« いかなきゃよかった。 | トップページ | 食欲の秋 »

いいじゃん、

秋だから・・・。

 昨日、念願の「華麗な近代美人画の世界」展にいってきました~^^

 郵便局やら暗いニュースやらに溶けそうになってる場合じゃない!私は生きる!

 ・・まあ・そんなわけで、実家に用事があるついでに、思い切って高岡市に足を伸ばしました。(実家から高岡へは近いのです。)

 想像しただけで鳥肌モンですな~、美術館いっぱいにきもの美人がずら~~~~ット並んでるんでしょう!?ひゃ~!どうしよう!!

 私は、絵のことってよく分からないけど、清方さんとか深水さんとか、清さんとか、松園さんとか・・・そういう方たちの本物が拝めるというと「え・なんかすごいのね。いってみたい!!」とミーハーなんです。

 予想最高気温は25度とのことだけど、私は恒温動物としてはかなり上級なので、袷でいきました。(要は、あんまり気にならないんです。暑いだの寒いだのが。)

 気分だけでも優雅に、って白地にエメラルドグリーンの細かい鹿の子に一輪お花を絞りで描いた古布の半襟。薄茶地に、よーく観ると渋茶と紫の格子が入った紬(裾回しは紫^^)、帯は縁に濃い紫、地にやさしい紫で花織調の柄、の京袋。帯揚げはざっくりインドシルクの、濃い緑地に白い菱型が抜いてある紬。(・・て、ただのミニマフラーじゃん!!)帯締めは古布のからし色の鹿の子と、紺色の亀甲の地模様と半分ずつのまるぐけ。

 下駄でうるさくしたらご迷惑なので、久々におじょり。細い鼻緒がレトロな、主人の祖母の形見です。黒・紫・茶と2センチくらいずつ順繰りになっててお気に入りの鼻緒です。足袋はベージュ地に・細~い線でカタバミか何かが散らしてあるもの。殆ど無地です。

 手提げは「長女の」宝物、古布の大島と、菊模様の羽裏を継いだもの。可愛いのです。勿論勝手に拝借です~^^;

 ハイ。私は紫と茶と緑が大好きなオナゴです。柄は格子か縞か絣が多く、お花は帯に使うのも「は、恥ずかしい・・。」のです・・。藍木綿を着せたら右に出るものなし!しかも背景は棚田か段畑か?!という風体のひとなのです。

 ・・・着上がって、すでに「ああ・楽しかった~^^」という気持ちになっていました。ち・違うだろ!今から出かけるんだろ!!

 山奥に暮すごくごく普通の主婦にとっては、「美術館に行く」って、それだけですんごい催事!!「景色がみたい」なんて、ほいッと外国にいってた、アレは一体どこの誰だったのかしら・・。

       ・・本題。

 絵をいたわる為の弱い照明は、もうそれだけで私をしあわせ~なきもちにしてくれました。疲れ果てるんですよね、異様な明るさって・・。

 薄暗いと、美女達の肌がさらに美しく見えます。

 はあ・・・。どの女性も皆、涼しい風をおくってくれました・・。

 櫛目の美しいおぐし。白いえりもとから覗く紅絹の赤。仏さんのようにふんわりと立つ 足のゆび。描かれてるのは花街の人が多いから、ほんとはこころの中にはいろんなごつごつしたものが詰まってたりするんだろうに、お江戸のひとも、都のひとも流れるように立っている。

 焚き染めたお香の香りがするようなひと。おしろいの香りがするような人。遠くで三味線の音がするような人。足元の砂利のおとも聞こえてくる。

 個人的には「伊藤小は(漢字、出ません)」さんのきものの取り合わせがとても好き。

 

男の人って、包丁握って大根ぱんぱんッとやりながら、子供達にも目を配る「肝っ玉母さん」と、「ああ・・・、傘が重いわ・・。」で、危ないものは針しか触らないような「貴婦人」と、両方が好きなのかな。

 絵描きさんが、あの美しい女性を描いている時って、一体どういうこころもちなんだろう。

ふと思い出したけど、「百人遊女」って漫画を読んで、それから「さくらん」を読んで、

                  「・・・ん?」

・・と、違和感。その後、「大門パラダイス」とか、いろいろな「おいらん」モノを読んで見たけど、男の人が描く花街の女性って、みんな、どこかがすれてない。「少女の気高さがのこっているはず!」っていう心の叫び(笑)がにじみでてくるの。

 で、女の人が描くのは「見世」に出さない、「これでもか~~~~!」って、「カオナシの吐瀉物」のような部分・・・。

 でも、おとこの「オナゴ」は男の為に泣きながら死んじゃう感じで、女の「オナゴ」は「1回泣いたから今度は自分のためにしか泣かんぞ!」。(私もこういうほうが馴染むと思う・・。)

 あの、美しい絵画の主人公たちも、生き生きとしたたかだったり、はんなりとすっとぼけてたりして生きていたのかなあ。

 そんな風に考えると、昨日の美術館いっぱいにずら~~~~~ッと並んでいたのが実は狐の絵だったような気持ちになるぞ・・。

 でも、本当にすてきだった。

|

« いかなきゃよかった。 | トップページ | 食欲の秋 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/8236428

この記事へのトラックバック一覧です: いいじゃん、:

« いかなきゃよかった。 | トップページ | 食欲の秋 »