« 先生・ごめんなさい・・。 | トップページ | 小さな幸せ・・・ »

ああ・もう・・・!!

信じられない!!!ばっかじゃないの~~~っ!!!

 ・・・と、「話を聞いて、3秒後」に怒りがこみ上げました。

小学校の授業参観後、大人も子供も「とにかく遊ぼう!」と、自然学校や皿回し等を体験して、何かを取り戻そうという、そんないい時間を過ごした直後のことでした。

 なんだか、言いにくそうな教頭先生。

 聞けば、「この夏休みから、低学年の児童がプールを利用する際には、保護者の同伴(入水!)が必要となります。」。

 ・・・はい?

 母親たちは頭が真っ白・です。

 長い夏休み、ましてや昼間勤めに出ている保護者がほとんど。

暑い家の中で、子供たちにどう過ごせと?

 このプールは、もともと「村営」。富山市に合併してしまったので「市営」になりました。

村の人が自由に利用できるように・・という考えがここへきてアダとなりました。

 「あの事故」の判決を受けて、突然決められた話ではないかと思います。

 「責任転嫁」の考え方がとにかく根深い上に、その対策がものすごく突飛。市民の常識とのはるかな隔たり!!

 あいた口が塞がらない・・けど、それどころじゃない!

 子供たちの夏休み。「ゆとり教育」のおかげで、授業数が不足して、一日、二日と削られていくばかり。

 土曜を学校にして、その分、夏休みは従来通り「夏いっぱい!」に戻してほしい!

子供たちに季節感をしみこませてあげたい!!夏だけの嬉しさを満喫させてやりたいのです。

 私たちの子供のころは、夏の開放感ではちきれそうでした。

 通信簿を親に見せるときの背筋の冷たささえ乗り越えれば、あとはまさにパラダイス!!

 ラジオ体操に向かう時の、足の裏にちくちくする空気の冷たさ。帰り道には蝉が大鳴きをはじめて、一日が始まることを感じていた。

 観察を忘れた朝顔。10時を待って飛び出すプール。おひるのそうめん。スイカの香り。

 夜の間も冷めないアスファルトに囲まれた、今の子供たちの夏休みは、きっと彼らの心をいらいらさせてしまう。

 

 プールに入れない夏休み?10人の子供がプールに入る時は、そばに10人の保護者が泳いでなければならない?

 もし、保護者が協力して当番をすれば許可されるようになるとしても、入水が条件では困るのです。

 妊婦さんだっているし、生理の問題だってある。体質や持病もある。大体、普通の大人が2時間も水に浸かっていられるわけがない!

 子供たちが、どんなに水遊びが好きかを知らないのか?と思う。

 それとも、「教育委員会」というものは、子供のことなどどうでもいい、とにかく教育の現場で面倒が起りそうな部分を見つけて、即、鍵を取り付けていくための機関なのか?

 4年生からは、保護者なしでもいいのだというのがこれまたわからないのですよ。

 3年生だった昨日までと、4年生になった今日からとでは、「危険」に関する知恵が大きく異なるとでも?

 馬鹿言っちゃいけない。子供は何度も何度も体験を積んで、知恵を身につけるのだから、昨日まで箱入りだったものを水に放りこんでも泳げやしない。親と一緒でなきゃ水にも入れない、なんてことにもなりかねないannoy

 「子供たちに、生きる力を!」という動きがある一方で、行政からの「責任逃れ」の締め付けが本当に厳しくなっている。

 ただでさえ、怖い話ばかりで、手探り状態の子育ての環境に喘いでいる私たちなのに、救いどころか逆に生殺しのようなことばかり!!!

 何が「少子化対策」ですか?!子供のことなど考えない、とにかく親が子供をどこかに預けてお勤めができるように・ばかりを優先させる話からのスタートだった。

 そして、子供たちはどんどん追い詰められて、行き場がなくなって。

 親は生活に追われて働いて、子供の心に中に踏み込んでいけない。

 保護者が外で働いていても、子供たちが安全に、思いっきり遊んで・学んでいられる世の中を作り上げていくことこそが、安心して子供を産み育てていける、本来の少子化対策じゃないの?

 危ないから、箱に閉じ込めておくなんて、子供が強く・優しくなんてなれるはずのない話。常に誰かが見守っていなければならない場合を除いて、子供たちは自分で自分の身を守り、周りのだれかを守れるようにならなければ生きていけないと思う。

 ひどい。本当にひどい。いったい、どんな大人がこんな娑婆にしていこうとしているの?

 「昔とは違うから」じゃなくて、「どうして昔は安全だったか。そこから何を学べばいいのか」を考えていかなきゃ、この先、もっともっと悪くなる。自分勝手な大人が作る、おかしな娑婆が、おかしな子供をつくっているのに!!!

 「川遊びは危険だから、みんなでプールで遊びましょう。」と、作られたのではないかと思う。

 じゃあ、そのプールが使えなかったら?

 昼間、親が勤めに出ている間に、小さな子供たちだけで川に涼みに行ったら?(大きな子たちはプールに行ってしまう。指導者なし。)

 人づきあいが苦手な若い親たちが、真剣に話し合って、子供たちを守らなければ、この国のお先は真っ暗だと思う。

 そして、子育てから卒業したと思っている先輩方が、「高度成長の波にのまれて」、わが子に伝えそこなった大切なことを、もう一度見直して、いっしょに歩き出してほしいと思うのです。

 

|

« 先生・ごめんなさい・・。 | トップページ | 小さな幸せ・・・ »

こどものこと」カテゴリの記事

コメント

いつもそうだけど、なんでも「上塗り」
なんですよ。
傷ができたり、塗料がハゲたりすると、
とりあえずそこを塗りつぶすために
ペンキを塗る、そこだけもりあがって
不具合が出ると、そのそばあたりだけ
塗り重ねてみる、またどこかハゲそうになると
またそこだけ塗ってみる…。
一度全部はがして、やすりかけて、
よけいなものをそぎ落として、という
根本的なメンテナンスをやらなければ、
状況は悪くなるばかりです。
高齢者医療も、福祉の支援制度もそうだけど、
現場を知らない人ばかりの話し合いで
決まっていくんです。ただもうそのときの
「字面」と「帳簿面」しか見てません。
一度「ご破算で願いましては~」が
できないんですよ。
そして責任を取る、ということの意味が
わかってません。
一億だか競艇で使い込んだバカがいましたが、
そのときの謝罪会見でも、何人もの白髪頭の
オッサンたちが、時には罰の悪そうな笑顔で
「なんでオレがあやまんなきゃなんないんだ」
といわんばかりの会見でした。

「長」と肩書きにくっついているということは、
何かあったときに責任取るのが仕事です。
「何かあったら困るから」やめさせるのではなく
「何かないように」どうするかを考える、
それでも何かあったら責任取る、
それだけの気甲斐性のない人ばかりが、
今「上」にいるのですよ。

>子育てから卒業したと思っている先輩方が、「高度成長の波にのまれて」、わが子に伝えそこなった大切なことを、もう一度見直して、いっしょに歩き出してほしいと思うのです。

本当にそうです。私はいまだに小さい子を
育てているようなものですから、
今の子供たちの「不幸」を思います。
ゆんかーさん、がんばれ!

投稿: とんぼ | 2008年6月22日 (日) 12時14分

とんぼさま
 うう・・励ましのコメント、ほんとうにありがとうございますcrying

 昨夜は「家事をやっつけたら・・」なんて息巻いていたのに、自分がやっつけられて寝てしまいましたcoldsweats01

 自分にできることから少しずつ声を上げていきます。自分の子供が高学年になっても、よその小さな子がプールに来られるようにしておきたい。利己的な考えかもしれないけれど、自分の子供たちがかかわっていく世の中だから…。

 「競艇の馬鹿」の上司もさることながら、「バスタブなし・ベンツあり」の院長!!!まさに、「金あり・名なし」という輩ですね~~~!!!!

投稿: ゆん | 2008年6月22日 (日) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/21804312

この記事へのトラックバック一覧です: ああ・もう・・・!!:

« 先生・ごめんなさい・・。 | トップページ | 小さな幸せ・・・ »