« 大人になっても・・・ | トップページ | 段取り・悪い!! »

汽車に揺られて・・

単線のディーゼル機関車「高山線」。

 ・・だから、「電車」じゃなくて、「汽車」です。

来週、義父と長女が横浜の親戚の法事に出かけます。・・で、列車で行きたいという希望により、JRの切符を買いに、富山駅まで出ました。

 私の最寄り駅は「越中八尾」。そこで買えばいいのですが、昨年大変面倒な思いをした挙句、「富山駅に行ってくれっさい。」と元国鉄職員と思しきジ様に申し渡されたのに懲りて、さらにただいま家中極貧にて、立て替える現金もない有様。しかも私や義父はカード持たない主義なので、我が家で唯一クレジットカードを有するご主人様にご同行願っての

 みんなで汽車の旅~^^

・・と生ったわけです(ああ・長い説明になった・・。)。

 もう、こども達大喜び!末っ子にいたっては緊張と興奮まっくす。私としては、切符はパッチン*とはさみを入れて欲しいなと、いまだにあきらめきれないオモイから始まる郷愁めいたホーム入場。因みにプラットホームは危険がいっぱい。天井からぶら下がるビニール傘。・・そう。ツバメのお宿です。(余談ですが、ツバメ、増えましたね・・。で、滞在期間も長い。この辺も亜熱帯化してます・・。)

 ホームに滑り込む・・という感じではない、無骨なディーゼル・一両編成。ドアは手動。車内の安全確認用の鏡を見てショック。「き、着丈、いつもより短い!」。

 列車に揺られてると、学生時分を思い出します。3匹は正面のガラスにくっついて、自分が進んでいく線路を見つめてどきどきしてました。私と主人は「・・ねえ、アノ懐中時計、JRって名入りだけど、国鉄のほうがきっとおしゃれだったんだろうね~^^」などと、運転席チェックしてました・・。

  ・・運転・したい・・。

・・・と、かつて営団の受験に失敗したという過去を持つ彼は笑いながら云いました。が、その目はマジでした・・。

途中から、大きな体のお兄さんが乗ってきて、最前部にいる私たちをのけるようにして、「ちょっと・撮影させてもらおうかな・・。」と、デジカメを備え付け、ナレーション(?)を加えながら「撮影」し始めました。いろんな路線をめぐっているのかな・・。(ごめんなさい、ちょっと怖かったです。)

 

 富山駅に降り立ったら、長女が「わあ、すごいね!線路が3本もあるね~!」と感激してました・・。(因みに線路ではなく、ホームだ。)こんな可愛い駅で驚いてて、じいちゃんと二人で新横浜まで大丈夫だろうか・という不安が脳裏をかすめました。

 *ッテリアで一休みして(子連れじゃなきゃ、純喫茶とか行きたい!重そうな茶色いレースのカーテンなんかが掛かってるようなところ!)、切符を買って、鳩の行列を眺めて、晩御飯の駅弁(やった~!)を7人分(うお~っ!大出費!!)買って、また、汽車に揺られて帰りましょ。

 帰りの車内で末っ子撃沈。主人の作業服(・・私服着たら?)の肩はよだれだらけ。次女は疲れて不機嫌モード(コレが何より恐ろしい・・)、長女の頭は駅弁でいっぱい。(幕の内がいいか・それとも三色弁当がいいか・・・。牛丼弁当は間違いなく次女のものだし・・・。)私はといえば、結局1日中「う~ん、やっぱ・今日の着丈は短すぎたなあ・階段ラクだったけど・・。」というのがひっかかってました。

 八尾駅に降りたら、駅周辺は小雨降る中・なにやらお祭り準備中。町内会のお祭りかな?と思ってましたが、翌朝の新聞によると一足お先のおわらの催しがあったとか。

 (後で知ったが、月極めだった)駐車場から車に乗って、うちに向かいます。どんどん緑が濃くなってきて、空気もしっとり。やっぱ・山はいいな~^^

 行き帰り立ちっぱなしだったから、足が張って仕舞ったけれど、とっても愉しかったなあ。車はひたすらラクチンだけど、何でも見落としたまま、ただ、目的地をめざしがち。なんだか今の世の中みたい。

 ちょっと不便・が残ってる方が、余裕が持てていい感じ。って思った私でした。 

|

« 大人になっても・・・ | トップページ | 段取り・悪い!! »

くらしのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/398731/7231669

この記事へのトラックバック一覧です: 汽車に揺られて・・:

« 大人になっても・・・ | トップページ | 段取り・悪い!! »