« ちーさんは一色がほしいな(BlogPet) | トップページ | 食い物の・・・ »

ほっと一息・・。

・・田植えが済みましたsun

 ・・とはいえ、しばらくしたら、枯れてる所や流れたところ、植え方がへたくそ(crying)なところなど、手を入れにも行くのですが…。とりあえず、ひと段落。

 012 ・・これは、うちの裏山のてっぺんにある田んぼから、向かいの山を望む・・かな。

 向かいの山には細かい棚田がたくさんあって、写真を撮りに来る方も多いです。

 でも、大半の方は「無法者」系なので好みません。(礼儀正しいカメラマンは絶滅危惧種です)

 機械化が進んで、田んぼの仕事は早く済みます。機械と田んぼの形がよければとても早いし、手直しも少なく済みます。

 ・・でも、恐ろしいのが、機械の出し入れ。泥に沈まないことが第一の足回りですから、普通の路面では不安定。何といっても、田んぼから上がる時の恐ろしさはことばにならないものがあります。

 男衆みんなで乗っかって、後ろにひっくり返らないように踏んばったり・揺さぶったり。

 (写真の方は違いますが)主人もオペレーターなので、出這入りの度、そして、山から下っての道中は本当に祈るような思いです。

 毎年、その手の事故のニュースは耳にしますから…。機械の下敷きになって、泥田に埋まる…そんな話をお米を買う人たちが知るはずもない。どんな仕事でもそうだけど、命がかかっているのです。

 娘時分、南の島で「二期作」の風景を見た時の「カルチャーショック」は、田植えの度に鮮やかに蘇ります。

 日本人観光客とみて、「ライステラス。」と教えてくれた、やさしい笑顔のおっちゃん。うちの田んぼの縁に生えてるのは枝豆で、南の島の田んぼにはヤシの木が生えている。

 田植えをしてる隣の田で、稲刈りしてる。不思議。でも、泥に顔つけて仕事する姿はおんなじだなあ。

 おいしいお米がとれますように。少しでも多くのお米が、作った人の口に入りますように・と思いました。

 ・・さて、久しぶりにモンペ以外のものを着ましたheart04

 少々暑い日になったので、浴衣がわりにもなる、お気に入りの木綿です。矢絣と笹が涼しげな、たもとの長い藍です~notes

 帯は古いミンサー。どちらも古くていい肌ざわり。004

 襟芯を入れずに、らくち~~んに半襦袢とお腰のみで着とります。何セ「肉襦袢」着こんでますからね~~、あつ苦しいお姿ですんませんbomb

 やっぱ、着物はええのう。なんちゅーか、楽ちん。ほっといても背筋が伸びるし、ちょいと動けば風が入るし・・。

 この着物、矢絣狂いの長女が狙っております。中学生になったら譲ろうかな。たもとが長くて、娘さんらしくてかわいいだろうな。でも…粗雑だから、おしりに敷いて「・・バツッannoy」ってやりそう!

 ・・私のように・・・・。

|

« ちーさんは一色がほしいな(BlogPet) | トップページ | 食い物の・・・ »

くらしのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/21046570

この記事へのトラックバック一覧です: ほっと一息・・。:

« ちーさんは一色がほしいな(BlogPet) | トップページ | 食い物の・・・ »