« ひどい目にあったとです>< | トップページ | 予定(BlogPet) »

お節句だったけれど…。

061

 これといって、重陽のお節句らしいことはしなかったのですが、なんとなくいつもより華やいだ気分でした。

 

  こんな風に、クリが落ちていたりして、秋だなぁって。

 

 昨日は、義理も手伝って、「読み聞かせボランティア養成講座」なるものに参加しました。

 全3回。

 その1回目は、保育専門学院の講師による講義。

 どんな硬い話かと思っていたら、とんでもない!気分爽快

   キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

  私が、「絶対、小学生を本嫌いになるのは こ奴のせいだ!!」と憎しみさえ覚えてやまない読書感想文廃止を、学校の先生たちに訴えるような、無類の本好き、子供好きの方でした~shine

 

  何というか、歯に衣着せぬ、しかして配慮は忘れない、子供に見せていいもの悪いものをさりげなく示して下さる、大人の女性・自分を持った方。(ゆえに、摩擦も多かろう)

 

  065 いく冊か読んでくださったんですが、聞いているうちに(・・・そう、私はすぐ入り込んでしまうのです・・・gawk)、今の自分と、子供のころの自分とが混ざってしまい、涙が…。

 

  私が泣くような本っていうのは、「愛と感動の物語」・・・ってんじゃないんです・・・。

 

    子供が、親の言いつけを守らない。そのうち「ほ~ら・いったでしょthink」な失敗をしでかす。

 

  「絶対、こっぴどく叱られる!!」・・・と、思ったら、お母さんが抱っこしてくれた。

  …と、いうタイプのものです。

   情けないけど、「ああ、私、あの時、こうして欲しかった。お母ちゃんにそう言えなかった。」と。

 

   なのに、現実は、自分の子供(こと、自分の幼少時に重なり続ける次女sweat01)に、同じ孤独を味わわせてしまっている。

 

   ああ、最近、子供たちと一緒に本を読んでないなあ…。

 

  字が読めるようになったからって、ほったらかしてばかり。

 

   文字を読むことと、理解することとの両立は、きっとまだできていない。

   読むこと。それは勉強だと思う。

 

    お話を自分の中にしみこませること。それは、包まれて聞くこと。

 

  そんな風に思う。

   おかげさまで、いいお節句になったなぁ。なんだか幸せ。

 

   

  主人に頼まれたお遣いで、100円店に行ったら、「秋な飾り」が目についた。

 

  うれしくなって、車のダッシュボードに置いてみた。

 

   子供たち、気付くかなあ。

 

  道路わきの萩が盛りを迎えているし、うちの前庭のシュウメイ菊のつぼみもいい感じ。

 

  夕べ、洗いものの後、指先がかさつくことに気づいた。

 

  悲しいけれど、秋はこんなところにも訪れるんだナ・これが・・・( ̄▽ ̄)

|

« ひどい目にあったとです>< | トップページ | 予定(BlogPet) »

くらしのこと」カテゴリの記事

コメント

こんな砂漠のよーな町にも
「秋」はきますね。
やっととんぼを見ました。

本はたくさん読むこと、と思います。
その年齢でなければ感じられないこと
それがあるから。
いろーんな本読ませてあげてくださいね。

投稿: とんぼ | 2008年9月10日 (水) 15時22分

とんぼさま

 今年の赤とんぼはなかなか色が進みません。
 で、いつまでもオニヤンマが飛び回っているんです。


 本は、いろんな所に飛んで行けて、大好きです。でも、最近の絵本は、お母さんに「ウザい!」っていうようなモノもあって驚きます~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

「みんな仲良しランランランnote」は求めていないけど、できる限り、柔らかい言葉のものを選んでやりたいと思いますbearing

投稿: ゆん | 2008年9月10日 (水) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/23637351

この記事へのトラックバック一覧です: お節句だったけれど…。:

« ひどい目にあったとです>< | トップページ | 予定(BlogPet) »