから、読み聞かせに行くと、照れくさくってすねたような様子を見せる子が必ずいる。

 素直に「読んで。」って言えないし、楽しんで聞いてる顔を見られたくない。

 聞いてる子の邪魔をしたくなる。

 

 で、そんな子には、「手遊び」をはさむことにしてます。

 「あ・できないかな。結構難しいもんねぇsmile。」って。

 

 私のレパートリーでの一番人気は「ミミズの体操」。

 「編み物してるみたいでしょ?」とか、「手首は曲げない!」とか言いながら、得意になる私(低レベル)。

 

 昔みたいに、みんなで頭くっつけて遊ぶのって、好きだな。

この着物着ると、いつもそんなことを考えます。

 

014

見えますか?

 冠雪の立山連峰。

 ほんとに、今年も残すところ あとふた月。

 

 お節が気にかかる私です。(毎年毎年・物価が上がって。かといってお節料理はケチるわけにもいかず!!!)

 

 今年は、サンタさんに何をお願いするんだろう。(うちには、絶対ゲームは要りませんって、あらかじめサンタさんに電話してあるんです・と子供たちには通達済み。)

 

去年、長女は可愛い羊の湯たんぽに大喜びしてた(今期は・夕べから始動)。

次女は子供用「おしゃれセット(マニキュア等が入った化粧引出し!)」。

末っ子は・言わずと知れた「トミカ」。

 

 何で、電子ゲームを持ち込まないのかってーと、パチンコしてる人同様、背中丸めて、瞬き忘れてるその姿が、なんか生理的に苦手だからです。

あと、どこへいっても耳にする電子音を、家の中にこれ以上増やしたくない・ってこともあります。

 

 ことの善悪の根っこが生えないうちは、「なにかをやっつける」錯覚をさせたくない。

「自分の前に出てくる奴が悪い」という感覚を植え付けたくない。

 

 酒とたばことゲームは、自分の稼ぎで楽しめばいいと思う。

 親は、その子どもの心身の健康を望んでいる。(だから、エッチ系は、許す。変な路線は困るけどな~。)

 

あれ?冬支度は?

 

001_2

秋の終りの柿の葉っぱです。

いつも思うんです。こんな葉っぱに鼻緒をすげて、下駄にできたらいいのにって。

 

 津軽塗の下駄、いいなぁ。

 

  昔、住んでた家にあった、津軽塗のお箸。

 

 模様を指でたどって遊んだ。

そんな遊びをするのは、大概寒い時期。とっくりセーターのかゆい襟もとを掻きながら。

041  

 

 

          西日が畳に落ちて、手元が見えなくなるまで。

 

|

« 冬のにおい | トップページ | 毎週毎週~** »

きもののこと」カテゴリの記事

コメント

名指しされたひとですー。
ゲタ…(ヨダレ)…ホシヒ…。

こちらも今朝はちっと寒かったです。
町は季節感があんまりありません。
お店のショーウィンドーは確かに秋だけどねぇ。
それでも「鍋料理のご準備」なんて
ロゴを見ると、おぉもう「つっつく」季節だ、
なんて思います。

子供のころ、風呂敷が一枚あれば、
それが月光仮面のマントにも、
シンデレラのドレスにもなりました。
今の子供たちは「まんま」でないと
遊べない…かわいそうですよね。
想像力の育ちようがない…。

投稿: とんぼ | 2008年10月30日 (木) 22時37分

とんぼさま
 おはようございます。

 おいで下さいまして、大変嬉しゅうございます!(勝手に名指しておいて、実はとんぼさんが来てくださらなんだらやるせないですね~coldsweats01

 この下駄を眺めてると、しみじみ、昔の人の手仕事の深さが伝わってくるんです。(布でも、唐津物でも建物でもなんでもそうなんですけど)

 ひっくり返して、歯がしっかり入ってるのを確かめてみたり、爪皮のしぼを指であとなぜしてみたり、飽きることがありません。病です。


ほんと、風呂敷一枚あれば、何でもできました。 こと、布地遊びってキリがなかった!父の千鳥格子の上着の模様が猫だらけに見えてきたり、母の靴下の毛玉を、見えない線でつないで星座をつくったり。
 なんだか、振り返ってみるとミクロな遊びばっかりしてたみたい(笑)

 子供たちが、「見立て遊び」してるのを見ると・ほっとします。

 

投稿: ゆん | 2008年10月31日 (金) 10時57分

お借りした写真、加工して今月のトップとして
つかわせていただいてますー。
いい感じですよー。
ありがとうございました。

投稿: とんぼ | 2008年11月 1日 (土) 00時26分

とんぼさま

こんばんは~night

 先ほど、「とと」霜月を覗かせていただきましたnotes

「をを!あの写真がこのように詩的になろうとは!」。しかも、色をかけて戴いたおかげで,足袋の襤褸がわかりにくくなっているではありませんか~good

 こちらこそ・とっても嬉しいです。有難うございました。

投稿: ゆん | 2008年11月 1日 (土) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/24867551

この記事へのトラックバック一覧です: あっしの冬支度:

« 冬のにおい | トップページ | 毎週毎週~** »