« 秋の里山 | トップページ | 今日も歩くのココロよ~。 »

単衣の季節も…。

009  

 …もう半分・というところにきて、なぜか、朝顔が毎日咲き乱れてきました。

 8月末には、「もう・終わったのかねぇ。以外とさびしかったね。」なんて家族で話していたものを。

 

 でも、真夏の花とは、やっぱり色が違います。

少し褪せた印象。すがれの朝顔もまたよし・です。happy02

 

 本日もわが集落営農は稲刈り。

主人は半休取って、午後から参加しております。

  

 

 私は、次回の蕎麦の取り入れに参加予定となりました。

まだ、お花も咲いていないのですが、楽しみですnoteそばのお花はかわいい。

  営農のは「白」ですが、我が家には「高嶺ルビー」なる、ちょっとセレブ(笑)な赤いそばを蒔きました。茎も激しく赤い!

   満開になったら・どんなだろう。普通の「赤」とも違うみたいなので、今から期待で頭の中がパンパンですわ~shine

004  

裏の御宮さんの土手。

 大桜(江戸彼岸)の足元を飾る彼岸花です。

 子供たちが激しく遊ぶので、何やらさびしくなりました。

 

 …なので、農協さん(今、脳京って出た。)で、球根頼みました。少し増やさないとワビシイ…。

005

 

 何で、お彼岸ってわかるんだろう?

 いや、正確には、「お彼岸だから、でなきゃ~!」なんて言ってるわけじゃないんだろうけど、必ず年に2回、毎年毎年その時分に現れるのが、不思議で不思議で…。

  ところで、彼岸花の帯や着物ってあるのかな。

  あるとしたら、ぜいたく品だな~。年に2週間しか着られない。しかも、印象が強いから、1~2度がせいぜいでしょ?(2週間締め倒す・なんてビンボくさいこと・できますかいな!)

 

  見てみたいな。黒繻子に刺繍じゃ・当たり前すぎるかな。(キモカワ系?)

 012

 

「後、半月?」と気づいて、慌てて帯を引っ張り出す私。

 

  単衣のざっくざくな有栖川の紬。

 

 おたいこ部分がすんごい張ってるので、角出しも決まるのです。

  …が、「おしりが膨れたおたいこ」が好きな私は、この帯で、低い感じにおたいこ(枕なし)に締めるのだ。

 

  写真だと疲れた色に見えますが、実物は…「ちょっと寝不足なのよ~」程度の疲れ(なにそれ!)です。

 

 

 稲刈り中なので、束ねた稲穂の手ぬぐいを半襟にしてます。

 帯揚げは…、おい!どこ行ったんだ?腹の肉に押し上げられて見えてないじゃん!

 インドシルクのスカーフです・ちなみに。茶と砂色の染分けで、ところどころに糸の玉が並んでいるもの。(昔・エスニックショップのお姐さんやってたときのものだ!うお~!17年は経ってる!)

 

 

 この長着は、シャリシャリ。麻と綿なのかな~。「暑いけど、もう単の時期だし~。」用。

 ちょっと袂が長いのですが、そのまま着てます。娘たちが着るかも…と思うと、裁つ気になれない。

 

 長めの袂で、赤い帯締めて~・なんて想像するとね。

 

002  ちょっと、色が薄くなりましたが、先日ヤフ●クで捕まえた「正絹 伊達〆」。

 

 私、これって「かぺた」だと思うのですが?

 

 黄八の。

  ちがうかなぁ。

 

  ま、いっか!とにかくうれしいぞ~heart04600円だったも~んmoneybag

  糸がつやつやshineびゅーてぃほー!

 

  

 単衣の着物もあとわずか(・・・て、普段着はまだまだ単衣だけど、帯はね~。)。

 袷になれば、当然 選択肢もど~~~んと増えるんだけど、季節の変わり目って、なんだか切ないじゃありませんか。

  

 麻混の足袋も「休業期間」に入ります。

 代わりに別珍出して、ひっくり返して「ほこり・虫」チェック!(ずぼらなもんで、な~んか、糸くずみたいなのが溜ってたりするんですsweat01

 

 

  そういえば、まだおろしてない、緋色の別珍足袋。ぴったりだったけど、「九七」って何センチだ?あうあう。

 

  で、主人に、

「ねぇ。ジャイアント馬場って、足、何センチ?16文って。」。

 「・・・忙しい時にどうでもいいこと訊くな。」。くそぉ。大事な質問だったのに。

025

 この風景を見に連れてってくれた時は、そんなに邪見にしなかったぞ!

 「デート」らしきモンは、この時の1回だけだったけど…down

 

        …いつみても、山はきれいだ。ふッ。

|

« 秋の里山 | トップページ | 今日も歩くのココロよ~。 »

きもののこと」カテゴリの記事

コメント

彼岸花柄がないのは、そりゃ縁起というやつ。
彼岸といえば、あの世のことだし、ほかにも
幽霊花、死人花、地獄花、…と
ロクな名前がありませんがな。
しかも全草毒あるし…。
もうひとつ「ハミズハナミズ」という言い方が
ありますが、知ってますか?
花が咲くときは葉がなくて、花が枯れてから
葉がでる、同じに根に生えていながら
互いに会うことはないということで、
縁が薄いともいわれるんだそうですよ。
やっぱりきれいだけど、
好まれる柄ではないんでしょうねぇ。
きっと「わぁー、きれいな柄ぁ、でも買わない」
じゃないかと思います。
仏教つながりのそういうことがない欧米では
人気ありますけどね。

投稿: とんぼ | 2008年9月18日 (木) 00時04分

とんぼさま
おはようございますcloud

 そうですよねぇ…。私だって、「大好きだけど、家の中には入れるな!」子供に云いますもん。ゲンが悪いですものねぇdownきれいだけど…。

 お武家さんじゃなければ、椿柄は大人気ですが、彼岸花に関しては全職種引いてしまう。化け物・妖怪は、却って魔除けになるって好む人も多い…。面白いです。


 ところで、ヤ●オクで、「和服・彼岸花」で検索したら、2点ありました。

 でも、「薄桃色の長じゅばん」はどうみても「菊!」
 片方はかんざしで、それは一応彼岸花のようでした。

投稿: ゆん | 2008年9月18日 (木) 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/23805538

この記事へのトラックバック一覧です: 単衣の季節も…。:

« 秋の里山 | トップページ | 今日も歩くのココロよ~。 »